Operation Z - versu...
 
Notifications
Clear all

Operation Z - versus - Empire of Lies

3,123 Posts
8 Users
64 Reactions
81.2 K Views
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Russia To Seize $440 Million From JPMorgan | ZeroHedge

Russia To Seize $440 Million From JPMorgan

ロシアがJPモルガンから44,000万ドルを差し押さえる

BY TYLER DURDEN

THURSDAY, APR 25, 2024 - 09:45 AM

 

Seizing assets? Two can play at that game…

資産の差し押さえ?そのゲームなら2人でできる...

Just days after Washington voted to authorize the REPO Act - paving the way for the Biden administration confiscate billions in Russian sovereign assets which sit in US banks - it appears Moscow has a plan of its own (let's call it the REVERSE REPO Act) as a Russian court has ordered the seizure of $440 million from JPMorgan.

バイデン政権がアメリカの銀行にある数十億ドルのロシア政府資産を没収する道を開いたREPO法の承認がワシントンで議決された数日後、ロシアの裁判所はJPモルガンから44000万ドルの差し押さえを命じた。

The seizure order follows from Kremlin-run lender VTB launching legal action against the largest US bank to recoup money stuck under Washington’s sanctions regime.

この差し押さえ命令は、クレムリンが経営する金融機関VTBが、ワシントンの制裁体制下で行き詰まった資金を取り戻すため、アメリカ最大の銀行に対して法的措置を開始したことに続くものだ。

As The FT reports, the order, published in the Russian court register on Wednesday, targets funds in JPMorgan’s accounts and shares in its Russian subsidiaries, according to the ruling issued by the arbitration court in St Petersburg.

FT紙が報じているように、サンクトペテルブルグの仲裁裁判所が出した判決によると、水曜日にロシアの裁判所登記簿に掲載された命令は、JPモルガンの口座にある資金とロシア子会社の株式を対象としている。

The assets had been frozen by authorities in the wake of the western sanctions, and highlights some of the fallout western companies are feeling from the punitive measures against Moscow.

この資産は西側の制裁を受けて当局によって凍結されたもので、モスクワに対する懲罰的措置から西側企業が受けている影響の一端を浮き彫りにしている。

Specifically, The FT notes that the dispute centers on $439mn in funds that VTB held in a JPMorgan account in the US.

具体的には、VTBがアメリカのJPモルガンの口座に預けていた43900万ドルの資金が争いの中心になっているとFT紙は指摘している。

When Washington imposed sanctions on the Kremlin-run bank, JPMorgan had to move the funds to a separate escrow account. Under the US sanctions regime, neither VTB nor JPMorgan can access the funds.

ワシントンがクレムリン経営の銀行に制裁を課したとき、JPモルガンは資金を別のエスクロー口座に移さなければならなかった。アメリカの制裁体制下では、VTBJPモルガンも資金にアクセスできない。

In response, VTB last week filed a lawsuit against the New York-based group to get Russian authorities to freeze the equivalent amount in Russia, warning that JPMorgan was seeking to leave Russia and would refuse to pay any compensation.

これに対しVTBは先週、ニューヨークを拠点とする同グループを相手取り、ロシア当局に相当額をロシア国内で凍結するよう求める訴訟を起こし、JPモルガンはロシアからの撤退を目指しており、補償金の支払いも拒否するだろうと警告した。

The following day, JPMorgan filed its own lawsuit against the Russian lender in a US court to prevent a seizure of its assets, arguing that it had no way to reclaim VTB’s stranded US funds to compensate its own potential losses from the Russian lawsuit.

その翌日、JPモルガンはロシアの金融業者を相手取り、資産の差し押さえを防ぐために米国の裁判所に独自の訴訟を起こした。

Yesterday's decision sided with VTB, ordering the seizure of funds in JPMorgan’s Russian accounts and “movable and immovable property,” including its stake of a Russian subsidiary.

昨日の判決はVTBに味方し、JPモルガンのロシア口座の資金と、ロシア子会社の株式を含む「動産・不動産」の差し押さえを命じた。

JPMorgan said it faced "certain and irreparable harm" from VTB’s efforts, exposed to a nearly half-billion-dollar loss, for merely abiding by U.S. sanctions.

JPモルガンは、VTBの努力によって「確実かつ回復不可能な損害」に直面し、米国の制裁を守っただけで5億ドル近い損失を被ることになると述べた。

The order was the latest example of American banks getting caught between the demands of Western sanctions regimes and overseas interests. Last summer, a Russian court froze about $36mn worth of assets owned by Goldman following a lawsuit by state-owned bank Otkritie. A few months later the court ruled that the Wall Street investment bank had to pay the funds to Otkritie.

この命令は、アメリカの銀行が欧米の制裁体制と海外の利益の間で板挟みになった最新の例である。昨年夏、ロシアの裁判所は、国営銀行オトクリティエの訴訟を受けて、ゴールドマンが所有する約3,600万ドル相当の資産を凍結した。数カ月後、裁判所はウォール街の投資銀行がその資金をオトクリティに支払わなければならないとの判決を下した。

The tit-for-tat continues.

いたちごっこは続く。

Russia appears to be setting the precedence for the world to follow. The mentally ill in the West does not know how to take “NO” as an answer. When will the psychopaths learn?

ロシアは世界が従うべき前例を作っているように見える。西側諸国の精神病患者は、「NO」を答えとして受け取る方法を知らない。サイコパスはいつになったら学ぶのだろうか?

Venezuela’s economic crisis fueled by looting of its state-owned oil company | International | EL PAÍS English (elpais.com)


Venezuela’s economic crisis fueled by looting of its state-owned oil company

国営石油会社の略奪が煽るベネズエラの経済危機

PDVSA, the country’s main source of income, has been plundered by decades of corrupt and incompetent management

ベネズエラの主な収入源であるPDVSAは、数十年にわたる腐敗した無能な経営によって略奪されてきた。

ALONSO MOLEIRO

Caracas - APR 17, 2024 - 18:03 EDT

The decline of Petróleos de Venezuela SA (PDVSA), Venezuela’s state-owned oil company, has mirrored the country’s economic struggles over the past 10 years. The recent arrest of former oil minister Tareck El Aissami, a trusted ally of President Nicolás Maduro, for allegedly diverting billions of dollars, is the latest example of the decades-long drain on the country’s main source of income. Several PDVSA presidents have been accused of corruption since Hugo Chávez and his followers seized control of Venezuela. Two have been convicted, one fled into exile, and another died in prison.

ベネズエラの国営石油会社であるPetroleos de Venezuela SAPDVSA)の衰退は、過去10年間の同国の経済的苦境を反映している。ニコラス・マドゥロ大統領の信頼厚い盟友であるタレック・エル・アイサミ元石油相が数十億ドルを流用した疑いで逮捕されたことは、同国の主要な収入源が数十年にわたって流出し続けていることを示す最新の例である。ウゴ・チャベスとその支持者たちがベネズエラを掌握して以来、何人かのPDVSA社長が汚職で告発されてきた。2人が有罪判決を受け、1人は亡命し、もう1人は獄中で死亡した。

Rafael Ramírez, a key figure in the Chávez power structure, is the exile. He served as president of PDVSA from 2004 to 2013 and was Hugo Chávez’s energy czar. Ramírez steadfastly denies the corruption charges made by former colleagues who allege he embezzled millions through irregular transactions, siphoning capital, secret accounts, bribes and money laundering. Opposition party legislators levied similar charges in 2016.

ラファエル・ラミレスはチャベス政権中枢の重要人物で、亡命者である。彼は2004年から2013年までPDVSAの社長を務め、ウゴ・チャベスのエネルギーの皇帝だった。ラミレスは、彼が不正取引、資本の吸い上げ、秘密口座、賄賂、マネーロンダリングを通じて数百万ドルを横領したと主張する元同僚による汚職容疑を断固として否定している。野党議員も2016年に同様の告発をしている。

Ramírez was replaced by Eulogio del Pino in 2014. In September 2017, he was arrested at his home early one morning and charged with embezzlement, illegal confiscation, and overpricing in million-dollar transactions that harmed national interests. Anti-Chavistas had long suspected Ramírez of corruption, and the ruling party finally moved against him.

ラミレスは2014年にエウロヒオ・デル・ピノに交代した。20179月、彼はある日の早朝に自宅で逮捕され、国益を害する100万ドル規模の取引における横領、違法な没収、値踏みの罪で起訴された。反チャビスタ派は以前からラミレスの汚職を疑っており、与党はついに彼に対して動き出した。

Nelson Martínez succeeded Del Pino and was arrested for corruption the next year at a time when massive protests rocked the country due to hyperinflation and widespread food shortages. Martínez died in prison later that year from a chronic heart condition aggravated by his arrest and imprisonment. His family said he had been detained without trial for a year.

ネルソン・マルティネスはデルピノの後を継いだが、翌年、ハイパーインフレと広範な食糧不足のために大規模な抗議デモが国を揺るがした時期に汚職で逮捕された。マルティネスはその年の暮れ、逮捕と投獄によって悪化した心臓の持病により獄中で死亡した。彼の家族によると、彼は1年間裁判を受けずに拘留されていたという。

Manuel Quevedo and Asdrúbal Chávez led PDVSA without any public scandals. However, they oversaw a company crippled by international sanctions, deteriorating infrastructure, and an exodus of skilled workers. PDVSA was severely undercapitalized due to the Maduro administration’s refusal to abandon a pegged exchange rate, causing Venezuela’s oil production to plummet from 2.5 million to 400,000 barrels per day. Then, oil minister El Aissami suddenly resigned in 2023 amid an anti-corruption crackdown. He was later implicated in a PDVSA scheme involving illegal cryptocurrency transactions that bled $21 billion from the company. After a brief pause in oil sanctions, the United States intends to reimpose restrictions on international sales if Maduro fails to promise free and fair elections on July 28.

マヌエル・ケベドとアスドルバル・チャベスは、公的なスキャンダルなしにPDVSAを率いた。しかし、彼らは、国際的な制裁、インフラの劣化、熟練労働者の流出によって機能不全に陥った会社を監督していた。PDVSAは、マドゥロ政権が固定為替レートの放棄を拒否したため、深刻な資本不足に陥り、ベネズエラの石油生産量は日量250万バレルから40万バレルに激減した。その後、エル・アイサミ石油相が2023年、反汚職弾圧の中で突然辞任した。エル・アイサミ石油相はその後、違法な暗号通貨取引に絡むPDVSAのスキームに関与し、同社から210億ドルが流出した。石油制裁を一時停止した後、米国はマドゥロが728日に自由で公正な選挙を約束できなければ、国際的な販売に再び制限を課す意向だ。

The new PDVSA emerged 22 years ago on April 11, 2002 after widespread civil unrest briefly ousted Hugo Chávez from power. Chávez had sought to make PDVSA his main source of financing for politically motivated projects and replaced oil experts with political allies who had little or no experience in the industry. It was the first time PDVSA was embroiled in a public, political storm. Just before the attempted coup, a furious Chávez (wearing a helmet and blowing a whistle) commandeered the airwaves and publicly fired all the PDVSA executives.

22年前の2002411日、ウゴ・チャベスが一時政権から追放された後、新生PDVSAが誕生した。チャベスは、PDVSAを政治的動機に基づくプロジェクトのための主要な資金源にしようとし、石油業界の経験がほとんどない、あるいはまったくない石油専門家を政治的盟友と入れ替えた。PDVSAが公的な政治的嵐に巻き込まれたのは初めてのことだった。クーデター未遂の直前、激怒したチャベスは(ヘルメットをかぶり笛を吹きながら)電波を傍受し、PDVSAの幹部全員を公に解雇した。

Chávez and his supporters argued that PDVSA might be doing well, but the country was not. The government aimed to use the country’s golden goose to fund social investments, a move resisted by PDVSA management. Chávez devised a plan to take down PDVSA’s top executives, mocking them as a “meritocracy” and accusing them of inflating production costs, excessive compensation, favoring multinational companies, and being part of a privileged elite in a society with many unmet needs.

チャベスとその支持者たちは、PDVSAはうまくいっているかもしれないが、国はうまくいっていないと主張した。政府は、国の黄金のガチョウを使って社会投資に資金を供給することを目指したが、PDVSAの経営陣はこれに抵抗した。チャベスは、PDVSAの経営陣を「実力主義」とあざけり、生産コストの水増し、過大な報酬、多国籍企業の優遇、満たされていないニーズの多い社会における特権的エリートの一員であることを非難し、PDVSAの経営陣を引きずり下ろす計画を練った。

Founded by President Carlos Andrés Pérez in 1976, PDVSA emerged from the country’s oil nationalization process. It stood as a significant achievement for a democratic Venezuela, operating as an independent state-owned company for decades. It steered clear of politics and was mostly untainted by corruption. PDVSA’s professionalism and managerial acumen were a source of national pride, and its first president, Rafael Alfonzo Ravard, is held up as a role model in public administration.

1976年にカルロス・アンドレス・ペレス大統領によって設立されたPDVSAは、同国の石油国有化プロセスから生まれた。数十年にわたり独立した国営企業として運営され、民主的なベネズエラにとって重要な功績を残した。政治とは無縁で、汚職もほとんどなかった。PDVSAのプロフェッショナリズムと経営手腕は国民の誇りであり、初代社長のラファエル・アルフォンゾ・ラバードは行政の模範とされている。

The PDVSA management was so highly esteemed in 2002 that many believed Hugo Chávez wouldn’t challenge the company. It wielded significant influence over the national economy as a major international exporter of oil, gas and fuel. During the oil strike (December 2002-March 2003) orchestrated by opposition groups to oust Chávez, the wily leader outmaneuvered a PDVSA management team led by Juan Fernández. This win strengthened Chávez’s grip on state-owned businesses, later backed by the Armed Forces in 2004. Chávez fired thousands of workers and reshaped PDVSA into a populist energy company that would serve the revolution.

2002年当時、PDVSAの経営陣は非常に高く評価されており、ウゴ・チャベスが同社に挑戦することはないと多くの人が信じていた。石油、ガス、燃料の主要な国際輸出国として、国家経済に大きな影響力を行使していた。チャベスを追放するために反対派が組織した石油ストライキ(200212月~20033月)の間、狡猾な指導者はフアン・フェルナンデス率いるPDVSA経営陣を出し抜いた。この勝利によってチャベスは国有企業に対する支配力を強め、後に2004年には軍隊の支援を受けることになる。チャベスは何千人もの労働者を解雇し、PDVSAを革命に奉仕するポピュリスト的なエネルギー会社に作り変えた。

“To me, PDVSA’s decline is linked to the huge drop in oil and gas production, and the turning point was 2005,” said Rafael Quiróz, an oil economist and professor at the Central University of Venezuela. That’s when the production fell below three million barrels per day, never to recover.

石油経済学者でベネズエラ中央大学教授のラファエル・キロス氏は、「私にとって、PDVSAの衰退は石油・ガス生産の大幅な落ち込みと関連しており、その転換点は2005年だった」と語る。生産量が日量300万バレルを下回り、その後回復することはなかった。

Quiróz blames government mismanagement for destroying the country’s oil business. “By merging the roles of PDVSA president with the Ministry of Energy and Petroleum, the company was burdened with non-industry tasks like housing construction, food imports and goods distribution — all potential sources of corruption. It was now forced to serve a political agenda, revolutionary or not.” This inevitably led to a steady capital drain and corruption, says Quiróz.

キロスは、国の石油事業を破壊した政府の失政を非難する。「PDVSAの社長の役割をエネルギー石油省に統合したことで、同社は住宅建設、食料輸入、商品流通といった非産業的な仕事を担うことになった。革命的であろうとなかろうと、政治的アジェンダに奉仕せざるを得なくなった」。これは必然的に、資本の流出と腐敗をもたらした、とキロスは言う。

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Pfizer ‘CHOSE NOT TO’ Tell Regulators About SV40 Sequence in COVID Shots – Health Canada Official (substack.com)

By Noé Chartier and Matthew Horwood April 23, 2024

A senior Health Canada official says pharma giant Pfizer made a conscious decision to not advise regulators that its mRNA COVID-19 vaccine contained a DNA sequence from the Simian Virus 40 (SV40).

カナダ保健省の高官によれば、大手製薬会社ファイザーは、同社のmRNAワクチンCOVID-19にシミアンウイルス40SV40)のDNA配列が含まれていることを規制当局に報告しなかった。

This information appears among multiple emails between staff from key drug regulators, including Health Canada (HC), the U.S. Food and Drugs Administration (FDA), and the European Medicines Agency (EMA). The information was obtained through an access-to-information request.

この情報は、カナダ保健省(HC)、米国食品医薬品局(FDA)、欧州医薬品庁(EMA)を含む主要な医薬品規制当局のスタッフ間で交わされた複数の電子メールの中に含まれている。この情報は情報公開請求によって入手された。

On Aug. 23, 2023, Dr. Dean Smith, a senior scientific evaluator in HC’s Vaccine Quality Division, wrote an email to a colleague at the FDA about SV40.

2023823日、HCのワクチン品質部門の上級科学評価者であるディーン・スミス博士は、SV40についてFDAの同僚にメールを書いた。

Health Canada had obtained confirmation two weeks earlier from Pfizer that SV40 DNA sequences were present in its COVID-19 vaccine.

カナダ保健省は2週間前にファイザー社から、同社のCOVID-19ワクチンにSV40DNA配列が含まれていることを確認していた。

“I understand that there have been internal discussions at CBER [Center for Biologics Evaluation and Research] regarding the presents [sic] of an SV40 enhancer/promoter sequence, noting that its presence is unrelated to the purpose of the Pfizer’s plasmid as a transcription template for their mRNA COVID-19 vaccine,” wrote Dr. Smith.

CBER(生物製剤評価研究センター)の内部で、SV40エンハンサー/プロモーター配列の提示について議論があったと理解しています、このプラスミドの存在は、ファイザー社のmRNA COVID-19ワクチンの転写鋳型としてのプラスミドの目的とは無関係である。

“Pfizer has communicated to us recently, that they apparently chose not to mention this information to EMA, FDA or HC at the time of their initial or subsequent submissions.”

「ファイザーは最近、EMAFDAHCに対して、最初の申請時あるいはその後の申請時に、この情報に言及しないことを選択したようだ、と私たちに伝えてきた。

Dr. Smith added the information had been independently made public in April 2023, via a pre-print study from U.S. scientist Kevin McKernan.

スミス博士は、この情報は20234月、米国の科学者ケビン・マッカーナンによるプレプリント研究によって、独自に公開されたと付け加えた。

Mr. McKernan, a genomics expert, had found quantities of DNA in the mRNA shots above the regulatory threshold set out by the health agencies. Dr. Smith wrote that the study had resulted in “questions coming to agencies.”

ゲノミクスの専門家であるマッカーナン氏は、mRNAショットに保健機関が定めた規制基準値を超える量のDNAを発見した。スミス博士は、この研究によって 「各機関から疑問の声が上がっている 」と書いている。

The Epoch Times had contacted HC on the matter on July 17. The first email related to SV40 within Health Canada released in the access-to-information package was sent two days later, on July 19.

エポック・タイムズ』紙がこの件についてカナダ保健省に問い合わせたのは717日のことであった。カナダ保健省が情報公開パッケージの中で発表したSV40に関する最初のメールは、2日後の719日に送信された。

In that email, Dr. Tong Wu of HC’s Vaccine Quality Division reached out to his colleague Dr. Michael Wall, a senior biologist evaluator.

そのメールの中で、HCのワクチン品質部門のトン・ウー博士は、同僚の上級生物学者評価者マイケル・ウォール博士に連絡を取った。

“Co [Pham, executive director of HC’s Centre for Vaccines, Clinical Trials and Biostatistics] agreed to have an IAS for the SV40 promoter sequence as we discussed today. We can talk about it tomorrow,” Dr. Wu wrote. “IAS” could be a reference to an Issue Analysis Summary to evaluate a new regulatory affair.

「コ(ファムHCワクチン・臨床試験・生物統計センター長)は、今日話し合ったように、SV40プロモーター配列のIASを持つことに同意した。それについては明日話そう」とウー博士は書いた。IAS 「とは、新しい規制事項を評価するための 」Issue Analysis Summary "のことであろう。

As first reported by The Epoch Times in October, Health Canada was not aware of the SV40 enhancer presence. Since then, the FDA and the EMA have both confirmed they also weren’t aware of its presence.

10月に『エポック・タイムズ』紙が最初に報じたように、カナダ保健省はSV40エンハンサーの存在を知らなかった。それ以来、FDAEMAもその存在を認識していないことを確認している。

Health Canada has since maintained that the SV40 enhancer/promoter sequence is a “residual DNA fragment” in Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine. “The fragment is inactive, has no functional role, and was measured to be consistently below the limit required by Health Canada and other international regulators,” the agency has repeatedly said.

それ以来カナダ保健省は、SV40エンハンサー/プロモーター配列はファイザー・バイオNTech社のCOVID-19ワクチンに含まれる 「残存DNA断片 」であると主張してきた。「この断片は不活性で、機能的な役割を持たず、カナダ保健省および他の国際規制当局が要求する限界値を一貫して下回っていることが測定された」とカナダ保健省は繰り返し述べている。

‘ZERO Checks’

ゼロチェック

This view has been challenged by Mr. McKernan and others, including Dr. Philip Buckhaults, professor of cancer genomics and director of the Cancer Genetics Lab at the University of South Carolina.

この見解は、マッカーナン氏や、サウスカロライナ大学の癌ゲノム学教授で癌遺伝学研究所の所長であるフィリップ・バックホーツ博士らによって否定されている。

In response to the information released by Health Canada, Mr. McKernan posted a thread on the X platform. “No prior vaccine in Canada has been approved with such a sequence contaminant,” he said.

カナダ保健省が発表した情報に対し、マッカーナン氏はXプラットフォームにスレッドを投稿した。「カナダでは、このような配列の汚染物質を含むワクチンは承認されていません。

“Pfizer assured [HC] the sequence is not material to plasmid manufacturing,” he added. “This is an overt lie. You cannot make plasmids without the promoter for the antibiotic resistance gene. It is active in mammalian cells. If it’s not needed, why is it in there?”

「ファイザー社は、この配列はプラスミド製造の材料にはならないと断言した。「これは明らかな嘘です。抗生物質耐性遺伝子のプロモーターがなければプラスミドは作れません。哺乳類の細胞では活性がある。必要ないのなら、なぜそこにあるのですか?

Mr. McKernan also noted how HC has asked Pfizer for its Polymerase Chain Reaction (PRC) protocol, saying this means “they have performed ZERO checks on this DNA contamination themselves and are entirely relying on the word of the manufacturer.”

マッカーナン氏はまた、HCがファイザー社にポリメラーゼ連鎖反応(PRC)のプロトコルを要求したことを指摘し、これは 「彼らはこのDNA汚染について自分たちでゼロ・チェックを行い、完全にメーカーの言葉に頼っている 」ことを意味すると述べた。

A response to a Canadian Member of Parliament’s question tabled in the House of Commons by Health Canada appears to be line with this observation. “It is important to assess the results using the authorized validated assays performed by the vaccine manufacturers to ensure that the quality of commercial vaccine lots are comparable to lots shown to be safe and efficacious in clinical studies,” said Health Canada in December.

カナダ保健省が下院に提出したカナダ国会議員の質問に対する回答は、この見解と一致しているようだ。「市販ワクチンの品質が、臨床試験で安全性と有効性が確認されたロットと同等であることを保証するために、ワクチン製造業者によって実施された公認バリデーション試験法を用いて結果を評価することが重要である」と、カナダ保健省は12月に述べている。

Concerns related to the presence of unintended DNA in the mRNA shots pertain to their potential to integrate into the human genome and cause issues like cancer. The Florida State Surgeon General Dr. Joseph A. Ladapo has called for a halt of mRNA shots over these risks.

mRNA注射に含まれる意図しないDNAの存在に関する懸念は、ヒトゲノムに組み込まれ、癌などの問題を引き起こす可能性に関するものである。フロリダ州外科医長ジョセフ・A・ラダポ博士は、このようなリスクについてmRNA注射の中止を求めている。

Health Canada said in March in a document tabled in Parliament that “any claims that the presence of the SV40 promoter enhancer sequence is linked to an increased risk of cancer are unfounded.”

カナダ保健省は3月、議会に提出した文書の中で、「SV40プロモーター・エンハンサー配列の存在が癌のリスク上昇につながるという主張は根拠がない」と述べた。

Dr. Buckhaults has started a scientific study to ascertain those integration risks. On April 23, he wrote on X that he had confirmed previous findings that the amount of DNA in mRNA shots exceeds the limit set by regulators.

バックハルト博士は、これらの統合リスクを確認するための科学的研究を開始した。423日、彼はXに、mRNAショットに含まれるDNAの量が規制当局の定める上限を超えるという以前の知見を確認したと記した。

“Yes, there was more than 10 ng/dose. I am sure of it now,” he wrote while posting his methodology. This is the same threshold applied by Health Canada.

「はい、10ng/dose以上ありました。そうです、10ng/dose以上ありました。これはカナダ保健省が適用している基準値と同じである。

Even if the amount of DNA was below, there are still concerns the threshold was set for regular vaccines and not the new technology using lipid nano particles (LNP).

仮にDNAの量が少なかったとしても、この基準値は通常のワクチンに対して設定されたものであり、脂質ナノ粒子(LNP)を使用した新技術に対して設定されたものではないという懸念が残る。

Dr. Buckhaults wrote that the “10 ng limit is not appropriate for LNP encapsulated DNA,” adding that “as far as I know there have been no safety studies for this situation. It was not possible because of the abbreviated timeline during the emergency you saw authorization.”

バックハルト博士は、「10ngという制限はLNPカプセル化DNAには適切ではない」と書き、「私の知る限り、この状況に対する安全性研究は行われていない。私の知る限り、この状況での安全性研究はありません。

Seeking ‘Remedy’

救済措置」を求めて

In his August 23 email to the FDA employee, Dr. Smith said HC Canada did not view the SV40 issues as an “urgent risk topic.” However, the official responsible for evaluating the safety of vaccines expressed concerns about how news of the SV40 could impact the upcoming fall 2023 vaccination campaign.

スミス博士は823日にFDA職員に送ったメールの中で、HCカナダはSV40問題を 「緊急のリスクトピック 」とは見ていないと述べた。しかし、ワクチンの安全性評価を担当する職員は、SV40のニュースが来る2023年秋のワクチン接種キャンペーンにどのような影響を与えるかについて懸念を表明した。

“It would be unfortunate if the information circulating had a negatively [sic] impact on public acceptance of the vaccine this year or in the future,” he said.

「このような情報が出回ることで、今年あるいは今後、ワクチン接種が一般に受け入れられるかどうかが危ぶまれるとすれば、それは残念なことです。

Despite being of this view, Dr. Smith said regulating agencies should work to encourage Pfizer to “remedy the situation” before the campaign.

このような見解にもかかわらず、スミス博士は、規制機関はキャンペーン前にファイザー社に「状況を改善」するよう働きかけるべきだと述べた。

In the email, Dr. Smith said HC believed the upcoming rollout of the fall COVID-19 vaccine campaign meant the agencies should be “on the same page.”

メールの中でスミス博士は、HCは秋のCOVID-19ワクチンキャンペーンの展開が近づいていることから、両機関は 「同じ見解 」になるべきだと考えていると述べた。

Mr. Smith’s email was written a day after Pfizer provided a response to a Quality Clarifax submitted by HC around the SV40 promoter. If deficiencies are identified in Clinical Trial Applications, HC may request additional information, which is known as a Clarifax.

スミス氏のメールは、SV40プロモーターをめぐってHCが提出したクオリティ・クラリファックスに対するファイザーからの回答の翌日に書かれたものである。治験申請書に不備が確認された場合、HCはクラリファックスと呼ばれる追加情報を要求することがある。

On August 29, HC senior biologist Dr. Wall wrote an email to senior evaluator Dr. Tong Wu, where he said he and Mr. Smith agreed they should not inform Pfizer of their interaction with the EMA and U.S. FDA on the SV40 promoter, “especially they [sic] do not seem to care much at this moment.”

829日、HCのシニアバイオロジストであるウォール博士は、シニア評価者であるトン・ウー博士に電子メールを送り、そこで彼とスミス氏は、SV40プロモーターに関するEMAと米国FDAとのやり取りをファイザー社に知らせるべきでないことに同意したと述べた。

“However, we can not say nothing! Please see the following text that Julie and I worked out,” Mr. Wall added, before providing a draft comment to Pfizer’s response that was blacked out.

「しかし、何も言わないわけにはいきません!ジュリーと私が考えた以下の文章をご覧ください」とウォール氏は付け加え、黒く塗りつぶされたファイザー社の回答に対するコメント案を提示した。

The same day, Dr. Wall also sent an email to Dr. Wu with a draft of the Clarifax questions to be sent to Pfizer, which included the statement, “Health Canada would continue to work with international regulatory partners to achieve harmonisation regarding removal of these sequence elements from the plasmid for future strain changes.”

また同日、ウォール博士はファイザー社に送るべきクラリファックスの質問原稿をウー博士に電子メールで送ったが、その中には、「カナダ保健省は、将来の菌株変更のためにプラスミドからこれらの配列要素を除去することに関する調和を達成するために、国際的な規制当局のパートナーと引き続き協力する 」という文言が含まれていた。

Pfizer did not respond to a request for comment from The Epoch Times

ファイザー社はThe Epoch Timesのコメント要請に応じなかった。

Commenting on DNA contamination, Health Canada reiterated its previous position on the matter.

DNA汚染について、カナダ保健省は以前の見解を繰り返した。

“Based on its evaluation of the data and scientific information for the vaccine, Health Canada has concluded that the risk/benefit profile continues to support the use of the Pfizer-BioNTech vaccine,” said spokesperson Anna Maddison.

「カナダ保健省は、このワクチンに関するデータと科学的情報の評価に基づき、リスク/ベネフィット・プロファイルが引き続きファイザー・バイオNTechワクチンの使用を支持するものであるとの結論に達しました。

Dr. David Speicher, a Canadian virologist who replicated the findings from Mr. McKernan and Dr. Buckhaults with Canadian mRNA vials, told The Epoch Times he’s preoccupied about what’s been revealed in the internal Health Canada emails. He notes that while Health Canada has dismissed the DNA fragments as biologically inactive with no functional role, they judged worthy to hold discussions with other regulators.

マッカーナン氏とバックホーツ博士の発見をカナダのmRNAバイアルで再現したカナダのウイルス学者デビッド・シュパイヒャー博士は、『エポック・タイムズ』紙に、ヘルス・カナダの内部メールで明らかになったことに頭を抱えていると語った。同氏は、カナダ保健省がDNA断片を生物学的に不活性で機能的な役割を果たさないものとして却下した一方で、他の規制当局と話し合いを持つ価値があると判断したことを指摘している。

“We know from testing several vials that the level of SV40 enhancer-promoter in the XBB.1.5 booster is at similar levels as the others Pfizer COVID modRNA vaccines, making it just as problematic,” he says. “Pfizer has not cleaned up the vaccine, yet the regulators are sadly more concerned about vaccine uptake in the population rather than the health risks from these vaccines.”

XBB.1.5ブースターに含まれるSV40エンハンサー・プロモーターのレベルは、他のファイザー社製COVID modRNAワクチンと同レベルであり、同様に問題があります。「ファイザー社はワクチンをクリーンアップしていません。しかし、規制当局は悲しいことに、これらのワクチンによる健康リスクよりも、住民のワクチン摂取を心配しているのです。

Global Censorship Capability Running Out of British East Indian Ocean Restricted-access U.S. Navy Island of Diego, Garcia – Patriots for Truth (patriots4truth.org)

GLOBAL CONTROLPILGRIMS SOCIETYApril 15, 2024

世界支配、ピルグリムス社会2024415

Global Censorship Capability Running Out of British East Indian Ocean Restricted-access U.S. Navy Island of Diego, Garcia

イギリス領東インド洋の米海軍ディエゴ・ガルシア島から実行されるグローバル検閲能力へのアクセス制限

British Crown-controlled SERCO GROUP PLC (Sir Roy Alan Gardner, Baroness Margaret Anne Ford, Sir Rupert Soames [Churchill], Sir John Stainton Whitehead) has the exclusive contract to manage Diego Garcia satellite and Internet domain system electronics for the U.S. Navy.

英国王室傘下のSERCO GROUP PLC(ロイ・アラン・ガードナー卿、マーガレット・アン・フォード男爵夫人、ルパート・ソームズ卿[チャーチル]、ジョン・ステイントン・ホワイトヘッド卿)は、米海軍のディエゴ・ガルシア衛星とインターネット・ドメイン・システムの電子機器の管理を独占的に請け負っている。

Apr. 15, 2024—ipinfo.io is hosted on the British East Indian island of Diego Garcia.

2024415-ipinfo.ioはイギリス領東インド諸島のディエゴ・ガルシア島でホスティングされている。

The company byline is “The trusted source for IP address data – Accurate IP address data that keeps pace with secure, specific, and forward-looking use cases. It includes IP Address Lookup and Geolocation. (Remember, the opposite is the truth,)

この会社のキャッチフレーズは、「IPアドレスデータの信頼できる情報源 - セキュアで、具体的で、将来を見据えたユースケースに対応する正確なIPアドレスデータ」です。これにはIPアドレス検索とジオロケーションが含まれます。(その逆が真実であることを覚えておいてください)。

SAY GOODBYE TO AMERICAN FREE EXPRESSION

アメリカの自由な表現に別れを告げる

The company boasts a Who’s Who of big box tech known to be conspiring with British, American, Chinese intelligence and banking, including Vodafone, Fidelity, Accenture, Ebay, Tencent (PRC), Prudential, SAP, CBS, Dell, Xerox, Cloudera, Nike, TransferGo.

ボーダフォン、フィデリティ、アクセンチュア、イーベイ、テンセント(中国)、プルデンシャル、SAPCBS、デル、ゼロックス、クルーデラ、ナイキ、トランスファーゴーなど、英米中の諜報機関や銀行と共謀していることで知られる大手ハイテク企業が名を連ねている。

On paper, the company was founded by a “former” Facebook engineer Ben Dowling (read: cardboard cutout).

書類上、同社は 「元 」フェイスブックのエンジニア、ベン・ダウリングによって設立された。(読み:ダンボールの切り抜き)

INTERLOCKED BIG TECH BOX ASSOCIATIONS

連動する大型技術ボックス協会

Dowling started his career during the 2008 banking scandal at ROKE MANOR RESEARCH, SIEMENS (UK) research and development in communications, networks, electronic sensors, artificial intelligence, machine learning, data science.

ダウリングは2008年の銀行スキャンダルの際、SIEMENS(英国)のROKE MANOR RESEARCHで通信、ネットワーク、電子センサー、人工知能、機械学習、データサイエンスの研究開発に携わり、キャリアをスタートさせた。

ROKE is interlocked with General Electric Company, Plessey, Siemens AG  (Germany), and Chemring Group PLC (UK)

ROKEはゼネラル・エレクトリック社、プレッセー社、シーメンスAG(ドイツ)、ケムリング・グループPLC(英国)と連動している。

Chemring Group is interlocked with Sir William Barlow, Thorn EMI, Royal Mail, Royal Telephones [now British Telecom], Vodafone, Ericsson UK, SKF UK). Chemring is owned by Invesco, BlackRock (Vanguard, Facebook, Google), JO Hambro (British MI6), Threadneedle Asset Management Ltd. (THE CITY OF LONDON, Ameriprise Financial, Inc., American Express), Juniper, Royal London Asset Management (parent: Royal London Group, Royal London Asset Management Holdings Limited, parent: RLMIS-Royal London Mutual Insurance Society Limited, parent: The Royal London Mutual Insurance Society Limited).

ケムリング・グループは、ウィリアム・バーロウ卿、ソーンEMI、ロイヤル・メール、ロイヤル・テレフォン[現ブリティッシュ・テレコム]、ボーダフォン、エリクソンUKSKF UK)と連動している。ケムリングは、インベスコ、ブラックロック(バンガード、フェイスブック、グーグル)、JO・ハンブロ(英MI6)、スレッドニードル・アセット・マネジメント・リミテッド(英ロンドン市)が所有している。(シティ・オブ・ロンドン、アメリプライズ・フィナンシャル、アメリカン・エキスプレス)、ジュニパー、ロイヤルロンドン・アセット・マネジメント(親会社: ロイヤル・ロンドン・グループ、ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメント・ホールディングス・リミテッド、親会社: RLMIS-Royal London Mutual Insurance Society Limited、親会社:The Royal London Mutual Insurance Society Limited)。

Auditor PriceWaterhouseCoopers (PWC) is the uniform auditor of most of these Royal London companies. PWC is also the auditor of Prince’s Trust International directed by Kamala Harris handler Sir Nigel Knowles, founder of DLA Piper (HTML).

監査法人プライスウォーターハウスクーパース(PWC)は、これらロイヤル・ロンドン系企業の大半の統一監査法人である。PWCはまた、DLAパイパー(HTML)の創設者であるカマラ・ハリスのハンドラー、サー・ナイジェル・ノウルズが指揮するプリンス・トラスト・インターナショナルの監査役でもある。

British Pilgrims Society-controlled shills SMOTHER AMERICAN DNS SYSTEM

英国ピルグリムス協会に支配された共犯者が、米国のDNSシステムを破壊する

This analysis shows that the American Internet system of domain names and numbers is controlled by British aristocrats in the UK. In America, the DNS system is operated by British Pilgrims Society—controlled shills.

この分析は、アメリカのドメイン名と番号のインターネット・システムが、イギリスの貴族によってコントロールされていることを示している。アメリカでは、DNSドメイン名システムはイギリスのピルグリム協会に支配された偽者によって運営されている。

Reply
2 Replies
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

I did not expect to see KPMG along with BlackRock, Vanguard and State Street. 

KPMG = Kaiser Permanente Medical Group - no wonder why the world sucks. 

Reply
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

Remember HIPAA? It all leads to data mining – big $$

VA hospitals have been selling veterans medical information in the open market for big $$.

The psychopaths always do the opposite of what they say.

HIPAAを覚えていますか?すべてはデータマイニングにつながる - 大金

VA病院は、退役軍人の医療情報を公開市場で大金で売ってきた。

サイコパスはいつも自分たちの言うことと反対のことをする。

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Health_Insurance_Portability_and_Accountability_Act

The Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996 (HIPAA or the KennedyKassebaum Act[1][2]) is a United States Act of Congress enacted by the 104th United States Congress and signed into law by President Bill Clinton on August 21, 1996.[3] It aimed to alter the transfer of healthcare information, stipulated the guidelines by which personally identifiable information maintained by the healthcare and healthcare insurance industries should be protected from fraud and theft,[4] and addressed some limitations on healthcare insurance coverage. It generally prohibits healthcare providers and businesses called covered entities from disclosing protected information to anyone other than a patient and the patient's authorized representatives without their consent. The bill does not restrict patients from receiving information about themselves (with limited exceptions).[5] Furthermore, it does not prohibit patients from voluntarily sharing their health information however they choose, nor does it require confidentiality where a patient discloses medical information to family members, friends or other individuals not employees of a covered entity.

 

1996年医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996、略称HIPAAまたはケネディ・カセバム法[1][2])は、第104回米国議会で制定され、1996821日にビル・クリントン大統領が署名した米国議会法である[3]。医療情報の転送を変更することを目的とし、医療および医療保険業界が保持する個人を特定できる情報を詐欺や盗難から保護するためのガイドラインを規定し[4]、医療保険の適用に関するいくつかの制限に対処している。同法案では、医療提供者や適用事業者と呼ばれる企業が、患者および患者の委任を受けた代理人以外の者に、本人の同意なしに保護された情報を開示することを一般的に禁止している。さらに、患者が自発的に選択した方法で自分の健康情報を共有することを禁止するものではなく、患者が家族、友人、その他対象事業体の従業員以外の個人に医療情報を開示する場合に守秘義務を課すものでもない[5]

 

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

https://nationalpost.com/opinion/the-nadir-of-our-once-great-natio n">The nadir of our once great nation | National Post (archive.is)

Conrad Black: The nadir of our once great nation

We are, for the first time, in danger of losing our status as a prosperous and successful country

かつての大国のどん底

私たちは初めて、繁栄し成功した国としての地位を失う危機に瀕している。

 

https://nationalpost.com/author/cblacknp /" target="_blank" rel="noopener">Conrad Black

Published Apr 20, 2024 

 

It was my privilege last week to meet with a western Canadian group of public-spirited and accomplished individuals who are so concerned by what they see as the general decline of Canada, they believe that a radical change of policy direction is all that will prevent us from becoming a failed state. It was a spirited session, replete with entertaining, if somewhat bibulous but friendly interruptions. In preparation, I had done some updated research and concluded that their concerns were more justified than I had thought even a few months ago, when I last wrote about this subject in this column.

先週、私はカナダ西部の公共心旺盛で実績のあるグループと会う機会に恵まれた。彼らはカナダの全般的な衰退を憂慮しており、政策の方向性を根本的に変えることが、カナダが破綻国家になるのを防ぐ唯一の方法だと考えている。少々饒舌ではあったが、友好的な割り込みもあり、活気に満ちたセッションとなった。準備のため、私は最新の調査を行い、彼らの懸念は、前回このコラムでこのテーマについて書いた数カ月前に私が考えていたよりも正当なものであると結論づけた。

Article content

Among the principal points that have arisen are that the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) now predicts that Canada will be the poorest performing advanced economy in the world until 2060, if it continues on its present path. Under Prime Minister Justin Trudeau’s watch, Canada’s per capita average incomes increased by three per cent, from $54,154 in 2016 to $55,863 in 2022, while that of the United States rose by 12 per cent, from $65,792 to $73,565; for a family of four, that is a substantial differential that puts the average American family in a distinctly higher income category than their Canadian analogue. In approximately the same period, cash generated in Canada and invested outside Canada exceeded incoming investments in this country by about $285 billion. From the onset of COVID in February 2020 until June 2023, the number of private-sector jobs in Canada increased by 3.3 per cent, while public-sector jobs rose 11.8 per cent, and public-sector employees are paid 31 per cent more on average than those in the private sector.

経済協力開発機構(OECD)は現在、カナダがこのままいけば2060年まで先進国で最も貧しい経済国になると予測している。ジャスティン・トルドー首相のもとで、カナダの1人当たり平均所得は2016年の54,154ドルから2022年には55,863ドルへと3%増加したが、アメリカのそれは65,792ドルから73,565ドルへと12%増加した。ほぼ同時期に、カナダ国内で生み出されカナダ国外に投資された現金は、カナダ国内への投資額を約2850億ドル上回った。20202月のCOVID開始から20236月まで、カナダの民間部門の雇用者数は3.3%増加したが、公共部門の雇用者数は11.8%増加し、公共部門の被雇用者の平均給与は民間部門の被雇用者よりも31%高い。

Canada now has 4.1-million public-sector employees, more than 10 per cent of our entire population. If the United States had an equivalent number of government employees, they would total about 33.5-million people. The actual number is around 23 million. Canada’s public sector is not markedly more comprehensive or superior to that of the United States in the service it provides to the people it serves. This is a straight case of administrative incompetence. We should have a million fewer jobs on the public payrolls and rebate the money spent on their salaries to the taxpayers.

カナダの公務員数は現在410万人で、全人口の10%を超えている。仮に米国に同数の公務員がいた場合、その総数は約3,350万人になる。実際の数字は約2300万人である。カナダの公的部門は、国民に提供するサービスにおいて、米国のそれと比べて著しく包括的で優れているわけではない。これは行政の無能さを端的に表している。公的部門の雇用を100万人減らし、その給与を納税者に還元すべきだ。

We are chronically overtaxed: 45 per cent of the average family’s income is paid in tax, costing an average of over $48,000 a year — by far the largest household expense. The tax increases in the latest budget will only aggravate these problems. We are not only overtaxed and underpaid, the principal costs have been grossly mismanaged. Last year, we admitted around 500,000 immigrants, many of which are in a desperate housing scramble. Notwithstanding that the average American makes more than the average Canadian, the average housing unit in Canada is approximately 40 per cent more expensive than in the United States.

平均的な家庭の収入の45%が税金で賄われており、年間平均48,000ドル以上の出費となっている。最新予算の増税は、こうした問題をさらに悪化させるだけだ。私たちは過大な税金と低賃金にあえいでいるだけでなく、主な経費の管理も著しく誤っている。昨年は約50万人の移民を受け入れたが、その多くは絶望的な住宅難に陥っている。平均的なアメリカ人の収入が平均的なカナダ人よりも多いにもかかわらず、カナダの平均的な住宅はアメリカよりも約40%高い。

Article content

As of 2021, according to Fraser Institute numbers, money invested per employed person in Canada trails the corresponding U.S. figure by 58 per cent, a gap that has been steadily widening over the years. It is not just the United States with whom we are failing to compete. Cramped little countries with almost no natural resources like Belgium, the Netherlands and Ireland have surpassed us in terms of per capita income. If the present trajectory continues, we could soon be passed by South Korea, which was a rubble heap with no industry at the end of the Korean War in 1953, and Israel, which has constantly been at war for its entire history and was a poor and primitive desert at its founding in 1948.

フレーザー研究所の数字によれば、2021年現在、カナダの雇用者1人当たりの投資額は、米国を58%も引き離している。競争相手になり得ていないのは米国だけではない。ベルギー、オランダ、アイルランドのような天然資源をほとんど持たない窮屈な小国が、国民1人当たりの所得で上回っているのだ。このままでは、1953年の朝鮮戦争終結時には産業もなく瓦礫の山だった韓国や、1948年の建国時には貧しく原始的な砂漠だったイスラエルに追い抜かれる日も近い。

Our uncompetitiveness cuts across almost every field. Health care, once one of the hallmarks of Canada’s status as a country distinctive from, and more caring than, the United States, is a shambles. In 30 years, waiting lists have increased from nine weeks to 28 weeks. Of 30 countries with universal health care, Canada’s system is the most expensive as a percentage of GDP, has the longest waiting periods, ranks 28th in doctors, 23rd in available beds and 24th and 25th in number of MRIs and CT scanners. It is a disaster that has now stooped to promoting the virtues of suicide through the medical assistance in dying program. It is the purpose of health-care regimes to prolong life, not shorten it.

私たちの競争力のなさは、ほとんどすべての分野に及んでいる。かつては、カナダが米国とは異なる、そして米国よりも思いやりのある国であることを示す特徴のひとつであった医療は、荒廃している。30年間で待ち時間は9週間から28週間に増えた。国民皆保険制度がある30カ国の中で、カナダの制度はGDP比で最も高く、待ち時間が最も長く、医師数は28位、利用可能なベッド数は23位、MRICTスキャナーの数は24位と25位である。このような惨状は、今や「死にゆく者への医療支援」プログラムを通じて自殺の美徳を推進するまでに至っている。医療制度の目的は延命であり、命を縮めることではない。

Article content

Throughout its history, it has been the vision and national ambition of Canada to be a superior country: prosperous, just and sensibly self-governing, but not complacent. Many have lamented that we did not receive more attention in the world and didn’t cut a more glamorous figure among the nations of the world. But Canadians have always, and rightfully, been proud of being a successful country. We are, for the first time, in danger of losing that status; if the trends of the last decade continue, this treasure house of a nation — with a skilled, law-abiding and diligent population, with two of the world’s most distinguished cultures as its official languages — will indeed be in danger of becoming a failed state.

繁栄し、公正で、賢明な自治を行いつつも、自己満足に陥らない。多くの人々は、カナダが世界的に注目されず、世界の国々の中でもっと華やかな存在になれなかったことを嘆いてきた。しかし、カナダ人は常に、そして当然のことながら、成功した国であることを誇りに思ってきた。この10年の傾向が続けば、この宝庫のような国--熟練した、法律を守る、勤勉な国民を有し、世界で最も優れた2つの文化を公用語とする--は、まさに破綻国家となる危険にさらされることになるだろう。

These material shortcomings are aggravated by deficits in public policy. For more than eight years, we’ve been thoroughly distracted by a rigid, mindless preoccupation with environmental nostrums, a wildly exaggerated and self-defamatory assault on our history mislabelled as “reconciliation” with Indigenous peoples and an absurd preoccupation with gender issues that has made us a laughing-stock in the world for carrying wokeness to the point of imbecility.

こうした物質的な欠点は、公共政策の欠陥によってさらに悪化している。8年以上もの間、私たちは環境問題への無頓着な偏執や、先住民との「和解」と銘打った乱暴で自虐的な歴史攻撃、そしてジェンダー問題への不条理な偏執に徹底的に気を取られてきた。

Article content

Between 1995 and 2022, fossil fuel use in Canada has increased nearly 59 per cent, and even if we stopped emitting carbon entirely, global emissions would only be reduced by a paltry 1.5 per cent. We have been duped into being ashamed of our resources, making war on our principal industry (oil and gas) and artificially straining the financial condition of a great many of our countrymen needlessly, all in the name of crusading to save the planet. The gender issue is completely bogus: there are two sexes and every adult person has the complete freedom to work out his or her own sexuality, without coercion or invasion of privacy. Agitation for mandatory modification of language according to transitory gender self-identification, like premature sex-change operations, is nonsense.

1995年から2022年の間に、カナダにおける化石燃料の使用量は59%近く増加しており、仮に炭素の排出を完全に止めたとしても、世界の排出量はわずか1.5%しか削減できない。私たちは、資源を恥じるように騙され、主要産業(石油・ガス)に戦争を仕掛け、地球を救うという名目で、多くの国民の財政状況を人為的にいたずらに逼迫させているのだ。性別の問題は全くのでたらめである。性別には2つあり、成人であれば誰でも、強制されたりプライバシーを侵害されたりすることなく、自分自身のセクシュアリティを確立する完全な自由がある。早すぎる性転換手術のように、一過性の性自認に従って言葉を強制的に修正しようとするのはナンセンスだ。

We have also debilitated ourselves morally, in our own eyes and in the eyes of the world, by promoting the outrageous blood libel that this country ever engaged in any form of genocide or slavery. Slavery was effectively illegal in Canada 40 years before it was abolished in the British Empire. The nadir of this exercise in self-humiliation was the story of murdered Indigenous children in unmarked graves in Kamloops, B.C., for which Canadian flags throughout the world were lowered for months, and of which no concrete proof of the existence of such graves has been produced.

私たちはまた、この国がいかなる形の虐殺や奴隷制にも関与したというとんでもない血の名誉毀損を広めることによって、自分たちの目にも世界の目にも、道徳的に自らを衰弱させてきた。奴隷制度は、大英帝国で廃止される40年も前に、カナダでは事実上違法とされていた。この自虐史観の最たるものは、BC州カムループスの無縁墓地で先住民の子供たちが殺害されたという事件である。この事件では、カナダ国旗が何カ月にもわたって世界中に掲揚されたが、そのような墓地が存在するという具体的な証拠は何一つ示されていない。

We appear also to have acquiesced in the practical abolition of the principal language of the country in Quebec, were about 22 per cent of Canadians live. All the federal parties tacitly supported this. We are starting to disintegrate.

私たちはまた、カナダ人の約22%が住むケベック州における主要言語の実質的な廃止を容認したように見える。すべての連邦政党はこれを黙認した。私たちは崩壊し始めている。

Reply
2 Replies
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

For us in Russia Communism is a dead dog. For many people in the West, it is still a living lion.” Aleksandr Solzhenitsyn

「ロシアの我々にとって共産主義は死んだ犬だ。西側の多くの人々にとっては、共産主義はまだ生きているライオンである。" アレクサンドル・ソルジェニーツィン

Communism and socialism are seductive. They promise us that people will contribute according to ability and receive according to needs. Everybody is equal. Everybody has a right to decent housing, decent food, and affordable medical care. History should have taught us that when we hear people talk this stuff, watch out!” Walter E. Williams

「共産主義や社会主義は魅惑的だ。人々は能力に応じて貢献し、必要に応じて受け取る。誰もが平等である。誰もがまともな住宅、まともな食料、手頃な医療を受ける権利がある。歴史は、人々がこのようなことを口にするのを聞いたら、気をつけろ!ということを教えてくれるはずだ」。ウォルター・E・ウィリアムズ

“The American people will never knowingly adopt socialism. But under the name of ‘liberalism’ they will adopt every fragment of the socialist program, until one day America will be a socialist nation, without knowing how it happened." Norman Thomas

「アメリカ国民は、社会主義を意図的に採用することはないだろう。しかし、"自由主義 "の名の下に、社会主義プログラムのあらゆる断片を採用し、いつの日かアメリカは社会主義国家となる。ノーマン・トーマス

Communism is the opiate of the intellectuals -With no cure except as a guillotine might be called a cure for dandruff.” Clare Boothe Luce

"共産主義は知識人のアヘンである-ギロチンがフケの特効薬と呼ばれるように、特効薬はない" クレア・ブース・ルース

Reply
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

Communism disguised in socialism has such appeal and grip on people in and from Europe who have lived beyond their means through colonialism. Latin Americans have been indoctrinated by Catholicism not to be self-reliant. Just my observations. I believe that Japan has no other way to survive than to rely on its own strength.

社会主義に見せかけた共産主義は、植民地主義によって身の丈を超えた生活をしてきたヨーロッパの人々を惹きつけ、掌握する。ラテンアメリカ人は、カトリシズムによって自立しないように教え込まれてきた。単なる私の見解です。日本は自国を頼る以外生きる術は無いと思います。

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Israel Doesn't Even Try To Hide Its Genocide On The Palestinians | Ambassador Chas Freeman (youtube.com) [27:41 minute video]

 

The Neocon's Biggest Defeat Since Vietnam And There Is Nothing They Can Do | Ambassador Chas Freeman (youtube.com) [20:30 minute video]

 

Xi Jinping Shows The West How To Do Good Diplomacy | Ambassador Chas Freeman (youtube.com) [13:10 minute video]

 

Chas W. Freeman, Jr. – American diplomat, businessman, and writer. (chasfreeman.net)

 

About

Chas Freeman chairs Projects International, Inc.  For more than four decades, Projects International has helped its partner enterprises and clients to create business ventures across borders.  It facilitates their establishment of new businesses through the design,  negotiation, capitalization, and implementation of greenfield investments, mergers and acquisitions, joint ventures, franchises, one-off transactions, sales and agencies in other countries.  The firm operates on five continents.

Ambassador Freeman is a career diplomat (retired) who was Assistant Secretary of Defense for International Security Affairs from 1993-94, earning the highest public service awards of the Department of Defense for his roles in designing a NATO-centered post-Cold War European security system and in reestablishing defense and military relations with China. He served as U. S. Ambassador to Saudi Arabia (during operations Desert Shield and Desert Storm). He was Principal Deputy Assistant Secretary of State for African Affairs during the historic U.S. mediation of Namibian independence from South Africa and Cuban troop withdrawal from Angola.

Ambassador Freeman worked as Deputy Chief of Mission and Chargé d’Affaires in the American embassies at both Bangkok (1984-1986) and Beijing (1981-1984). He was Director for Chinese Affairs at the U.S. Department of State from 1979-1981. He was the principal American interpreter during the late President Nixon’s path-breaking visit to China in 1972. In addition to his Middle Eastern, African, East Asian and European diplomatic experience, he had a tour of duty in India.

チャス・フリーマンについて

チャス・フリーマンがプロジェクツ・インターナショナルの会長を務める。 プロジェクツ・インターナショナルは40年以上にわたり、パートナー企業やクライアントの国境を越えたビジネス創出を支援してきた。 グリーンフィールド投資、M&A、ジョイント・ベンチャー、フランチャイズ、単発取引、他国での販売・代理店の設計、交渉、資金調達、実行を通じて、新規事業の立ち上げを支援している。 当社は5大陸で事業を展開している。

フリーマン大使は、1993年から94年まで国防次官補(国際安全保障問題担当)を務め、NATOを中心とした冷戦後の欧州安全保障システムの設計や、中国との防衛・軍事関係の再構築に携わったことで、国防総省最高の公共サービス賞を受賞した外交官(退役)。駐サウジアラビア米国大使(砂漠の盾および砂漠の嵐作戦時)を務めた。南アフリカからのナミビア独立とアンゴラからのキューバ軍撤退を米国が仲介した歴史的事件では、アフリカ問題担当国務次官補を務めた。

バンコク(1984-1986年)、北京(1981-1984年)の両アメリカ大使館で次席公使、臨時代理公使を歴任。1979年から1981年まで米国務省中国担当部長。1972年の故ニクソン大統領の画期的な中国訪問では、アメリカの主要通訳を務めた。中東、アフリカ、東アジア、ヨーロッパでの外交経験に加え、インドでの任務も経験。

 

I was reading some of his essays @ chasfreeman.net and saw the term “antisemitic” being used in his writings. With all due respect to Ambassador Freeman, it is a misnomer to use “antisemitic” to refer to the sentiment against the Israelis, for the people who were settled in Israel post WWII were not ethnic Jews. The majority in Israel are Ashkenazi “Jews” who originated in Khazar, not in the Middle East. It is as erroneous as saying Ukrainians are Semites. The Semitic Jews in Israel have been treated as the second class citizens in Israel, and they are the minorities. There are also Semitic Jews, the real descendants of Abraham, Issac and Jacob among the Palestinians along with the Arabs according to Yasser Arafat. I have stated before in this forum that the Biblical Covenant applies to the ethnic Jews and not the religious Jews, so those who practice Judaism are advised to take DNA tests since the Israelis are dictating the US politics to impose their misguided self importance to the rest of the world. My intent is to iron out the deceptive history being taught in the world if out end goal is to establish peace.

 

chasfreeman.netで彼のエッセイを読んでいたら、「反ユダヤ主義」という言葉が使われていた。フリーマン大使には失礼だが、イスラエル人に対する感情を指して「反ユダヤ主義者」というのは誤用である。イスラエルの大多数は、中東ではなくハザールに起源を持つアシュケナージ系「ユダヤ人」である。それは、ウクライナ人がセム人であると言うのと同じくらい誤りである。イスラエルにいるセム系ユダヤ人はイスラエルでは二級市民として扱われており、少数派である。ヤーセル・アラファトによれば、パレスチナ人の中にもアブラハム、イサク、ヤコブの本当の子孫であるセム系ユダヤ人がアラブ人と共にいる。私は以前このフォーラムで、聖書の契約は宗教的なユダヤ人ではなく民族的なユダヤ人に適用されるものであり、ユダヤ教を実践している人はDNA検査を受けることをお勧めすると述べた。私の意図は、平和を確立することが最終的な目標であるならば、世界で教えられている欺瞞に満ちた歴史に正す事が先決だと思います。

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Jewish Americans show their DNA results. We’re not Jews? WHAT? (youtube.com) [11:17 minute video]

 

Jesus said “truth shall set you free”. The group of people who needs to be set free the most are those who were indoctrinated to belive something they were not so that they will have no reason to impose themselves on others especially those who are the real ethnic Jews.

 

イエスは「真理はあなたがたを自由にする」と言われた。最も自由にされる必要があるのは、他者に自分たちを押し付ける理由がなくなるように、自分たちが信じていないことを信じるように教え込まれた人々である。

 

clif on X: "Well, so it is all starting to come together to meet the projections of the ALTA reports. We have the ELohim worship cult destroying food production across the northern hemisphere, and thus we now have the support for the 'food riots' projected to hit in a 'late summer period'…" / X (twitter.com)

 

Well, so it is all starting to come together to meet the projections of the ALTA reports.

 

さて、ALTAの報告書の予測に沿うように、すべてがまとまり始めている。

 

We have the ELohim worship cult destroying food production across the northern hemisphere, and thus we now have the support for the 'food riots' projected to hit in a 'late summer period' of great chaos in the world. We have the 'students' and their commie handlers fomenting chaos and mass violence just almost on cue.

 

エロヒム崇拝カルトは北半球全域の食糧生産を破壊しており、そのため今、世界で大混乱が起こる「晩夏の時期」に襲いかかると予測される「食糧暴動」を支えている。学生たち」とその共産党員の手下たちが、混乱と大暴力をほとんど合図通りに煽り立てているのだ。

 

These 'food riots' were coincident with the production of documents from federal repositories that were 'long hidden', and 'obscure' though 'known by rumors'...in other words, docs about gov't conspiracies. The data sets were quite explicit in connecting long stored, and denied, data about 'space aliens', including 'invasion', and 'lunar operations' with this release which would be temporally coincident with 'food riots', 'political degradation', and 'mass social movements (Great Awakening)'.

 

これらの「食糧暴動」は、連邦政府の保管庫から「長い間隠され」、「噂では知られていたが」「無名」であった文書...言い換えれば、政府の陰謀に関する文書が公開されたのと同時であった。データセットは、「食料暴動」、「政治的堕落」、「大規模な社会運動(大覚醒)」と時間的に一致するこの公開と、「侵略」や「月面活動」を含む「宇宙人」に関する、長い間保存され、否定されてきたデータを結びつけることで、非常に明確であった。

In those data sets, there were repeated references to 'Greater Dog', and 'Kyon' (means 'dog' in Greek), and many other references to the 'rising of Sirius' *(a July event). The "dog star" rises coincident with rising temps in Summer, thus the 'dog days' of Summer.

 

これらのデータセットには、「グレーター・ドッグ」、「キョン」(ギリシャ語で「犬」の意味)、そして「シリウスの上昇」*7月の出来事)についての他の多くの言及が繰り返しあった。犬の星」は夏の気温上昇と同時に昇るので、夏の「犬の日」となる。

 

This data, going back to when the sets first formed in 1997, has been remarkably prescient over these decades. In point of fact, i have had one of the world's greatest financial minds (arguably) note that my ALTA reports created 'more millionaires' than any other investment advice vehicle in history by guiding people into BTC et al at the appropriate time.

 

このデータは、1997年のセット結成当初にさかのぼるが、この数十年間、驚くほど先見の明があった。事実、私は、世界最高の金融マインドの一人(間違いなく)に、私のALTAレポートが、適切な時期に人々をBTCなどに誘導することによって、歴史上のどの投資助言手段よりも「より多くの億万長者」を生み出したと指摘されたことがある。

 

It is my expectation that these data sets will maintain their predictive accuracy as we go forward these next few years. So far 2024 is shaping up to be that year in which the 'food riots', 'space aliens', 'broken bones Fed' Reserve, and 'limp dick govt' all come together for a pretty interesting Summer and Fall.

 

今後数年間、これらのデータセットが予測精度を維持することを私は期待している。今のところ2024年は、「食糧暴動」、「宇宙人」、「骨折したFRB」予備軍、「ぐにゃぐにゃのチンポ政府」すべてが一緒になって、かなり面白い夏と秋になる年になりそうだ。

 

Those long ago, and far away, data sets were very replete with data around the idea that the people who had the most difficult mental adjustment were the 'zionist christians' in the 'large box churches'. The data sets all through the 2000s kept building with supporting sub sets about the 'rending/tearing/shredding' of the minds of the 'OT christians'. It is this very large group in the USA having a 'coming to Jesus' moment about the ELohim in the Old Testament /Torah that provides the emotional turmoil, as well as the 'demanding minds' for a giant 'global revival' in Christian thought and practice. Note that this is against the WEF/Catholic/pedo proffered 'christian consciousness reformation'.

 

遠い昔のデータセットには、精神的な適応が最も困難なのは、"大きな箱の教会 "にいる "シオニスト・クリスチャン "であるという考え方のデータが非常に豊富に含まれていた。2000年代を通して、データセットは、「OTクリスチャン」の心の「引き裂き/引き裂かれ/引き裂かれ」を裏付けるサブセットとともに構築され続けた。旧約聖書/トーラーにあるエロヒムについて『イエスに立ち返る』瞬間を迎えているアメリカのこの非常に大きなグループが、感情的な混乱と、キリスト教の思想と実践における巨大な『世界的リバイバル』のための『要求する心』を提供しているのである。これは、WEF/カソリック/ペドが提唱する「キリスト教的意識」に反するものであることに注意されたい。

Fun fun fun in the Sun Sun Sun .

11:49 AM · May 2, 2024

·

58.8K

Views

Reply
2 Replies
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

Ben Shapiro on Tucker Carlson: He Thinks If You Don’t Believe Him, You’re Part of the Conspiracy - Barrett News Media

Ben Shapiro on Tucker Carlson: He Thinks If You Don’t Believe Him, You’re Part of the Conspiracy

ベン・シャピロ、タッカー・カールソンについて語る。彼は、あなたが彼を信じないなら、あなたは陰謀の一部だと考えている

 

“The only man of courage in this routine is apparently this truth-seeker Tucker, who apparently only asks questions but doesn’t actually examine the evidence on these particular issues.”

"このルーティンの中で唯一の勇気ある人物は、どうやらこの真実を追求するタッカーであるようだ。" "彼はどうやら質問をするだけで、この特別な問題についての証拠を実際に検証することはないようだ。"

Tucker Carlson was a guest on the most recent episode of The Joe Rogan Experience, with the discussion sometimes bordering on absurdity. Talk about aliens, 9/11 conspiracies, and more permeated the conversation. Ben Shapiro has now taken aim at Carlson for his viewpoints.

タッカー・カールソンは『ジョー・ローガン・エクスペリエンス』の最新エピソードにゲスト出演し、時に不条理な話も飛び出した。エイリアンや9.11の陰謀など、さまざまな話題が飛び交った。ベン・シャピロは現在、カールソンの見解を狙い撃ちしている。

On Monday’s episode of The Ben Shapiro Show, The Daily Wire co-founder argued Carlson isn’t the thought leader he believes himself to be after he claimed the United States was “evil” for dropping atomic bombs on Japan at the conclusion of World War II. He added that anyone who would defend the use of nuclear weapons is, by association, evil as well.

The Daily Wireの共同設立者であるカールソンは、月曜日のThe Ben Shapiro Showのエピソードで、第二次世界大戦終結時に日本に原爆を投下したアメリカは「悪」であると主張したカールソンは、自分が信じているような思想的リーダーではないと主張した。さらに、核兵器の使用を擁護する人は、連想上、悪であると付け加えた。

“This particular interview included a lot of conspiratorial thinking,” Shapiro noted.

「このインタビューには陰謀論的な考え方が多く含まれていた」とシャピロは指摘する。

“When Tucker talks, there’s a grain of truth to what Tucker says … but there’s a difference between healthy skepticism, the demand for evidence — that’s what skepticism is. Being a critical thinker is just a demand for evidence. That is not the same thing as ‘just asking questions.’ … ‘Just asking questions’ doesn’t make you a critical thinker,” Shapiro said during his criticism of the former Fox News host.

「しかし、健全な懐疑主義、証拠を求めることとは違う。批判的な思想家であることは、証拠を求めることにほかならない。それは『ただ質問すること』とは違う。シャピロは元Foxニュースの司会者を批判する中で、「『ただ質問しているだけ』では批判的思想家とは言えない」と述べた。

Ben Shapiro argued that Carlson’s recent conspiratorial turn makes him “the only person you can trust” when hearing the topic of discussion for the first time.

ベン・シャピロは、カールソンが最近陰謀論者に転じたことで、初めてこの話題を耳にしたときに「信頼できる唯一の人物」になったと主張した。

“According to Tucker, you have to believe Tucker, and if you don’t, it’s probably because you’re part of the conspiracy or cover-up. Because you’re ‘owned.’ Because you’ve become the ‘establishment’, because you’re weak, and you can be ‘taken over’ by nefarious forces. The only man of courage in this routine is apparently this truth-seeker Tucker, who apparently only asks questions but doesn’t actually examine the evidence on these particular issues. Because why do you need to know things when you can just ask questions?”

「タッカーによれば、タッカーを信じるしかなく、もし信じないなら、それはあなたが陰謀や隠蔽工作の一部だからだろう。あなたは『所有物』だから。あなたが『体制』になったから、弱いから、極悪非道な勢力に『乗っ取られる』から。このルーティンの中で勇気があるのは、どうやらこの真相究明家タッカーだけである。彼はどうやら質問するだけで、こうした特定の問題について実際に証拠を調べることはしないようだ。ただ質問するだけなのに、なぜ物事を知る必要があるのか?"

The Daily Wire co-founder concluded by stating that there once was a person who would “set fire” to such a narrative being presented in mainstream media. He argued that that person’s name is Tucker Carlson.

デイリー・ワイヤーの共同設立者は最後に、主流メディアで紹介されるこのような物語に「火をつける」人物がかつていたと述べた。その人物の名前はタッカー・カールソンだと主張した。

Based on my research on the matter of the atomic bombs dropped in Hiroshima and Nagasaki, the US Military Intelligence had foreknowledge of the 40% Japanese consisted of Sephardic Jews, the descendants of Abraham, Issac and Jacob, and this makes the bombings “ethnic cleansing”. There was no justification for the genocide and human experiment since the decision was made by FDR and Harry Truman, both of whom were Ashkenazi “Jew” or Khazarian. The narrative stating “the nuclear attacks were necessary to end the war” is false because the US military knew when Japan was going to surrender. Pearl Harbor was a psychological operation to start the war the US, UK and Europe needed to improve their economy.

広島と長崎に投下された原爆に関する私の調査によれば、米軍情報部は日本人の40%がアブラハム、イサク、ヤコブの子孫であるセファルディ系ユダヤ人で構成されていることを予見していた。この決定はFDRとハリー・トルーマンによってなされたのであり、彼らはともにアシュケナージ・ユダヤ人またはハザリア人であった。核攻撃は戦争を終わらせるために必要だった」という説明は誤りだ。なぜなら米軍は日本がいつ降伏するかを知っていたからだ。真珠湾攻撃は戦争を始めるための心理作戦であり、アメリカ、イギリス、ヨーロッパは経済を改善する必要があった。

Reply
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

List of Jewish American businesspeople - Wikipedia

 

The list depicts the world we live in.

このリストには、私たちが生きている世界が描かれている。

 

The following is the list for - Pharmaceuticals and healthcare, just one section in the entire list.

Their junk science makes sense only to them not for the rest of the world, but do you think they care?

 

以下は「医薬品とヘルスケア」のリストである。

彼らのジャンク・サイエンスは、世界の他の国々にとってではなく、彼らにとってのみ意味がある。

 

Arie S. Belldegrun (1949–), Israeli-American (co-)founder of Kite Pharma and biotechnology companies AgensysAllogene Therapeutics[65]

 

The US has to die in order for the power abuse by the Ashkenazi “Jews” (or Khazarian Mafia) to end.

アシュケナージ系 「ユダヤ人」(あるいはハザリアンマフィア)による権力の乱用を終わらせるためには、アメリカは滅びなければならない。

 

Jewish Americans show their DNA results. We’re not Jews? WHAT? (youtube.com) [11:17 minute video]

 

This is the third time I post the above video, and he said the DNA tests is illegal in Isra-HELL. Do you know why that is? Because it exposes the lies about the Holocaust and Ashkenazi “Jews” (who are just another gentile according to the Bible).

上のビデオを掲載するのは3度目だが、彼はDNA検査はイスラヘルでは違法だと言った。なぜかわかりますか?ホロコーストとアシュケナージ「ユダヤ人」(聖書によれば、彼らは単なる異邦人である)に関する嘘を暴露しているからだ。

 

UC Berkeley student stages Palestine protest at law school dean’s home | News | Independent TV

 

Friday 12 April 2024 10:34 BST

UC Berkeley student stages pro-Palestine protest at law school dean’s home

カリフォルニア大学バークレー校の学生が法学部長宅で親パレスチナ・デモを行う

Pro-Palestine students at the University of California, Berkeley, interrupted a private dinner to protest against the professor who had invited them.

Erwin Chemerinsky, the dean of Berkeley Law School and his wife, professor Catherine Fisk, were hosting their annual celebration for graduating students at their home when the protest broke out.

Footage shows a student, identified as Malak Afaneh, being challenged by the couple.

“You are guests in our house,” a voice can be heard saying in the background of the video.

The incident follows months of disputes between pro-Palestinian and Jewish students.

“I am appalled and deeply disturbed by what occurred at Dean Chemerinsky’s home last night,” UC Berkeley Chancellor Carol Christ said in a statement.

“While our support for free speech is unwavering, we cannot condone using a social occasion at a person’s private residence as a platform for protest.”

 

カリフォルニア大学バークレー校のパレスチナ支持派の学生たちが、彼らを招待した教授に抗議するため、私的な夕食会を中断した。

バークレー校ロースクールの学部長であるアーウィン・チェメリンスキーと、その妻であるキャサリン・フィスク教授は、自宅で毎年恒例の卒業祝賀会を催していたが、その際に抗議が起こった。

映像には、マラク・アファネと名乗る学生が夫妻に挑発されている様子が映っている。

「あなた方は私たちの家の客人です」と言う声が映像の背景で聞こえる。

この事件は、親パレスチナ派とユダヤ人学生の間の数ヶ月にわたる論争に続くものである。

「カリフォルニア大学バークレー校のキャロル・キリスト総長は声明の中で、「昨夜、チェメリンスキー学部長の自宅で起きたことに愕然とし、深く動揺しています。

「言論の自由に対する我々の支持は揺るぎないが、個人の邸宅での社交の場を抗議の場として利用することは容認できない。

 

Eye for eye works. Take a look at the pathetic Ashkenazi bitch. May the UC system all go to hell along with the State of California!

目には目を。哀れなアシュケナージ 雌犬を見よ。カリフォルニア大学とカリフォルニア州が地獄に落ちますように!

Reply
Page 363 / 384
Share: