Operation Z - versu...
 
Notifications
Clear all

Operation Z - versus - Empire of Lies

3,056 Posts
11 Users
64 Reactions
77.4 K Views
BlueJay
Posts: 1959
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

スロバキア首相が撃たれ搬送、生命の危機…容疑者は70代との報道も : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)

スロバキア首相が撃たれ搬送、生命の危機…容疑者は70代との報道も

Slovak Prime Minister shot and transported, life threatened...Suspect reportedly in his 70s.

2024/05/16 00:16

【ベルリン=中西賢司】中欧スロバキアからの報道によると、ロベルト・フィツォ首相が15日、中部ハンドロバで銃撃され、病院に搬送された。スロバキア政府によると、複数回にわたって撃たれ、命の危険にさらされているという。狙撃犯は現場で拘束された。

15日、スロバキア中部ハンドロバで、フィツォ首相が銃撃された後に拘束された人物=ロイター

 フィツォ氏は政府の会合に出席した後、市民が多数集まる会場付近で銃撃された。地元メディアは、警護員(SP)が負傷したフィツォ氏を抱えて黒塗りの車に乗せたり、狙撃犯とみられる人物が後ろ手に手錠をかけられたりする映像を流している。70歳代の男が狙撃したとの報道もある。

ロベルト・フィツォ首相=AP

 最大与党の左派政党スメルを率いるフィツォ氏は昨年秋の総選挙で勝利し、首相に返り咲いた。汚職疑惑があるほか、ウクライナへの軍事支援に反対するなどロシア寄りの姿勢を見せ、反発を招いていた。

 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は15日、銃撃を強く非難し、「フィツォ氏の回復を願い、スロバキアの人々との連帯を表明する」とX(旧ツイッター)に投稿した。

According to reports from Slovakia in Central Europe, Prime Minister Robert Fico was shot and taken to the hospital in Handlova, central Slovakia, on March 15. According to the Slovak government, he was shot multiple times and his life is in danger. The shooter was detained at the scene.

A person is detained after Prime Minister Fico was shot in Handlova, central Slovakia, on April 15 (Reuters)

 After attending a government meeting, Fico was shot near the venue where a large number of citizens had gathered. Local media showed footage of security guards (SPs) carrying a wounded Fico in a black car and an apparent shooter handcuffed behind his back.

Prime Minister Roberto Fico (AP)

 Fico, who leads the largest ruling leftist party, Smer, won last fall's general election and returned to the prime minister's office. In addition to allegations of corruption, he has been opposed to military aid to Ukraine and has shown a pro-Russian stance, which has led to protests.

 Ukrainian President Volodymyr Zelensky strongly condemned the shooting and posted on X (formerly Twitter) on April 15, “I wish Mr. Fico a speedy recovery and express my solidarity with the people of Slovakia.”

ウクライナ支援への反対派優勢、スロバキア総選挙の行方に世界的関心…元外相「ロシアは我が国を悪用」 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)

ウクライナ支援への反対派優勢、スロバキア総選挙の行方に世界的関心…元外相「ロシアは我が国を悪用」

Opposition to support for Ukraine prevails, global interest in the outcome of Slovakia's general election...Former foreign minister: “Russia misuses our country”.

2023/09/30 06:50

中欧スロバキアで30日、国民議会(一院制、定数150)選挙が行われる。世論調査ではロシアの侵略を受けるウクライナへの軍事支援に反対する左派の最大野党「スメル」(道標・社会民主主義)が優勢だ。結果次第で欧米の対露結束に影響する可能性があり、総選挙の行方に世界的な関心が集まる。(ブラチスラバ 中西賢司)

「未熟な政権にはがっかりした。長年政権を担ったスメルの手腕に期待したい」

 社会主義時代に整備が始まった首都ブラチスラバの団地の庭で元公務員の年金生活者ヨゼフ・オレヤルさん(77)は、2020年の前回選挙まで十数年間、政権を握ったスメルへの期待を口にした。

 総選挙は来年2~3月の予定だったが、国内の政治の混乱を受け、繰り上げ実施される。中道右派政党中心の連立政権は、新型コロナ対策の迷走などで不信任案が可決され、暫定政権が国政を担う。

 直近の世論調査では連立与党勢は大きく支持率を下げ、スメルと第3極の中道リベラル政党「プログレッシブ・スロバキア」(PS)がそれぞれ支持率19%程度で接戦を演じている。社会主義時代を知る世代を支持基盤とする左派勢力と都市中間層に多い親欧リベラル勢力が競う構図となる。

Elections to the National Assembly (unicameral, 150 seats) will be held in Slovakia, Central Europe, on March 30. Opinion polls show that the largest leftist opposition party, Smer (Social Democracy), which opposes military aid to Ukraine, which is being invaded by Russia, is in the lead. Depending on the results, this could have an impact on the unity of Europe and the United States toward Russia, and the outcome of the general election will be the focus of global attention. (Kenji Nakanishi, Bratislava)

I was disappointed by the inexperienced administration. I have high expectations for Smer's skills as a longtime government minister.”

 Josef Olejar, 77, a former civil servant and pensioner in the garden of an apartment complex in Bratislava, the capital, which began to be developed during the socialist era, expressed his hopes for Smer, who was in power for over a decade until the last election in 2020.

 General elections were scheduled for February or March next year, but will be moved up due to political turmoil in the country. A no-confidence vote was passed in the center-right coalition government due to the vagaries of the new corona crisis and other issues, and an interim government will take over national politics.

 According to the latest polls, the ruling coalition's support has dropped significantly, with Smer and the third-party center-right liberal party, Progressive Slovakia (PS), in a close race with support ratings of around 19% each. The result is a competition between leftist forces, whose support base consists of the generation that knows the socialist era, and pro-European liberal forces, which are mostly found in the urban middle class.

露に親近感

争点の一つがウクライナ支援の是非だ。人口約540万人のスロバキアは欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で、ウクライナに戦闘機や地対空ミサイルなどを供与してきた。スメル党首のロベルト・フィツォ元首相(59)はウクライナへの武器供与は「紛争を長引かせるだけ」として見直しを主張する。ウクライナのNATO加盟を支持せず、対露制裁にも反対している。

 10年間首相を務めたフィツォ氏の言動は「ロシアに親近感を覚える有権者をにらんだ選挙戦術」との見方も根強い。スロバキアは社会主義時代に工業化が進み、ロシア語を解する人も少なくない。国内での調査ではウクライナ侵略でロシアに責任があると答えたのは4割にとどまり、3割が自国がロシア勢力圏に戻ってもよいと考えているとの結果もある。

Closeness to Russia.

One of the contentious issues is whether or not to support Ukraine. Slovakia, with a population of about 5.4 million, is a member of the European Union and North Atlantic Treaty Organization (NATO), and has provided Ukraine with fighter jets and surface-to-air missiles. Former Prime Minister Robert Fico, 59, the leader of Smer's party, insists that arms transfers to Ukraine be reviewed because they “only prolong the conflict. He does not support Ukraine's membership in NATO and opposes sanctions against Russia.

 Some observers believe that the words and actions of Fico, who served as prime minister for 10 years, are “election tactics aimed at voters who feel an affinity with Russia. Slovakia was industrialized during the socialist era, and not a few people speak Russian. According to a domestic survey, only 40% of Slovaks answered that Russia was responsible for the invasion of Ukraine, and 30% of Slovaks think it is acceptable for their country to return to the Russian sphere of influence.

プロパガンダ

新聞が衰退し、玉石混交のインターネット情報の影響力が高まったこともロシア寄りの情報が浸透する素地になっている。スロバキア元外相は米紙に「スロバキアはロシアのプロパガンダの成功例だ。欧州を分断するくさびとして我が国を悪用している」と述べた。

 全国比例代表制の選挙では、どの政党も単独過半数に届かない公算が大きい。連立交渉を進める第1党の座をどの政党が得るかが焦点となる。国益最優先のスメルが政権に返り咲けば、EUとの摩擦も辞さない隣国ハンガリーのような自国優先路線に転換するとの見方もある。

  ◆スロバキア= 東欧革命でチェコスロバキアの共産党政権崩壊後、1993年にチェコとの連邦を解消して独立。社会主義経済から自由経済への転換に苦しんだ。経済的な豊かさを示す指標はEU27か国中ブルガリアに次ぐワースト2位。国外に職を求める「頭脳流出」も深刻になっている。

Propaganda

The decline of newspapers and the growing influence of the Internet, which is a mixture of both, have also contributed to the spread of pro-Russian information. The former Slovak foreign minister told an American newspaper, “Slovakia is a successful example of Russian propaganda. They are using our country as a wedge to divide Europe.

 In the nationwide proportional representation elections, it is highly probable that none of the parties will be able to reach a single-party majority. The focus will be on which party will be the first party to advance coalition negotiations. If Smer, who puts the national interest first, returns to power, some observers believe that he will switch to a line that prioritizes his own country, like that of neighboring Hungary, which is willing to engage in friction with the European Union.

  Slovakia: After the collapse of the Communist regime in Czechoslovakia in the Eastern European Revolution, Slovakia became independent in 1993, dissolving its federation with the Czech Republic. The country suffered a transition from a socialist economy to a free economy. The country ranks second worst among the 27 EU countries in terms of economic wealth, behind only Bulgaria. The “brain drain” of people seeking jobs outside the country has also become a serious problem.

Reply
1 Reply
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 1959

私の情報筋によれば、次の事故は岸田首相が日本がウクライナをどのように支援するかを維持する意向を表明した直後に起きた。ディープ・ステートが見せしめに起こした。

According to my source, the following accident took place shortly after Prime Minister Kishida announced his intention to maintain how Japan will aid Ukraine, meaning he thought Japan had a choice in the Ukraine matter. The Deep State was making an example.

 

何が起きた、空自アグレッサー墜落…搭乗の群司令が残した言葉 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)

 

何が起きた、空自アグレッサー墜落…搭乗の群司令が残した言葉

What happened, Aircraft Aggressor crash...words left by the group commander on board.

2022/02/25 15:00

この原稿を書くにあたり、まずは2人のパイロットの 冥福めいふく を祈りたい。航空自衛隊のF15戦闘機が小松基地(石川県小松市)を離陸した直後に墜落し、搭乗員2人が遺体で発見された。同機は基地の北方に設定された訓練空域に向かっていた。

 

In writing this article, I would first like to pray for the repose of the souls of the two pilots. An Air Self-Defense Force F-15 fighter jet crashed shortly after takeoff from Komatsu Air Base (Komatsu City, Ishikawa Prefecture), and the two crew members were found dead. The aircraft was heading for a training airspace set up in the northern part of the base.

体重の8倍、襲いかかる過酷なG

8 times the body weight, the harsh G that strikes

2015年3月、別のF15の後席に搭乗し、この空域での訓練を取材したことがある。「戦闘機の過酷さは人間の限界を超えている」――。率直にそう思った。

 機体が上下左右に急旋回すると、体は強い重力加速度(G)でシートに押しつけられ、視界はスッと暗くなる。頭部の血液が下半身に押し下げられ、脳内に血液が行き渡らないときに起きる「グレイアウト」と呼ばれる現象だったのだと思う。そのままだと意識を失う危険もある。だから思い切り腹筋に力を入れて、血液の下降を防ぐ。同時に身に着けていた「耐Gスーツ」が膨張を始め、ふくらはぎや太ももを締め付け、強制的に脳に血液を送り込む。すると頭部の血流が回復し、色覚は正常に戻るのだ。

当時の記録を見ると、最大飛行速度はマッハ1.2、旋回時の最大Gは8.0だった。つまり体重の8倍もの重さがかかったことになる。体が押しつぶされそうになる中で、前席で操縦しているパイロットは平然と機体を操っていた。まさにプロフェッショナルだと思った。

 

In March 2015, I was in the backseat of another F15 and covered training in this airspace. The harshness of fighter jets is beyond human limits. That is what I frankly thought.

 When the aircraft turns sharply, up and down, left and right, your body is pressed against the seat by the strong acceleration of gravity (G), and your vision is suddenly darkened. I believe this was a phenomenon called “grayout,” which occurs when the blood in the head is pushed down to the lower half of the body, preventing blood from flowing to the brain. If I didn't do anything, I would be in danger of losing consciousness. Therefore, I put all my strength into my abdominal muscles to prevent the blood from falling. At the same time, the “G-resistant suit” I was wearing began to expand, tightening my calves and thighs and forcing blood to the brain. Blood flow to the head is then restored, and color vision returns to normal.

According to the records of the time, the maximum flight speed was Mach 1.2, and the maximum G-force during a turn was 8.0. In other words, the weight of the aircraft was eight times its body weight. The pilot in the front seat was handling the aircraft without a care in the world, even though his body was about to be crushed. I thought he was a true professional.

精鋭のパイロットに何が

What happened to the elite pilots?

 今回、そのプロが操縦する機体に何が起きたのか。状況を振り返ってみる。F15は、日没直後の1月31日午後5時半頃、訓練目的で同基地を離陸。西北西約5キロの日本海上空でレーダーから消えた。離陸から1~2分後、同基地の管制官が墜落時のものとみられるオレンジ色の光を目撃している。搭乗していた「飛行教導群」司令の田中公司1佐(52)と同群の植田竜生1尉(33)の遺体が墜落現場の海中で見つかった。

 

戦闘機パイロットは狭き門だが、飛行教導群はその中でも精鋭が集まる部隊だ。隊員として選抜されるのは、戦闘機パイロットのうち10人に1人程度。同群の通称は「アグレッサー」。侵略者を意味する言葉だ。小松基地から全国の戦闘機部隊に赴き、文字通り訓練の「敵役」を務めることで、空自の能力を向上させる唯一の存在だ。田中1佐はそのトップを務めていた。後席に搭乗していた植田1尉も同群所属で、総飛行時間が約1900時間のベテランだった。

 

What happened to the aircraft piloted by a professional this time? An F-15 took off from the base for training purposes at around 5:30 p.m. on January 31, just after sunset. It disappeared from radar over the Sea of Japan about 5 km west-northwest of the base. One or two minutes after takeoff, an air traffic controller at the base saw an orange glow that was believed to be from the crash. The bodies of Capt. Koji Tanaka, 52, commander of the “Flight Instruction Group,” and Lt. Tatsuo Ueda, 33, a member of the same group, who were on board, were found underwater at the crash site.

 

Fighter pilots are highly selective, and the Flight Instructor Group is one of the most elite units among them. Only about one in ten fighter pilots is selected as a member of the group. The group's common name is “Aggressor. The word means “aggressor. They are the only ones who go from Komatsu Air Base to fighter squadrons around the country to literally “play the enemy” in training, thereby improving the capabilities of the JASDF. Colonel Tanaka was the head of the team. The aft passenger, 1st Lt. Ueda, also belonged to the same group and was a veteran with about 1,900 hours of total flight time.

何が起きた、空自アグレッサー墜落…搭乗の群司令が残した言葉

What Happened, Aircraft Aggressor Crash...Words Left Behind by the Group Commander on Board

亡くなったアグレッサー司令、日本の現状に危機感

Aggressor commander, who passed away, felt a sense of crisis about the current situation in Japan.

昨年12月、田中1佐は読売新聞の取材に、「戦闘機1機の持つ戦力は、航空優勢のみならず、戦闘全体に多大な影響を与える。戦える部隊を作りたい」と語っていた。ただ、空自の各部隊はスクランブルなどの実任務に追われているとし、「戦技・戦術を底上げする余力がない。一方で周辺国は航空機、パイロットの能力が上がってきている」と危機感も口にした。

 

確かに戦闘機の数で、日本は中国に水をあけられている。日本の防衛には航空優勢の確保が不可欠。その鍵を握るのは、レーダーや通信ネットワークを向上させた「第4世代」戦闘機や、ステルス性を備えた最新の「第5世代」戦闘機だ。空自が保有しているのは計313機(2021年3月末現在)だが、中国軍は計1146機に上る。90機だった2001年に比べて12倍に増えている。

 今回の事故では機体と、尊いパイロット2人の命が失われた。地元の小松市は、墜落現場に近い施設に献花台を設置。2人を悼む人たちが訪れていた。空自も機体を海中から引き揚げて、事故原因の特定を急ぐ。離陸直後のF15に何が起きたのか。それを明らかにすることが、戦闘機部隊の安全と日本の防衛力の強化につながるのだと思う。原因究明が求められている。

Last December, Capt. Tanaka told the Yomiuri Shimbun, “The strength of a single fighter aircraft has a tremendous impact not only on air superiority, but on the entire battle. We want to build a unit that can fight,” he said. However, he said that the JASDF units are busy with scrambling and other actual missions, and “we don't have enough power to raise the level of our warfare skills and tactics. On the other hand, neighboring countries are improving their aircraft and pilot capabilities,” he said, adding that he feels a sense of crisis.

It is true that Japan is outnumbered by China in terms of fighter aircraft. Securing air superiority is essential for Japan's defense. The key to this is the “4th generation” fighters with improved radar and communication networks, and the latest “5th generation” fighters with stealth capabilities. The Air Self-Defense Force has a total of 313 aircraft (as of the end of March 2021), while the Chinese military has a total of 1,146, a 12-fold increase from 2001, when it had 90 aircraft.

 The accident resulted in the loss of the aircraft and the lives of the two precious pilots. Komatsu City, the local city of Komatsu, set up a flower stand at a facility near the crash site, which was visited by people mourning the loss of the two pilots. The Air Self-Defense Force has also pulled the aircraft out of the water and is hurrying to determine the cause of the accident. What happened to the F-15 shortly after takeoff? I believe that clarifying the cause of the accident will lead to the safety of the fighter force and the strengthening of Japan's defense capability. An investigation into the cause of the accident is required.

Reply
BlueJay
Posts: 1959
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

US Hypocrisy on Foreign Policy Undermines the ‘Rules-Based’ Order it Claims to Defend ❧ Current Affairs

 

US Hypocrisy on Foreign Policy Undermines the ‘Rules-Based’ Order it Claims to Defend

外交政策における米国の偽善が、守ると主張する「ルールに基づく」秩序を損なう

 

US and Western powers’ continued engagement in and support for international war crimes makes the Global South hesitate to rush to judgment in Russia’s war against Ukraine.

米国と西側諸国が国際的な戦争犯罪に関与し、支援し続けていることは、グローバル・サウスがロシアのウクライナに対する戦争に判断を急ぐことを躊躇させる。

By Branko Marcetic 18 January 2023

Something that’s puzzled observers in the West since Russian President Vladimir Putin’s invasion of Ukraine is why other parts of the world don’t seem to view the war with the same urgency. Western countries have rightly been outraged by Moscow’s violation of international law, appalled by its violation of a smaller neighbor’s sovereignty, and disgusted by the destruction and carnage its military has carried out.

So why is it that much of the world, even as it has condemned the war and called for its end, hasn’t joined Western sanctions on Russia, or has even taken what seems like a neutral position on the war—including nations run by left-wing leaders and who have withstood their own episodes of post-colonial meddling?

Part of the explanation lies in realpolitik. The other part has to do with how the conflict looks to those outside the West. 

ロシアのプーチン大統領によるウクライナ侵攻以来、西側諸国のオブザーバーが困惑しているのは、なぜ世界の他の地域がこの戦争を同じ緊急性をもって見ていないように見えるのかということだ。西側諸国は当然、モスクワの国際法違反に憤慨し、より小さな隣国の主権侵害に愕然とし、その軍隊が行った破壊と殺戮に嫌悪感を抱いている。

では、なぜ世界の多くの国々は、戦争を非難し、その終結を求めているにもかかわらず、西側諸国の対ロシア制裁に加わらず、あるいは戦争に対して中立的な立場さえとっていないのだろうか?

その説明の一部は現実政治にある。もうひとつは、この紛争が西側諸国以外の人々にとってどのように映るかに関係している。

In the United States, for instance, where the invasion has gotten more media coverage than almost any war of the past 30 years, it’s not surprising many have come to view it as a singular, unprecedented crime whose outcome will make or break the fragile liberal global order that has existed since World War Two. But to citizens of the Global South, who for years have watched or directly experienced the same crimes and outrages at the hands of Western governments or forces backed by them, the conflict seems like yet another disastrous great power conflict that doesn’t involve them, yet they are forced to endure.

たとえば米国では、過去30年間のどの戦争よりも多くのメディアがこの侵攻を報道してきたため、多くの人々がこの紛争を、第2次世界大戦以来続いてきた脆弱な自由主義的世界秩序を左右する、前代未聞の特異な犯罪とみなすようになったのも無理はない。しかし、長年にわたり、西側諸国政府やその支援を受けた勢力による同様の犯罪や暴挙を目の当たりにし、あるいは直接体験してきた南半球の市民にとっては、この紛争は、自分たちには関係ないにもかかわらず、耐え忍ぶことを余儀なくされている、また別の悲惨な大国間の紛争のように思える。

In the West, calling attention to this history is often cast as a form of “whataboutism” by critics who claim that the discussion is simply meant to excuse Moscow’s wrongdoing—to the point that it has been declared taboo. But this history matters greatly to the world’s citizenry, who might join the Western push to isolate Russia at considerable cost but are less likely to stick their necks out on principle if that principle seems selective and self-serving for the West.

西側諸国では、この歴史に注意を喚起することは、単にモスクワの悪行を弁解するためのものだと主張する批評家たちによって、しばしば「何事か主義」の一形態として投げかけられる。しかし、この歴史は世界の市民にとって非常に重要である。彼らは、多大な犠牲を払ってでもロシアを孤立させようとする西側の動きに加わるかもしれないが、その原則が西側にとって選択的で利己的なものに見えるなら、原則に基づいて首を突っ込むことはあまりないだろう。

A Broken Record

破られた記録

Forget about the well-known record of similar wars and violations that the governments now opposing Russia’s aggression now have racked up. Consider just some of the things Western states have been silent on or even backed during the course of this war alone. 

It was only a month ago that the Joe Biden White House successfully killed an effort to end U.S. support for Saudi Arabia’s brutal war on Yemen, a war that Washington and NATO partners Britain and France have backed for nearly eight years now. Over those eight years, the war has killed at least 377,000 people, including at least 11,000 children killed as a result of direct fighting and, as of 2018, at least 85,000 kids under five have starved to death. 

現在ロシアの侵略に反対している政府が積み上げてきた、よく知られた同様の戦争や違反の記録については忘れてほしい。この戦争の間だけでも、西側諸国が沈黙を守ってきたこと、あるいは支持さえしてきたことのいくつかを考えてみよう。

ジョー・バイデン・ホワイトハウスが、サウジアラビアのイエメンに対する残虐な戦争への米国の支援を打ち切ろうとする動きを見事に阻止したのは、ほんの1カ月前のことだった。この8年間で、この戦争は少なくとも377000人を殺害し、そのうち少なくとも11000人の子どもたちが直接的な戦闘の結果死亡し、2018年現在、少なくとも85000人の5歳未満の子どもたちが餓死している。

This grim figure has been the result of two things. One is the Saudi-led bombing campaign, which, in a version of Russia’s recent bombardment of infrastructure on steroids, has wantonly bombed everything from hospitalsresidential buildings, and communication towers, to bridgesfood production, and water and sanitation infrastructure. The other is a blockade cutting off essentials like food, fuel, and medicine. Together, they’ve produced an explosion in disease and hunger in the country, with millions of children and pregnant women suffering from acute malnutrition, or the “excruciatingly painful” condition of wasting. In stark contrast to U.S. policy in Ukraine, U.S. forces have repeatedly intercepted weapons being sent to Yemen’s Houthis to help fight the Saudis, including as recently as this month. 

この厳しい数字は、2つのことの結果である。ひとつは、サウジアラビア主導の空爆作戦である。この空爆作戦は、ロシアによる最近のインフラ爆撃のステロイド版で、病院、住宅、通信塔から橋、食糧生産、水や衛生のインフラに至るまで、あらゆるものを無差別に爆撃してきた。もうひとつは、食料、燃料、医薬品といった必需品を遮断する封鎖だ。この2つが相まって、同国では病気と飢餓が爆発的に増加し、何百万人もの子どもや妊婦が急性栄養失調、つまり「耐え難いほど苦しい」消耗状態に苦しんでいる。ウクライナにおける米国の政策とは対照的に、米軍はサウジアラビアと戦うためにイエメンのフーシ派に送られる武器を、今月も含めて何度も阻止してきた。

U.S. backing for the war isn’t incidental. By providing maintenance, spare parts, weapons and, at one point, refueling and intelligence and logistical support for Saudi planes, Washington has been directly complicit in war crimes. And numerous experts have said that without U.S. support, the Saudi war effort simply couldn’t keep going―meaning that by ensuring ongoing U.S. backing, the Biden administration is prolonging the war. 

米国の戦争支援は偶発的なものではない。メンテナンス、スペアパーツ、武器、そして一時はサウジ機への給油や情報、後方支援を提供することで、ワシントンは戦争犯罪に直接加担してきた。そして、多くの専門家が、アメリカの支援なしにはサウジの戦争努力は続けられないと言っている。つまり、アメリカの継続的な支援を保証することによって、バイデン政権は戦争を長引かせているのだ。

As ghastly as this is, it may not even be the most glaring contradiction. That would arguably be the U.S. and other Western states’ decades-long and ongoing support for Israel despite its long-standing “flagrant violation” of international law, illegally annexed foreign land, and launching of war after atrocity-filled war on the Palestinian people. More than 6,000 Palestinians have been killed by Israel since its first war on Gaza in 2008, including more than 2,000 children and teenagers since the year 2000, often in one-sided, indiscriminate bombing campaigns. In between wars, the Israeli military regularly violates Palestinian human rights in the most obscene ways, and kills with impunity, with its victims counting at least 45 journalists

これほどひどい矛盾はないだろう。それは間違いなく、長年にわたる国際法の「明白な違反」、不法に併合された外国の土地、パレスチナ人に対する残虐行為に満ちた戦争に次ぐ戦争の開始にもかかわらず、米国をはじめとする西側諸国がイスラエルを数十年にわたって継続的に支援していることだろう。イスラエルは、2008年のガザに対する最初の戦争以来、2000年以降、2,000人以上の子どもやティーンエイジャーを含む6,000人以上のパレスチナ人を殺害してきた。戦争の合間にも、イスラエル軍は定期的にパレスチナ人の人権を最も猥褻な方法で侵害し、平気で殺害しており、その犠牲者は少なくとも45人のジャーナリストを数える。

Israel has also been annexing in all but name the land meant to be part of a future, separate Palestinian land through the illegal settlements it supports and encourages, and recently transferred administration of the Palestinian West Bank from its military to a civilian agency run by a far right extremist, part of a push to annex that territory for itself — territory it now openly declares it has “an exclusive and inalienable right to.” The United States does nothing about this, other than rewarding Israel with generous military and political support, recently moving to actually deepen its military partnership with Israel’s government, even as it agitates for a war on Iran over a potential nuclear weapon that the Pentagon admits Iran isn’t actually pursuing. The United States, incidentally, reserves the right to attack Iran as a “last resort” to stop it from becoming a nuclear threat, the exact same reasoning Russian officials used to justify attacking Ukraine last year.

イスラエルはまた、自らが支援し奨励する違法入植地を通じて、将来の独立したパレスチナの土地の一部となるはずだった土地を、名目はともかく併合してきた。そして最近、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区の管理権を、軍から極右過激派が運営する民間機関に移譲した。国防総省がイランが実際には追求していないと認めている潜在的な核兵器をめぐってイランとの戦争を煽る一方で、アメリカはイスラエルに惜しみない軍事的・政治的支援を与え、最近ではイスラエル政府との軍事的パートナーシップを実際に深めようとしている。ちなみに米国は、イランが核の脅威になるのを阻止する「最後の手段」としてイランを攻撃する権利を留保している。これは、ロシア当局者が昨年ウクライナ攻撃を正当化するために用いた理由とまったく同じである。

As that example suggests, Israel doesn’t just regularly violate Palestinian sovereignty. Besides Iran, over the past few years, Israel has carried out hundreds of airstrikes in neighboring Syria, all while continuing to treat that country’s Golan Heights as its own annexed land since it took the territory in the Six Day War in 1967. The United States officially recognizes that illegal annexation, a policy launched under Donald Trump that Biden has kept in place. It also engages in violations of its own in that country, whose territory it continues to illegally occupy—from reports of U.S. forces stealing Syrian oil, to bombing its largest dam, which would have killed thousands if not for some emergency repair work by engineers under a hastily called ceasefire.

この例が示すように、イスラエルは定期的にパレスチナの主権を侵害しているだけではない。1967年の6日間戦争でゴラン高原を占領して以来、イスラエルは同国のゴラン高原を自国の併合地として扱い続けている。米国はその違法な併合を公式に認めており、ドナルド・トランプ政権下で始まったこの政策をバイデンは維持している。米軍がシリアの石油を盗んだという報告から、急遽停戦となった技術者による緊急修復作業がなければ数千人が死亡していたであろう最大のダムへの爆撃まで、不法占拠を続ける同国において、米国は独自の違反行為も行っている。

As others have pointed out, all of this makes a mockery of current U.S. and wider Western rhetoric during the Ukraine war about territorial sovereignty, human rights, and international norms and rules, while undermining Western states’ standing to condemn Russia’s own illegal actions. 

他の人々が指摘しているように、このようなことは、領土主権、人権、国際規範やルールについて、ウクライナ戦争中に米国や西側諸国が行ったレトリックを嘲笑するものであり、西側諸国がロシア自身の違法行為を非難する立場を損なうものである。

And this is barely half of it. Biden is also continuing Trump’s recognition of another illegal annexation, this one of Western Sahara by Morocco, making the United States the first and only country to take a step rejected by both the United Nations and International Court of Justice. When NATO ally Turkey recently launched a cross-border bombing campaign in Iraq and Syria as a response to a terrorist attack, U.S. National Security Council coordinator for strategic communications John Kirby only remarked that the Turks “certainly have every right to defend themselves and their citizens.” This isn’t the first time Washington has given the nod to a war crime-filled Turkish incursion in Syria aimed at putting down the centuries-long Kurdish struggle for self-determination, with Trump having thrown the United States’ former Kurdish partners to the Turkish wolves back in 2019.  

そして、これはその半分に過ぎない。バイデンはまた、モロッコによる西サハラ併合という、もうひとつの違法な併合をトランプが認めることを続けている。北大西洋条約機構(NATO)の同盟国であるトルコが最近、テロ攻撃への対応としてイラクとシリアで国境を越えた爆撃作戦を開始したとき、アメリカ国家安全保障会議のジョン・カービー戦略広報調整官は、トルコ人には「自国と自国民を守るあらゆる権利がある」と述べただけだった。何世紀にもわたるクルド人の自決闘争を鎮圧することを目的とした、戦争犯罪に満ちたトルコのシリア侵攻にワシントンが頷いたのは今回が初めてではなく、トランプは2019年に米国のかつてのクルド人パートナーをトルコのオオカミに投げつけた。

And despite a surge in Western media attention during the U.S. withdrawal, there’s hardly a peep about the humanitarian catastrophe that has been unfolding in Afghanistan ever since, one happening in large part because of the Biden administration’s illegal theft of the country’s foreign reserves (not to forget the war was, itself, a case of a Russia-like war of aggression by the United States and allies). This piled a financial crisis on top of a drought, and created a situation where Afghans are selling their organs and even children to avoid starving to death. The latest news is that the fund created to dole these stolen reserves out while bypassing the ruling Taliban hasn’t paid out a nickel to date. Washington’s weaponization of its financial power, besides being illegal, has been similarly devastating to the civilian populations of IranVenezuelaSyria and Cuba

バイデン政権がアフガニスタンの外貨準備を不法に盗み出したことが大きな原因である(この戦争自体が、米国と同盟国によるロシアのような侵略戦争であったことを忘れてはならない)。その結果、旱魃の上に財政危機が重なり、アフガニスタンの人々が餓死を避けるために臓器や子供までも売るような状況が生まれた。最新のニュースでは、支配者であるタリバンを迂回しながら、盗まれた埋蔵金を分配するために作られた基金は、今日まで5セントも支払われていないということだ。ワシントンの金融パワーの武器化は、違法であることに加え、イラン、ベネズエラ、シリア、キューバの市民にも同様に壊滅的な打撃を与えている。

Compounding all this was the Western response to Azerbaijan’s similar invasion of its smaller neighbor, Armenia, on grounds that it was merely claiming territory it views as its own. Since this invasion came seven months into the Ukraine war, few in the West know about that particular skirmish, though it featured everything Western observers have abhorred about the Russian invasion, from a violation of national sovereignty and illegal occupation of territory, to attacks on civilian infrastructure and sickening atrocities perpetrated by the aggressor. 

このような事態をさらに悪化させたのは、アゼルバイジャンが自国の領土だと主張しているだけだという理由で、より小さな隣国であるアルメニアに同様の侵攻を行ったことに対する西側の反応だった。この侵攻は、ウクライナ戦争が始まって7カ月目に行われたため、西側諸国ではこの小競り合いについて知る人はほとんどいない。しかし、この小競り合いには、国家主権の侵害や領土の不法占拠、民間インフラへの攻撃、侵略者によって行われた病的な残虐行為など、西側諸国のオブザーバーがロシアの侵攻について忌み嫌ってきたことがすべて盛り込まれていた。

Rather than impose on Azerbaijani strongman Ilham Aliyev the kind of diplomatic, economic, and military costs that they have on Russia’s Putin, Western states are, instead, rewarding him. With sanctions on Russia making the EU desperate for another energy supplier, the bloc has stuck to its July-inked gas deal with the despotic regime, despite this recent incursion, its long-standing horrendous record of repression and human rights violations, and the blockade it imposed on the contested majority-Armenian region last month, causing alarming food, fuel, and medicine shortages for the people living there.

西側諸国は、ロシアのプーチンに課したような外交的、経済的、軍事的コストをアゼルバイジャンの強権者であるイリハム・アリエフに課すのではなく、むしろ彼に報酬を与えている。ロシアへの制裁により、EUは別のエネルギー供給先を求めて必死になっているにもかかわらず、7月に結ばれたアゼルバイジャンの専制政権とのガス協定に固執している。

So at the very same time the EU has been tapering off its energy imports from Russia in disgust at its leader’s actions, European officials have also been deepening their energy dependence on another authoritarian state that just attacked its neighbor, praised it as a “reliable energy partner,” enriched it in the process, and have given muted responses to news of its atrocities while, absurdly, asking the country to investigate its own crimes. The fact that Azerbaijan has both received copious U.S. military aid while benefiting from impunity for its crimes, and that the country it’s attacking is one of the region’s few democracies, makes the situation all the more absurd.

EUがロシアからのエネルギー輸入を減らしているまさにその時、欧州の政府関係者たちは、隣国を攻撃したばかりの権威主義国家へのエネルギー依存を深めている。アゼルバイジャンが米国の軍事援助を大量に受けながら、その犯罪を免責されているという事実と、攻撃している国がこの地域の数少ない民主主義国家のひとつであるという事実が、この状況をより不条理なものにしている。

Hypocrisy Matters

偽善の問題

Much of this has been outright ignored or simply dismissed in the West, where proponents of Washington-led foreign policy have revived the Cold War-era charge of “Whataboutism”: that Western governments’ hypocrisy and misdeeds don’t matter, and that bringing them up is simply a way to deflect from the misdeeds of their adversaries. 

But these records do matter to people located broadly outside of the West, as we’ve seen in much of the world’s refusal to sign on to Western policies toward Russia. As Sen. Chris Murphy put it on the Senate floor as he spoke about U.S. support for the Saudi-led war on Yemen: “For us to be a participant in any way, shape, or form in a war with this kind of misery, it really shapes the way that people think about us in the region and around the world.”

ワシントンが主導する外交政策の支持者たちは、冷戦時代の 「Whataboutism 」を復活させた。西側諸国の政府の偽善や悪行は問題ではなく、それを持ち出すのは単に敵対国の悪行から目をそらすためだというのだ。

しかし、これらの記録は、西側諸国の外に広く位置する人々にとっては重要なのである。クリス・マーフィー上院議員が上院の議場で、サウジアラビア主導のイエメン戦争への米国の支援について語ったように: 「このような悲惨な戦争に、どのような形であれ参加することは、この地域、そして世界中の人々の私たちに対する考えを形成することになる」。

I think the Global South[’s] preference for the middle ground on the war in Ukraine is best explained by a combination of factors,” former Indian diplomat Shivshankar Menon recently told me. “These include realpolitik calculation, a desire for agency, and an awareness that Western actions over two centuries including this one do not match the rhetoric of principle on Ukraine.”

「元インド外交官のシヴシャンカール・メノンは最近、私にこう語った。「現実的な政治的計算、主体性への欲求、そして今回を含む2世紀にわたる西側の行動が、ウクライナに関する原則のレトリックと一致しないという認識である。

A lot of Latin Americans feel and think that sanctions are applied in a sort of selective, politicized way with a lot of double standards—basically, a tool of the U.S. hegemony rather than a tool of global justice,” former Ecuadorian foreign minister Guillaume Long told Vox, pointing to U.S. measures against Cuba and Venezuela. 

「多くのラテンアメリカ人は、制裁が二重基準で、ある種の選択的で政治的な方法で適用されていると感じているし、そう考えている。基本的には、世界正義の道具というよりは、アメリカの覇権の道具だ」と、エクアドルのギヨーム・ロング元外相は、キューバとベネズエラに対するアメリカの措置を指してVoxに語った。

Writing for MSNBC early in the war, Quincy Institute executive vice president Trita Parsi similarly related that after speaking with diplomats and analysts around the non-Western world, he found that even though they might sympathize with Ukraine, Western demands that they sacrifice for the sake of a “rules-based order” received “an allergic reaction.” 

クインシー・インスティチュートのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるトリタ・パルシも、戦争初期にMSNBCに寄稿した際に、非西洋諸国の外交官やアナリストと話をした結果、たとえウクライナに共感していたとしても、「ルールに基づく秩序」のために犠牲を払えという西側の要求には「アレルギー反応」を示したと述べている。

That order hasn’t been rules-based; instead, it has allowed the U.S. to violate international law with impunity,” he wrote, warning that such messaging came off as tone deaf to nations “that have often experienced the worse sides of the international order.”

「その秩序はルールに基づくものではなく、アメリカが国際法を平気で犯すことを許してきた。 そのようなメッセージは、「国際秩序の悪い面をしばしば経験してきた 」国々には音痴に映ると警告した。

Many in the Middle East “see a glaring double standard” in the West’s response, the Associated Press reported, especially since those resisting U.S. wars of aggression were labeled terrorists and even punished. Similarly, condemning the 2011 Western intervention in Libya for having “destroyed” the country while spreading terrorism, Uganda’s President Yoweri Museveni likewise pointed to the “double standards” of the Western response to Russia’s invasion. As political scientist Nic Cheeseman put it: “It is precisely the West’s willingness to sacrifice democracy and human rights on the altar of national security that helps to explain why many African states do not want to get sucked into the current confrontation.” 

特に、アメリカの侵略戦争に抵抗する人々はテロリストのレッテルを貼られ、処罰さえされている。同様に、ウガンダのヨウェリ・ムセベニ大統領も、2011年の欧米によるリビアへの介入を、テロリズムを蔓延させながら国を「破壊」したとして非難し、ロシアの侵攻に対する欧米の対応の「二重基準」を指摘した。政治学者のニック・チーズマンは言う: 「国家安全保障のために民主主義と人権を犠牲にしようとする西側の姿勢こそが、多くのアフリカ諸国が現在の対立に巻き込まれたくないと考える理由の一助となっている」。

Indeed, the chief executive of the South African Institute of International Affairs, Elizabeth Sidiropoulos, relayed to the Financial Times how discussion of Western hypocrisy was “very much part of the debate” in the country, partly because Western regime change in Libya and its ripple effects throughout the continent “left a very black mark in the way in which South Africa views the West,” explaining why the country “has not come up much more forcefully on the matter of Ukraine.” Writing for Al Jazeera, Kenyan journalist Patrick Gathara similarly outlined how many Africans were frustrated by “the gnashing of teeth over Ukrainian suffering and lionizing their resistance, while pledging unconditional support to invaders like Israel and demonizing the similar resistance of Palestinians.” All of this, he wrote, made joining the West’s response to the invasion “rather less palatable.”

実際、南アフリカ国際問題研究所の最高責任者であるエリザベス・シディロプロスは『フィナンシャル・タイムズ』紙に、リビアにおける西側諸国の政権交代とその大陸全体への波及効果が「南アフリカの西側諸国に対する見方に大きな黒星を残した」こともあり、西側諸国の偽善についての議論が「非常に大きな議論の一部」になっていることを伝えた。アルジャジーラ』に寄稿したケニアのジャーナリスト、パトリック・ガタラも同様に、多くのアフリカ人が「ウクライナの苦しみに歯ぎしりし、彼らの抵抗に喝采を送る一方で、イスラエルのような侵略者には無条件の支持を表明し、パレスチナ人の同様の抵抗を悪者扱いする」ことに不満を抱いていることを説明した。これらのことが、侵略に対する西側の対応に加わることを、「どちらかといえば受け入れがたい 」ものにしている、と彼は書いている。

This is by no means limited to Africa and the Middle East. “The first thing Indonesians point out is the so-called Western hypocrisy in how this conflict is being treated compared to those outside the first world or those caused (or induced by) great powers like the U.S. (e.g., Iraq),” wrote Muhammad Waffaa Kharisma of the Center for Strategic and International Studies, a typically hawkish, Washington-aligned think tank. 

It’s also the case in India, in which frustrated U.S. and European officials have exerted particular pressure to drop its neutral position. Indian press commentary was peppered with references “to the hypocrisy of the west, with everything from the British empire to the Iraq war, cited in evidence,” wrote the Financial Times’ Gideon Rachman, who pointed out that even a domestic critic of the Indian government’s stance on Ukraine nevertheless decried the “intolerable sanctimony of the West.” Former Indian diplomat Anil Trigunayat has charged, with reference to “the history of unjustified interventions by the U.S. and NATO,” that “New Delhi’s position is driven by honest assessment of the checkered history of the perpetrators.”

これは決してアフリカや中東に限ったことではない。「インドネシア人がまず指摘するのは、この紛争が第一世界以外の紛争や、アメリカのような大国が引き起こした(あるいは引き起こした)紛争(イラクなど)と比べてどのように扱われているかという、いわゆる西側の偽善である」と、典型的なタカ派でワシントン寄りのシンクタンクである戦略国際問題研究センターのムハンマド・ワッファー・カリスマは書いている。

これはインドでも同様で、不満を募らせた米欧の高官たちは、中立の立場を崩すよう特別な圧力をかけてきた。フィナンシャル・タイムズ』紙のギデオン・ラックマン記者は、インド国内ではウクライナに対するインド政府の姿勢を批判する人でさえ、「西側の耐え難い神聖さ 」を批判していると指摘した。インドの元外交官アニール・トリグナヤットは、「米国とNATOによる不当介入の歴史」に言及し、「ニューデリーの立場は、加害者たちの波瀾万丈の歴史に対する誠実な評価に基づいている」と非難した。

Such views can even be found in parts of the West. A recent study of social media activity in Southern Mediterranean countries found that a “distinct sense of empathy for the Ukrainian population” among users was “combined with frustration over the inconsistent approach taken by the EU, especially when viewed in light of conflicts in Israel-Palestine, Iraq, Syria, Libya, Yemen, and Afghanistan.” Users reportedly questioned why “Israel was not exposed to similar sanctions or consequences following its violation(s),” among other things.

このような意見は、欧米の一部でさえ見られる。南地中海沿岸諸国のソーシャルメディア活動を最近調査したところ、ユーザーの間で「ウクライナの人々に対する明確な共感」が「特にイスラエル・パレスチナ、イラク、シリア、リビア、イエメン、アフガニスタンにおける紛争に照らして見た場合、EUの一貫性のないアプローチに対する不満」と結びついていることがわかった。ユーザーたちは、とりわけ「イスラエルがその違反の後に同様の制裁や結果にさらされなかった」のはなぜか、と疑問を呈したという。

None of this is to say that a spotless record by the West would by itself have been a game-changer. States have taken the positions they’ve taken for a variety of reasons, from historical friendship with Russia, to the country’s status as a major exporter of arms and commodities, to self-interested geopolitical maneuvering. But it’s not hard to see how the history, both distant and very recent, of violations of the “rules” by the same Western powers now invoking the rules has left many less powerful states cynical and uninvested in the liberal international order.

いずれも、西側諸国が無傷の記録を残したからといって、それだけで状況が一変したとは言えない。ロシアとの歴史的な友好関係、武器や商品の主要輸出国としての地位、利己的な地政学的策略など、さまざまな理由から各国はこのような立場をとってきた。しかし、遠い歴史もごく最近の歴史も、現在ルールを発動している同じ西側諸国による「ルール」違反の歴史が、多くの力の弱い国家を冷笑し、リベラルな国際秩序に無関心にさせていることは想像に難くない。

Be Careful What You Handwave Away

手を振り払うものには気をつけよう

For anyone who genuinely believes in the importance of the liberal international order, there’s a real, tangible cost to the long, ignominious record of Western wars and hypocrisy.

リベラルな国際秩序の重要性を純粋に信じる者にとって、西側の戦争と偽善の長く不名誉な記録には、現実的で目に見える代償がある。

There’s another significance to this, too. The war in Ukraine and NATO involvement in it is continuing to escalate, bringing the world ever closer to catastrophe, partly thanks to the war’s portrayal as not only an unprecedented violation of norms and international law, but an existential battle for the survival of democracy and the entire liberal global order. It’s on this very basis that two leading U.S. national security luminaries (and high-profile architects of Washington’s own attacks on that order) recently called for a “dramatic” and risky escalation of NATO military support in the war. Yet as we’ve seen, Russia’s war, heinous as it is, is sadly neither new nor a make-or-break moment for the liberal order, given that Western states are, as we speak, tacitly and even explicitly backing the same crimes and violations when they’re being carried out by other, more friendly governments. 

これには別の意味もある。ウクライナ戦争とNATOの関与はエスカレートし続け、世界を破局に近づけている。この戦争が、規範と国際法に対する前例のない違反であるだけでなく、民主主義とリベラルな世界秩序全体の存亡をかけた戦いであるかのように描かれているおかげでもある。アメリカの国家安全保障をリードする2人の著名人(そしてこの秩序に対するワシントンの攻撃の立役者として有名な)が最近、この戦争におけるNATOの軍事支援を「劇的」で危険なまでにエスカレートさせることを求めたのは、まさにこの根拠に基づいている。しかし、これまで見てきたように、ロシアの戦争は、それが凶悪であるとしても、悲しいかな、新しいものでもなければ、自由主義秩序を揺るがす瞬間でもない。

Simply waving away these contradictions as irrelevant or Kremlin propaganda may be tempting, but we in the West do it at our own peril. It not only makes disastrous escalation in this current war more likely, but makes it harder to align our behavior with our professed values in a way that would encourage others to invest in the international law and liberal global order that we aspire to live in and we want to defend—one that, for all its faults, is vastly preferable to the more destructive, war-filled history of earlier eras. When wars of aggression and other crimes against international law are perpetrated, unanimous global opposition would go a long way toward stopping and deterring them. 

このような矛盾を、無関係だとかクレムリンのプロパガンダだとか言って振り払うのは魅力的かもしれないが、私たち西側諸国は自らの危険を顧みず、このようなことをしているのだ。それは、現在の戦争における悲惨なエスカレーションの可能性を高めるだけでなく、私たちの行動を公言する価値観と一致させることを難しくする。それは、私たちが生きることを熱望し、守りたい国際法とリベラルな世界秩序に他者が投資することを促すような方法である。侵略戦争やその他の国際法に対する犯罪が行われるとき、世界的な一致した反対運動があれば、それを阻止し、抑止することができるだろう。

But if we in the West refuse to scrutinize our own conduct or hold ourselves to the principles we espouse, and instead insist on engaging in the behavior we condemn in others, we run the risk of encouraging other powerful states to do the same, and of the tenuous system of international law reverting back to the law of the jungle.

しかし、もし私たち西側諸国が自分たちの行動を精査したり、自分たちが信奉する原則に従ったりすることを拒否し、その代わりに他国を非難するような行動をとろうとするならば、他の強力な国家にも同じことをするよう促し、国際法という脆弱なシステムが弱肉強食に逆戻りする危険性がある。

****************************************

It is very clear to me that the US-UK is incapable of human emotions such as empathy or sympathy because they have always had the “get out of jail free cards”. I just hope the Japanese residing in Japan can see where they are in their history so that they will know what to do about it.

アメリカやイギリスが、他国に対して共感や同情及び思いやりといった人間的な感情を持てないのは、常に「無料で牢屋から出られるカード」(罪の代償)を持っているからだと思います。日本の方々には、歴史の中で日本がどのような立場現在置かれているのか、どうすれば日本を良くする事が出来るのかを知ってほしいと思います。

If Do unto others as you would have them done on to you” is the Universal truth, the World knows how to return what they have done to all the nations.

もし 「自分がしてもらいたいように、人にもしてあげなさい 」が普遍的な真理であるならば、世界は、彼らがすべての国に対してしてきたことが、同じように彼らの身に降りかかって来ることでしょう。

Reply
BlueJay
Posts: 1959
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

English Caption in the YouTube videos works!

 

世界中、80億人に見てもらいたい A委員会の全貌|林千勝 (youtube.com) [13:01 minute video]

世界中、80億人に見てもらいたい A委員会の全貌|林千勝

The whole A Committee (WHO) should be seen by 8 billion people around the worldChikatsu Hayashi

IHR59条改定の決議 A委員会のルール無視・隠蔽三人衆|林千勝 (youtube.com) [15:56 minute video]

IHR59条改定の決議 A委員会のルール無視・隠蔽三人衆|林千勝

Resolution on Revision of Article 59 of the IHR: Ignorance of Rules and Concealment of Committee A. The Three Ignorance and Concealment of RulesChikatsu Hayashi

 

First steps in reforming global health emergency rules adopted at WHO meeting | Reuters

First steps in reforming global health emergency rules adopted at WHO meeting

WHO会合で採択された世界保健緊急規則改革の第一歩

May 28, 20222:11 PM CDT

GENEVA, May 28 (Reuters) - Countries around the world on Saturday adopted an initial U.S.-led reform of the rules around disease outbreaks, known as the International Health Regulations (IHR), the United States said.

The amendments, adopted at the World Health Organization (WHO) assembly, were agreed at a meeting seen as a once-in-a-generation chance for the U.N. health agency to strengthen its role after some 15 million deaths during the COVID-19 pandemic.

The breakthrough - amendments to Article 59 of the IHR that will speed up the implementation of reforms - came after early opposition from Africa and others was overcome this week. read more

The changes sought by Washington, and backed by others such as Japan and the European Union, mark a first step in a broader reform of the IHR, which set out countries' legal obligations around disease outbreaks, expected to take up to two years.

ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界各国は土曜日、国際保健規則(IHR)として知られる疾病発生に関する規則の最初の改革案を、米国主導で採択した。

世界保健機関(WHO)の総会で採択されたこの改正案は、COVID-19の大流行で約1500万人が死亡した後、国連保健機関がその役割を強化するための一世一代のチャンスとみなされた会議で合意された。

IHR59条を改正し、改革の実施を早めるという画期的なものである。

ワシントンが求め、日本や欧州連合(EU)などの他の国も支持するこの変更は、疾病発生に関する各国の法的義務を定めたIHRの広範な改革の第一歩であり、最長で2年かかると予想される。

Sheba Crocker, U.S. ambassador to the United Nations in Geneva, hailed as "a significant achievement" the initial amendments and an agreement on establishing a working group to consider targeted, substantive amendments.

"An updated, modernized IHR will help all countries and will ensure we have the information, resources, capacity, and transparency needed to address future global health crises," she said in a statement.

シェバ・クロッカー駐ジュネーブ国際連合米国大使は、最初の修正案と、的を絞った実質的な修正案を検討する作業部会の設置で合意したことを「重要な成果」と評価した。

「更新され、近代化されたIHRは、すべての国の助けとなり、将来の世界的な保健危機に対処するために必要な情報、資源、能力、透明性を確保することになるでしょう」と、彼女は声明で述べた。

Reply
BlueJay
Posts: 1959
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Image result for WHO Logo. Size: 246 x 250. Source: logos-download.com

Reply
1 Reply
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 1959

Do you see the snake in the WHO logo? It means they serve the evil masters.

WHOのロゴに蛇がいるのがわかるだろうか?それは彼らが邪悪な主人に仕えていることを意味している。

Reply
BlueJay
Posts: 1959
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Trump’s Secret Plan to End Currency Wars - The Daily Reckoning

By Jim Rickards

May 14, 2024

Trump’s Secret Plan to End Currency Wars

There has been a lot reported in recent days about the return of currency wars. This story arises in the context of a likely Trump election victory in the November presidential elections.

Trump badly bungled his transition after first being elected president in 2016. He wasn’t ready with a long list of loyal appointees.

Many of his senior appointments such as Rex Tillerson as secretary of state, James Mattis as secretary of defense and John Kelly as chief of staff secretly disliked Trump but accepted their roles as so-called “adult supervision” around the supposedly reckless Trump.

They thwarted his agenda. That backstabbing came on top of the large number of Obama holdovers in the deep state who saw themselves as a “resistance” movement.

Trump is doing a better job of preparing for a second term as president, but the resistance isn’t sitting still either. They’re moving to disable a new Trump administration even before the election.

The currency wars stories are part of that effort.

通貨戦争を終わらせるトランプの秘策

ここ数日、通貨戦争の復活について多くの報道がなされている。この話は、11月の大統領選挙でトランプ氏が勝利する可能性が高いという背景から生じている。

トランプは2016年に大統領に初当選した後、政権移行をひどく失敗した。彼は忠実な任命者の長いリストを準備していなかった。

国務長官のレックス・ティラーソン、国防長官のジェームズ・マティス、首席補佐官のジョン・ケリーなど、彼の上級任命者の多くは密かにトランプを嫌っていたが、無謀とされるトランプの周囲でいわゆる「大人の監督」の役割を引き受けた。

彼らは彼のアジェンダを妨害した。その裏切り行為は、自分たちを「レジスタンス」運動とみなすディープ・ステートの中にいる多数のオバマの残留者の上に成り立っていた。

トランプは2期目の大統領就任に備え、より良い仕事をしているが、レジスタンスもじっとしていない。彼らは選挙前からトランプ新政権を無力化するために動いている。

通貨戦争もその一環である。

Trump Wants to Devalue the Dollar

As reported by The Washington PostPolitico, The Wall Street Journal, Yahoo Finance and other outlets, Trump’s working on a secret plan to devalue the U.S. dollar. The goal would be to cheapen U.S. exports and thereby help the U.S. balance of trade and create exported-related jobs.

But the critics say this will only increase U.S. inflation as Americans have to pay more for their imported goods using cheaper dollars. The critics also say that other countries will retaliate against the U.S. by cheapening their own currencies (that’s the essence of a currency war) and no country will be any further ahead.

In fact, the entire world will be worse off.

Before looking more closely at what’s actually going on, some basics about a currency war should be explained. The first rule is that the world is not always in a currency war.

The periods from 1944–1971 (the original Bretton Woods era) and 1987–2010 (the period of the Washington Consensus) were times of currency peace. This contrasts with 1921–1936 (Currency War I), 1967–1987 (Currency War II) and the current period since 2010 (Currency War III).

The second rule is that currency wars can last for 15 years or longer. It comes as no surprise that the currency war that commenced in 2010 is still going strong 14 years later in 2024. And that points to another key aspect of this debate.

The currency war being written about today by the media is not a new currency war. It’s the same one that has been going on since 2010. We’re simply in a new phase or a new battle.

トランプはドルの切り下げを望んでいる

ワシントン・ポスト』紙、『ポリティコ』紙、『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙、『ヤフー・ファイナンス』などが報じているように、トランプ大統領は米ドルを切り下げる極秘計画に取り組んでいる。その目的は、米国の輸出を安くして貿易収支を改善し、輸出関連の雇用を創出することだ。

しかし批評家たちは、アメリカ人が安いドルを使って輸入品により多くの代金を支払わなければならないため、これはアメリカのインフレを高めるだけだと言う。また、他の国々は自国の通貨を安くすることで米国に報復し(これが通貨戦争の本質だ)、どの国もそれ以上先には進めなくなると批判する。

実際、世界全体が悪くなる。

実際に何が起こっているのかを詳しく見る前に、通貨戦争についての基本的なことを説明しておく必要がある。第一の法則は、世界は常に通貨戦争状態にあるわけではないということだ。

19441971年(ブレトンウッズ時代)と19872010年(ワシントン・コンセンサス時代)は通貨平和の時代だった。19211936年(第一次通貨戦争)、19671987年(第二次通貨戦争)、そして2010年以降の現在(第三次通貨戦争)とは対照的である。

第二の法則は、通貨戦争は15年以上続く可能性があるということである。2010年に始まった通貨戦争が、14年後の2024年になっても続いていることは驚くべきことではない。そしてそれは、この議論のもうひとつの重要な側面を示している。

今日、メディアが書いている通貨戦争は、新しい通貨戦争ではない。2010年から続いているものと同じだ。新たな局面、新たな戦いが始まっただけだ。

Retaliation Is Inevitable

It is true that cheapening your currency can import inflation. Sometimes that’s a legitimate policy goal if your country has been suffering from excessive deflation (gradual, moderate consumer price deflation caused by greater market efficiency and competition is economically beneficial).

That’s obviously not the case in the U.S. today.

It’s also true that cheapening your currency can export deflation as trading partners pay less for your goods. That’s what China was doing to the entire world from 1994–2010 and that’s why the U.S. launched a currency war in 2010 — to fight back against disinflation and borderline deflation caused by cheap Chinese goods.

Currency wars can also shift jobs overseas and destroy domestic manufacturing as the terms of trade shift based on changing currency values. Retaliation is always waiting right around the corner in any currency war. The U.S. dollar hit an all-time low in August 2011, which was consistent with the U.S. goal of trying to import inflation.

But Europe struck back, and the EUR/USD cross-rate crashed from $1.60 to $1.04 as a result. So it is correct that no one wins a currency war, and everyone is damaged in the process due to volatility, uncertainty and the costs of conducting the war.

報復は避けられない

通貨を安くすればインフレになるのは事実だ。自国が過度なデフレに苦しんでいる場合、それが正当な政策目標になることもある(市場の効率化と競争の激化によって引き起こされる緩やかで適度な消費者物価のデフレは、経済的に有益である)。

現在の米国は明らかにそうではない。

自国通貨を安くすることで、貿易相手国が商品を安く買うようになり、デフレを輸出する可能性があることも事実だ。1994年から2010年にかけて中国が全世界に対して行っていたことであり、2010年に米国が通貨戦争を始めた理由でもある。

通貨戦争はまた、通貨価値の変化に基づいて貿易条件が変化するため、雇用を海外にシフトさせ、国内の製造業を破壊する可能性がある。通貨戦争には報復がつきものだ。米ドルは20118月に史上最安値を記録したが、これはインフレを輸入しようとする米国の目標と一致していた。

しかし欧州の逆襲を受け、EUR/USDクロスレートは1.60ドルから1.04ドルに暴落した。つまり、通貨戦争には誰も勝てず、ボラティリティ、不確実性、戦争遂行コストにより、誰もが損害を被るというのが正しい。

Trump’s Plan: Currency Peace

So are the critics right that Trump has a secret plan to devalue the dollar? And are they right that this new stage in the currency war will bring inflation and hurt the U.S. economy?

The critics are wrong and don’t understand what Trump’s actually trying to do. Trump isn’t trying to start a currency war; he’s trying to end it once and for all.

In the first place, no president has the power to unilaterally devalue the dollar. That might have been possible under the gold standard or some standard of fixed exchange rates, but that hasn’t been the state of the world since 1973.

Exchange rates fluctuate based on a number of factors including interest rates, industrial growth, exchange controls, central bank interventions, capital flows, tax rates and many other macroeconomic variables. But the idea that the president can just wave his hand and devalue the dollar is false.

Far from the reckless, inflationary process the media claim, Trump’s actual plan is based on the highly successful model developed by James Baker for Ronald Reagan and implemented in the Plaza Accord of 1985 and the Louvre Accord of 1987.

トランプの計画 通貨の平和

では、トランプ大統領がドルの切り下げを密かに計画しているという批判は正しいのだろうか?そして、この通貨戦争の新たな段階がインフレをもたらし、米国経済に打撃を与えるというのは正しいのだろうか?

批評家たちは間違っており、トランプ大統領が実際にやろうとしていることを理解していない。トランプは通貨戦争を始めようとしているのではなく、これをきっぱりと終わらせようとしているのだ。

そもそも、大統領にドルを一方的に切り下げる権限はない。金本位制や固定相場制であれば可能だったかもしれないが、1973年以降の世界情勢はそうなっていない。

為替レートは、金利、産業成長、為替管理、中央銀行の介入、資本移動、税率、その他多くのマクロ経済変数など、多くの要因に基づいて変動する。しかし、大統領が手を振ればドルを切り下げられるという考えは誤りだ。

メディアが主張するような無謀でインフレ的なプロセスとはほど遠く、トランプ大統領の実際の計画は、ジェームズ・ベーカーがロナルド・レーガンのために開発し、1985年のプラザ合意と1987年のルーブル合意で実施された非常に成功したモデルに基づいている。

Currency Peace Leads to Prosperity

After the severe economic recession of 1982 and Paul Volcker’s policy of moving interest rates to 20%, inflation in the U.S. was finally reigned in. Inflation dropped from 13.5% in 1980 to 6.1% in 1982 and then 3.2% in 1983.

Investment in the U.S. went on a tear. U.S. real growth was 16% from 1983–1986. Everyone wanted dollars to invest in the U.S. and the dollar boomed reaching an all-time high in 1985.

Finally, the Reagan administration decided the U.S. dollar was too strong and was hurting U.S. exports and jobs. Treasury Secretary James Baker convened a meeting of the finance ministers of France, Germany, Japan, the U.K. and the U.S. at the Plaza Hotel in New York City.

The purpose was not to fight a currency war. The purpose was to create order in currency markets out of the chaos that had prevailed since 1973.

The parties reached a joint agreement that would devalue the U.S. dollar in an orderly fashion versus the French franc, Japanese yen, U.K. pounds sterling and the German Deutsche Mark.

Once the targeted level for the dollar was achieved, the parties would use their best efforts including market intervention as needed to maintain those levels within narrow bands.

A separate meeting in Paris at the Louvre in 1987 agreed that the devaluation phase was over and the dollar would be maintained at the new parities. This was not currency war; it was currency peace achieved by agreement and implemented in a cooperative fashion.

通貨の平和が繁栄をもたらす

1982年の深刻な景気後退とポール・ボルカーによる金利20%への移行政策の後、米国のインフレはようやく抑制された。インフレ率は1980年の13.5%から1982年には6.1%1983年には3.2%まで低下した。

米国の投資は絶好調だった。1983年から1986年にかけて、米国の実質成長率は16%に達した。誰もが対米投資のためにドルを欲しがり、ドルは1985年に史上最高値を記録した。

ついにレーガン政権は、米ドルが強すぎて米国の輸出と雇用に打撃を与えていると判断した。ベーカー財務長官は、フランス、ドイツ、日本、イギリス、アメリカの財務大臣会議をニューヨークのプラザホテルで開催した。

目的は通貨戦争ではなかった。1973年以来続いていた通貨市場の混乱から秩序を作り出すためだった。

米ドルをフランス・フラン、日本円、イギリス・ポンド、ドイツ・マルクに対して整然と切り下げるという共同合意に達した。

ドルの目標水準が達成された後は、その水準を狭いバンド内で維持するために、必要に応じて市場介入を含む最善の努力を払うことになる。

1987年にパリのルーブル美術館で開かれた別の会合では、切り下げ局面は終わり、ドルは新しい平価で維持されることに合意した。これは通貨戦争ではなく、合意によって達成された通貨の平和であり、協力的な方法で実施された。

Plaza Accord II

The Louvre Accord (this time including the U.S., the U.K., France, Germany, Japan and Canada) ushered in a period of global prosperity that lasted 20 years until the Global Financial Crisis of 2008.

Trump’s goal is to repeat the success of the Plaza and Louvre accords. Trump’s adviser on this is Robert Lighthizer, who is one of the most brilliant financial minds around and was Trump’s U.S. trade representative (2017–2021).

Lighthizer was also USTR for Ronald Reagan from 1983–1985 so he’s a veteran of prior currency wars and was in the administration around the time the Plaza Accord was being developed. Lighthizer is the perfect individual to help Trump achieve the kind of success that Reagan and Baker had in the 1980s.

The media are trying to portray Trump as reckless when he’s proposing something highly beneficial for U.S. jobs and U.S. industry. Don’t be fooled by false claims of new currency wars.

Trump’s plan could actually achieve a new era of currency stability and lasting prosperity.

プラザ合意 II

ルーブル合意(この時は米国、英国、フランス、ドイツ、日本、カナダを含む)は、2008年の世界金融危機まで20年間続いた世界的繁栄の時代の幕開けとなった。

トランプの目標は、プラザ合意とルーブル合意の成功を繰り返すことだ。これに関するトランプのアドバイザーはロバート・ライトハイザーで、彼は最も優れた金融マインドの持ち主の一人であり、トランプの米通商代表(2017-2021年)を務めていた。

ライトハイザーは1983年から1985年までロナルド・レーガンの通商代表(USTR)でもあったので、過去の通貨戦争のベテランであり、プラザ合意が策定された頃に政権にいた。ライトハイザーは、1980年代にレーガンやベイカーが成し遂げたような成功をトランプにもたらすのに最適な人物である。

メディアは、トランプ大統領が米国の雇用と産業にとって非常に有益なことを提案しているにもかかわらず、無謀であるかのように描こうとしている。新たな通貨戦争のデマに騙されてはいけない。

トランプ大統領の計画は、実際に通貨の安定と永続的な繁栄の新時代を実現する可能性がある。

Reply
Page 367 / 376
Share: