Operation Z - versu...
 
Notifications
Clear all

Operation Z - versus - Empire of Lies

3,123 Posts
8 Users
64 Reactions
81.2 K Views
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Restrictions on Moscow Exchange and banks, fate of the ruble: Key takeaways from new US sanctions — RT Russia & Former Soviet Union

13 Jun, 2024 00:18

Restrictions on Moscow Exchange and banks, fate of the ruble: Key takeaways from new US sanctions

モスクワ取引所と銀行への制限、ルーブルの運命: 米国の新たな制裁措置の要点

Washington has unveiled a major new set of measures targeting Russia’s financial sector and currency market

The US government announced a new wave of sanctions against Russia on Wednesday, targeting the energy, metals and mining industries, as well as some of the nation’s major lenders and the Moscow Stock Exchange.

アメリカ政府は水曜日、ロシアに対する新たな制裁措置を発表した。対象はエネルギー、金属、鉱業、そしてロシア国内の主要金融機関やモスクワ証券取引所である。

The latest round of restrictions appears to be one of the biggest since the start of the Ukraine conflict in February 2022.

今回の制裁は、20222月にウクライナ紛争が始まって以来、最大規模のものとなるようだ。

According to the US Department of the Treasury, the measures will impact more than $100 million in trade between Russia and its foreign partners, and affect companies and individuals in China, Türkiye, Kyrgyzstan and other nations of Central Asia, the Middle East, and the Caribbean. RT breaks down the immediate effects and potential consequences, as well as Moscow’s reaction.

米財務省によると、この措置はロシアとその海外パートナーとの間の1億ドル以上の貿易に影響を与え、中国、トルコ、キルギス、その他中央アジア、中東、カリブ海諸国の企業や個人に影響を与えるという。RTでは、モスクワの反応とともに、直接的な影響と潜在的な影響について解説する。

Moscow Exchange in the Crosshairs 

十字線上のモスクワ取引所

Washington has blacklisted some 300 additional individuals and entities in Russia and beyond, accusing them of having links to Moscow’s “war economy.” The measures are focused on Russia’s ability to procure military-related materials and “critical supplies” from third countries, Treasury Secretary Janet Yellen said.

American citizens have been prohibited from providing IT services to anyone in Russia. The US Treasury added two major Russian banks – Sberbank and VTB – to the blacklist, which makes other financial institutions dealing with them potential targets of secondary sanctions. In addition, the National Clearing Center and the National Settlement Depository of the Moscow Stock Exchange (MOEX) have also been blacklisted. 

ワシントンは、モスクワの "戦争経済 "と関係があるとして、ロシア内外の約300の個人と団体をブラックリストに追加した。ジャネット・イエレン財務長官は、この措置はロシアが第三国から軍事関連物資や「重要物資」を調達する能力に焦点を当てていると述べた。

アメリカ国民は、ロシア国内の誰に対してもITサービスを提供することを禁じられている。米国財務省は、ロシアの大手銀行2行(スベルバンクとVTB)をブラックリストに加えた。さらに、モスクワ証券取引所(MOEX)の国立清算センターと国立決済預託機関もブラックリストに掲載された。

Dollar and euro trading halted 

ドル・ユーロ取引停止

The Moscow Stock Exchange announced the suspension of trade in US dollars and euros on Wednesday. The suspension affects foreign and precious metals trade, as well as stock and currency trading on Russia’s largest public markets, MOEX said in a statement. The order is due to take effect on Thursday. 

モスクワ証券取引所は水曜日、米ドルとユーロの取引停止を発表した。MOEXは声明で、この停止は外国と貴金属の取引、ロシア最大の公開市場での株式と通貨取引に影響すると述べた。この命令は木曜日に発効する予定である。

In the meantime, all other financial instruments remain operational, MOEX said.

それまでの間、他のすべての金融商品は引き続き利用可能である、とMOEXは述べた。

Russia’s top banks respond

ロシアのトップ銀行が対応

Russia’s Central Bank said in a statement on Wednesday that trading in dollars and euros would continue “on the over-the-counter market.” Individuals and companies will be able to purchase and sell both currencies at Russian banks. All bank deposits made in dollars and euros will remain secure, the financial regulator stated. 

ロシア中央銀行は水曜日の声明で、ドルとユーロの取引は「店頭市場」で継続すると述べた。個人や企業はロシアの銀行で両通貨を売買できる。金融規制当局は、ドルとユーロで行われたすべての銀行預金は安全なままであると述べた。

The Bank of Russia said it will use “bank records and information from digital over-the-counter trading platforms” to establish exchange rates for dollars and euros in the future. 

ロシア中銀は、「銀行の記録とデジタル店頭取引プラットフォームからの情報」を利用して、将来的にドルとユーロの為替レートを決定すると述べた。

Sberbank and VTB stated that the new restrictions would not impact their day-to-day operations in Russia and abroad. Both lenders confirmed that operations with the currency continue to be available at their offices. 

スベルバンクとVTBは、新たな規制がロシア国内外の日常業務に影響を与えることはないと述べた。両金融機関とも、両通貨の取り扱いは引き続き可能であることを確認した。

What about the ruble?

ルーブルはどうなるのか?

The new restrictions will likely strengthen the Russian currency, several financial analysts told the business news outlet RBK on Wednesday. The growing uncertainty will reduce speculative trade and lead to a more favorable ruble-to-dollar exchange rate, they said. “There is nothing at the moment that could definitively point towards a weakening of the ruble,” Sofya Donets, a lead economist at T-Investitsii, told the publication. 

新たな規制によってロシア通貨は強含むだろうと、複数の金融アナリストが水曜日のビジネスニュースRBKに語った。不確実性が高まることで、投機的な取引が減り、ルーブル対ドルの為替レートはより有利になるだろうという。T-Investitsiiの主席エコノミスト、ソフヤ・ドネツ氏は、「ルーブル安を決定的に指し示すものは今のところ何もない」と同誌に語った。

Alex Isakov, an economist at Bloomberg, told the BBC that he expects “a structural increase of the ruble’s volatility” and a weaker ruble in the future. However, a deficit of foreign currency in Russia is unlikely, he said. “The main effect will not be a currency deficit, but rather that exporters and importers will see a rise in the operational expenses from their transactions, such as the cost of operations with currency, money transfers, and so on,” Isakov said. 

ブルームバーグのエコノミスト、アレックス・イサコフ氏はBBCに対し、「ルーブルのボラティリティが構造的に上昇」し、将来的にはルーブル安になると予想している。しかし、ロシア国内で外貨が不足する可能性は低いという。「主な影響は通貨赤字ではなく、輸出業者や輸入業者が、通貨を使った業務や送金のコストなど、取引にかかる業務経費が増加することだろう」とイサコフ氏は語った。

Moscow vows to retaliate 

報復を誓うモスクワ

Russia “will not leave the aggressive actions of the US unanswered,” Foreign Ministry’s spokeswoman Maria Zakharova said in a statement, without elaborating.  

外務省のマリア・ザハロワ報道官は声明で、「米国の攻撃的な行動を放置するつもりはない」と述べた。

Some members of the State Duma have suggested that additional foreign restrictions could incentivize making Russia’s economy more resilient and competitive. “We are actively developing domestic industries and innovations, which contribute to the modernization of our economy,” member of parliament Dmitry Belik told Ria Novosti on Wednesday. He argued that Russia has developed “an immunity” to sanctions over the years. 

国家議会の一部の議員は、外国からの追加的な規制がロシア経済をより弾力的で競争力のあるものにするきっかけになる可能性を示唆している。「我々は、経済の近代化に貢献する国内産業とイノベーションを積極的に発展させている」と、ドミトリー・ベリク議員は水曜日にリア・ノーボスチ紙に語った。彼は、ロシアは長年にわたって制裁に対する「免疫力」を培ってきたと主張した。

State Duma Speaker Vyacheslav Volodin also argued that Moscow has learned to counter Western sanctions. “Despite the statement from Washington and Brussels, saying that they will tear apart the Russian economy, the country is [successfully] developing,” he wrote on Telegram, noting that Russia’s GDP grew by 3.6% in 2023 and has increased by 5.4% since the beginning of 2024.

ヴャチェスラフ・ヴォロディン下院議長もまた、モスクワは欧米の制裁に対抗する術を身につけたと主張した。「ワシントンとブリュッセルがロシア経済を引き裂くと言っているにもかかわらず、ロシアは(成功裏に)発展している」と彼はテレグラムに書き、ロシアのGDP2023年に3.6%増加し、2024年に入ってからは5.4%増加していると指摘した。

The State Duma’s deputy speaker, economist Mikhail Delyagin, told news website Lenta.ru that the Moscow Exchange’s regulations could be revised in order to tackle the sanctions. “The trade can also be moved to a different platform,” he said. 

国家議会の副議長でエコノミストのミハイル・デリャーギンは、ニュースサイトLenta.ruに対し、制裁に対処するためにモスクワ取引所の規制を改定する可能性があると述べた。「取引は別のプラットフォームに移すこともできる。

UK sanctions Moscow Exchange, NSD, NCC, St. Petersburg Exchange, Ingosstrakh - World - TASS

13 JUN, 09:09

UK sanctions Moscow Exchange, NSD, NCC, St. Petersburg Exchange, Ingosstrakh

英国がモスクワ取引所、NSDNCC、サンクトペテルブルク取引所、インゴスストラフを制裁

The updated sanctions list for Russia, posted on the website of the country’s Foreign Office, includes 42 new legal entities and individuals

ロシア外務省のウェブサイトに掲載された最新の対ロ制裁リストには、新たに42の法人と個人が含まれている。

LONDON, June 13. /TASS/. The United Kingdom sided with sanctions introduced earlier by the US and added the Moscow Exchange, the National Settlement Depository (NSD), and the National Clearing Center (NCC) into its restriction list.

ロンドン、613日。/英国は米国が先に導入した制裁措置に同調し、モスクワ取引所、国家決済預託機関(NSD)、国家清算センター(NCC)を制限リストに加えた。

London also added St. Petersburg Exchange and the insurance company Ingosstrakh to its blacklist. The updated sanctions list for Russia, posted on the website of the country’s Foreign Office, includes 42 new legal entities and individuals.

ロンドンはまた、サンクトペテルブルク取引所と保険会社インゴスストラフをブラックリストに加えた。ロシア外務省のウェブサイトに掲載された最新の対ロシア制裁リストには、新たに42の法人と個人が含まれている。

The list comprises the Volga-Dnepr cargo airline, the Moscow Radio Engineering Plant, The Russian Central Scientific Research Automobile and Automotive Engine Institute (NAMI), VNIIR-Progress JSC, Murmansk LNG, the Kazan State and Tambov Gunpowder Plants, the Arsenal Engineering Plant, Orsk mechanical plant, Novatek Murmansk company, Modern Marine Arctic LNG Transport, enterprise for the production of chemical products FKP Kemensky combine, LLC Innovation Hub, companies Sonatek and Bina Group, as well as Arkhangelsk-based ECO Shipping, operator of the project for the construction of a gas processing and liquefaction complex in Ust-Luga RusChemAlliance and Rusatom Arctic, a subsidiary of Rosatom.

このリストには、ヴォルガ・ドニエプル貨物航空会社、モスクワ無線技術工場、ロシア中央科学研究自動車・自動車エンジン研究所(NAMI)、VNIIR-Progress JSC、ムルマンスクLNG、カザン国立火薬工場とタンボフ火薬工場、アーセナル技術工場、オルスク機械工場、ノバテック・ムルマンスク社が含まれている、 現代海洋北極LNG輸送、化学製品生産企業FKPケメンスキー・コンバイン、LLCイノベーション・ハブ、ソナテック社、ビナ・グループ、アルハンゲリスクに本社を置くECOシッピング社、ウスチ・ルーガのガス処理・液化複合施設建設プロジェクトのオペレーターであるRusChemAlliance社、ロスアトムの子会社であるRusatom Arctic社。

All company assets in the United Kingdom are subject to freezing, and it is prohibited to conduct business with them.

英国にあるすべての企業資産は凍結の対象となり、それらとの取引は禁止されている。

The individuals included on the sanctions list are: Yury Denisov, head of the Moscow Exchange, Avet Mirakyan, founder of the Insight investment group, Denis Frolov, owner of the Astra Group software developer, Yakub Zakriyev, general director of Danone Russia JSC, Armen Sarkisyan, owner of the S8 Capital holding, Ivan Tavrin, owner of KEX eCommerce LLC, Mark Blatt, citizen of Latvia and Israel. The latter is listed as the owner of an unnamed company of "strategic importance" for the Russian government. All of these persons are prohibited from entering the territory of the United Kingdom, their assets in the country, if found, are subject to freezing.

制裁リストに含まれる人物は以下の通り: ユーリー・デニソフ(モスクワ取引所代表)、アヴェット・ミラヤン(インサイト投資グループ創設者)、デニス・フロロフ(アストラ・グループ・ソフトウェア開発会社オーナー)、ヤクブ・ザクリエフ(ダノン・ロシアJSCジェネラル・ディレクター)、アルメン・サルキシャン(S8キャピタル・ホールディング・オーナー)、イヴァン・タブリン(KEX eコマースLLCオーナー)、マーク・ブラット(ラトビア・イスラエル市民)。後者はロシア政府にとって「戦略的に重要」な無名企業のオーナーとしてリストアップされている。これらの人物は全員、英国領土への入国が禁止されており、もし発見された場合、同国内の資産は凍結の対象となる。

The updated sanction list of the UK against Russia also comprises companies from Israel, China, Kyrgyzstan, Turkey, the UAE and the Central African Republic.

英国が更新した対ロシア制裁リストには、イスラエル、中国、キルギス、トルコ、UAE、中央アフリカ共和国の企業も含まれている。

Fighting ‘shadow fleet’

影の船団」との戦い

London also imposed sanctions against six ships that are allegedly being used to circumvent the restrictions. In particular, sanctions were imposed against the Russian flagged cargo ship Angara and the Canis Power oil tanker sailing under the flag of the Cook Islands and NS Laguna oil tanker sailing under the flag of Gabon. The Russian-flagged Lady R, the Cook Islands-flagged Ocean AMZ, and the Cameroon-flagged Robon IMO were also sanctioned. As noted in a statement by the British Foreign Office, the purpose of this step is to combat the so-called ‘shadow fleet.’

ロンドンはまた、制限を回避するために使用されているとされる6隻の船舶に対しても制裁を課した。特に、ロシア船籍の貨物船「アンガラ」、クック諸島船籍の石油タンカー「カニス・パワー」、ガボン船籍の石油タンカー「NSラグナ」に対して制裁を科した。ロシア船籍のLady R、クック諸島船籍のOcean AMZ、カメルーン船籍のRobon IMOも制裁を受けた。英国外務省の声明にあるように、この措置の目的は、いわゆる「影の船団」に対抗することである。

In general, according to the Foreign Office, the new restrictions are aimed to reduce Moscow’s ability to finance its military campaign in Ukraine and "show the UK’s steadfast support for Ukraine." The Foreign Office noted that the new sanctions have been announced while the British Prime Minister is attending the G7 Leaders Summit in Italy.

一般的に、外務省によれば、新たな制裁は、モスクワのウクライナにおける軍事作戦の資金調達能力を低下させ、"英国のウクライナに対する揺るぎない支持を示す "ことを目的としている。外務省は、英首相がイタリアで開催されているG7首脳会議に出席している間に、新たな制裁が発表されたと指摘した。

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

Σέρβος πρόεδρος Α.Βούτσιτς: «Θα έχουμε παγκόσμιο πόλεμο σε 3-4 μήνες - Ελέγχουμε τι έχουμε σε πετρέλαιο, αλεύρι, ζάχαρη» - Βίντεο με τις δηλώσεις - War News 24/7 (warnews247-gr.translate.goog)

Serbian President A. Vucic: "We will have a world war in 3-4 months - We are checking what we have in oil, flour, sugar" - Video with the statements

セルビアのA.ブチッチ大統領:「3-4ヶ月以内に世界戦争が起こるだろう - 石油、小麦粉、砂糖の在庫を確認している」 - 発言付きビデオ

What does the Serbian president know? Shocking interview in Swiss media

セルビア大統領は何を知っているのか?スイスメディアの衝撃インタビュー

The President of the Republic of Serbia, Aleksandar Vucic, gave a long interview to the Swiss weekly magazine "Weltwoche" during which he revealed that Serbia controls the reserves of oil, flour, sugar as in 3-4 months we will have a world war.

セルビア共和国のアレクサンダル・ヴチッチ大統領が、スイスの週刊誌『ヴェルトヴォッヘ』のロングインタビューに応じ、 あと34カ月で世界大戦が起こることを予測している為セルビアが石油、小麦粉、砂糖の備蓄を管理していることを明らかにした。

Due to the very good relations of the Serbian president with B. Putin and Moscow, it is possible that Vucic knows what is going on behind the scenes and that he conveyed some Russian ultimatum to NATO, especially after the admission of the transfer of Ukrainian F-16s to NATO ones bases in Romania and Poland.

セルビア大統領とプーチン・モスクワとの関係は非常に良好であるため、ヴチッチは舞台裏で何が起こっているかを知っており、特にウクライナのF-16をルーマニアとポーランドのNATO軍基地に移送することを認めた後、ロシアの最後通牒をNATOに伝えた可能性がある。

Among other things, he stated in his interview:

とりわけ、彼はインタビューの中でこう述べている:

"The rhetoric is getting worse by the day and reminds me of the phrase of a famous historian:

「暴言は日に日にひどくなっており、ある有名な歴史家の言葉を思い出す:

''The train has left the station and no one can stop it.'' If the Great Powers don't do something soon, yeah, I'm pretty sure we're going to be in for a real disaster.

列車は駅を出発し、誰もそれを止めることはできない。大国がすぐに何かをしなければ、ああ、本当に大変なことになるのは間違いない。

If you bet that someone is bluffing, it means that you don't have better hands. You just think that the other person has weaker cards. You are not sure about it because you do not know and have not seen its leaves. I am always very cautious and cautious when assessing Putin's wishes or potential future move.

誰かがハッタリをかましていることに賭けるなら、それはあなたがより良い手札を持っていないことを意味する。あなたは、相手がより弱いカードを持っていると考えているだけです。あなたはその葉を知らないし、見ていないので、確信が持てないのです。私はプーチンの希望や将来の潜在的な動きを評価するとき、いつも非常に慎重で用心深い。

What further complicates the situation is that everyone is only talking about war. No one seeks peace. Nobody is talking about peace. Peace is almost a forbidden word!

さらに状況を複雑にしているのは、誰もが戦争の話しかしていないことだ。誰も平和を求めていない。誰も平和について語っていない。平和はほとんど禁句だ!

It is very strange to me that no one is trying to stop the war. There is a different theory - which I can understand.

誰も戦争を止めようとしていないことが、私にはとても不思議だ。別の理論がある--それは理解できる。

I'm not saying I approve - that the West thinks they can easily defeat Putin, they want to exhaust him in Ukraine and then they will enter the space and Russia with its current territory will no longer exist and Putin will be overthrown etc. Maybe to be possible, but….

西側諸国はプーチンを簡単に打ち負かせると考えていて、ウクライナでプーチンを疲弊させ、その後、宇宙空間に進出し、現在の領土を持つロシアはもはや存在しなくなり、プーチンは打倒されるなどと考えているのだ。可能かもしれないが......

Why do I say that we walk beside the brink of the abyss? Analyze the situation of NATO and the USA. They cannot afford to lose the Ukraine war. 

なぜ、私たちは奈落の底を歩いていると言うのだろうか?NATOとアメリカの状況を分析してみよう。彼らはウクライナ戦争に負けるわけにはいかない。

Second, the position of Europe and the collective West in geopolitical terms will deteriorate so much that no one will be able to regenerate and renew it.

第二に、地政学的な意味でのヨーロッパと西洋の集団の地位は、誰も再生・更新できないほど悪化するだろう。

Third, this will open a Pandora's box for more movements and hostilities against the collective West in the future. But take the other side. If Putin loses the war, he will (first) personally lose everything. (Second) He will not have the reputation of someone who created a common denominator for Ivan, Peter the Great and Catherine the Great.

第三に、これは将来、欧米の集団に対するさらなる運動や敵対行為のためのパンドラの箱を開けることになる。しかし、もう一方の側面も見てみよう。もしプーチンが戦争に負ければ、彼は(第一に)個人的にすべてを失うだろう。(第二に)彼は、イワン、ピョートル大帝、エカテリーナ大帝の共通項を作った人物の評判を得られなくなる。

And thirdly, Russia will not exist nor will it have its present form. And then when you have these two sides so far apart in terms of their wants and their expectations, then you see that everything is at stake!

そして第三に、ロシアは存在しなくなり、現在の形もなくなる。そして、このように両者の望みや期待がかけ離れている場合、すべてが危機に瀕していることがわかる!

Everything. No one can afford to lose. When you have this situation, we are probably approaching a real disaster. And then we come to another question. Who is ready to lose 1 million, 2 million, 5 and 10 million people? Ask yourself. I am not ready to lose a single person. And we will not participate in it. But that is a question for others.

すべてが。誰も失うわけにはいかない。このような状況になったとき、私たちはおそらく本当の災難に近づいている。そして、もう一つの疑問が浮かぶ。100万人、200万人、500万人、1,000万人を失う覚悟があるのは誰か?自問してみよう。私は一人も失う覚悟はできていない。それに参加するつもりもない。しかし、それは他の人への質問だ。

I can't say World War III, but I don't think we're far from that big conflict! No more than 3-4 months! And there is a risk that it will happen even sooner.

第三次世界大戦とまでは言えないが、そのような大きな紛争からそう遠くはないと思う!34カ月もないだろう!そして、もっと早く起こるリスクもある。

In Europe, the leaders act like big heroes, but they are not honest and they don't tell their citizens that they will all pay a big price if it comes to war.

ヨーロッパでは、指導者たちは大英雄のように振る舞っているが、正直ではないし、戦争になれば大きな代償を払うことになることを国民に伝えていない。

The world is changing even though we don't want to accept and admit it, but it is indeed changing on a daily basis and much faster than ever before. And when you have these kinds of conflicting interests, then you come close to big conflicts and big wars. And I don't see how anyone can stop it.

世界は変化している。私たちはそれを受け入れようとはしないし、認めようともしないが、世界は日々、かつてないほどのスピードで変化している。そして、このような利害の対立があれば、大きな紛争や戦争に近づいていく。誰もそれを止めることはできないだろう。

I'd like to see it more than anything to be honest. Today I was checking the data regarding our stocks of oil, flour, sugar, salt and everything because I don't know what tomorrow will bring for all of us."

正直なところ、何よりも見たいんだ。今日、私は油、小麦粉、砂糖、塩、その他すべての在庫に関するデータをチェックしていた。

Χάρτες: Το ΝΑΤΟϊκό σχέδιο πολέμου με Ρωσία: Μεταφορά μέσω Ελλάδας 300.000 στρατιωτών - Προειδοποίηση για την αεράμυνα σε Πειραιά και Αλεξανδρούπολη - War News 24/7 (warnews247-gr.translate.goog)

Maps: The NATO war plan with Russia: Transfer through Greece of 300,000 soldiers - Warning for air defense in Piraeus and Alexandroupoli

地図 NATOの対ロシア戦争計画 ピレウスとアレクサンドルーポリの防空に警告を発する。

The four "land corridors" of NATO are ready 

NATO4つの「陸上回廊」が準備完了

NATO is creating multiple land corridors for the rapid deployment of 300,000 troops in the event of a full-scale conflict with Russia. Greece plays a key role in NATO plans.

NATOは、ロシアとの本格的な紛争が発生した場合に30万人の兵力を迅速に展開できるよう、複数の陸上回廊を整備している。ギリシャはNATOの計画において重要な役割を果たしている。

"As we monitored and assessed Russia's military activities in Ukraine, we noticed that Russia was targeting Ukrainian logistics bases ," said Lt. Gen. Alexander Solfrank, head of NATO's Joint Logistics Command (JSEC), explaining the need for multiple deployed alternative routes to the transport of equipment and troops across Europe.

「ウクライナにおけるロシアの軍事活動を監視・評価する中で、ロシアがウクライナの兵站基地を標的にしていることに気づきました」と、NATOの統合兵站司令部(JSEC)の責任者であるアレクサンダー・ソルフランク中将は、ヨーロッパ全域に装備品や兵員を輸送するための複数の配備済み代替ルートの必要性を説明した。

According to him, large logistics bases do not make sense as they could be attacked in the event of a conflict.

ソルフランク中将によれば、大規模なロジスティクス基地は、紛争時に攻撃される可能性があるため、意味をなさないという。

In this light and citing the experience from Iraq and Afghanistan, Solfrank emphasizes that it would be completely untenable to create large logistics bases as they could very easily become targets.

こうした観点から、またイラクやアフガニスタンの経験を引き合いに出しながら、ソルフランクは、大規模なロジスティクス基地を作ることは、いとも簡単に標的になりかねないため、まったく容認できないと強調する。

He says the new plan has been drawn up with such risks in mind and includes the creation of "sustainable" transport chains.

ソルフランクによれば、新計画はそうしたリスクを念頭に置いて策定されたもので、「持続可能な」輸送チェーンの構築も含まれているという。

Solfrank also noted that the alliance's existing air defense systems "will always be inadequate" to protect all key logistics hubs and other important and vulnerable targets in Europe. As War News 24/7 revealed yesterday, NATO currently has "less than 5%" of the capability needed to defend its so-called eastern flank with Russia in the event of a "full-scale attack".

ソルフランクはまた、同盟の既存の防空システムは、ヨーロッパのすべての重要な物流拠点やその他の重要かつ脆弱な目標を守るには「常に不十分」であるとも指摘した。War News 24/7が昨日明らかにしたように、NATOは現在、「全面的な攻撃」があった場合にロシアとのいわゆる東側フランクを防衛するために必要な能力の「5%未満」しか持っていない。

For this reason, several land corridors are being created, which, if necessary, will replace the main corridor, which involves the landing of American troops in the port of Rotterdam and their transport to Poland via Holland and Germany.

このため、必要であれば、ロッテルダム港にアメリカ軍を上陸させ、オランダとドイツを経由してポーランドに輸送するという主要な回廊に代わる陸上回廊がいくつか作られつつある。

According to the NATO general, the presence of alternative routes for the movement of troops will give NATO "flexibility" in case of war.

NATO総司令官によれば、軍隊の移動のための代替ルートが存在することで、NATOは戦争の際に「柔軟性」を発揮する。

Four alternative paths are already ready for this case:

A) Italy – Slovenia - Croatia – Hungary.

B) Greece – Bulgaria – Romania

C) Turkey - Bulgaria - Romania

D) Norway – Sweden – Finland.

この場合のために、すでに4つの代替ルートが用意されている:

A) イタリア-スロベニア-クロアチア-ハンガリー。

B) ギリシャ-ブルガリア-ルーマニア

C) トルコ - ブルガリア - ルーマニア

D) ノルウェー - スウェーデン - フィンランド

NATO must also remove bureaucratic obstacles in Europe and introduce a "military Schengen" on European soil.

NATOはまた、欧州における官僚的障害を取り除き、欧州の地に「軍事シェンゲン」を導入しなければならない。

NATO: "Transfer of forces against Russia from Greek ports" 

NATO:「ギリシャの港から対ロシア戦力の移送を」。

"NATO is developing multiple 'land corridors' to send US troops and armor to the front line in the event of a major European land war with Russia ," British media reports.

NATOは、ロシアとの大規模なヨーロッパ陸戦の際に、米軍と兵装を前線に送るための複数の "陸路 "を開発している」と英国メディアは報じている。

"US troops will arrive at one of five ports and proceed along pre-planned logistical routes to counter a possible attack from Moscow," NATO officials revealed to the Telegraph.

「米軍は5つの港のいずれかに到着し、あらかじめ計画された後方支援ルートに沿って進み、モスクワからの攻撃に対抗する」とNATO当局者がテレグラフ紙に明らかにした。

NATO's plan makes Italy, Greece and Turkey one of the prime targets of a nuclear Russia, with whatever that entails:

NATOの計画では、イタリア、ギリシャ、トルコが核を持つロシアの主要な標的のひとつとなる:

If NATO forces entering from the Netherlands are hit by Russian bombing or northern European ports are destroyed, the Alliance is going to turn to ports in Italy, Greece and Turkey.

「オランダから入港するNATO軍がロシアの爆撃を受けたり、北ヨーロッパの港が破壊されたりした場合、同盟軍はイタリア、ギリシャ、トルコの港に向かうことになる。

Similar plans exist to transport forces from Turkish and Greek ports through Bulgaria and Romania to reach the eastern side of the alliance."

トルコとギリシャの港からブルガリアとルーマニアを経由して同盟の東側に兵力を輸送する同様の計画が存在する。"

Route "Piraeus-Thessaloniki-Bulgaria"!

ピレウス-テサロニキ-ブルガリア」ルート

As far as Greece is concerned, the NATO plan foresees the use of the "Piraeus-Thessalonica-Bulgaria" route!

ギリシャに関する限り、NATO計画は「ピレウス-テサロニケ-ブルガリア」ルートの使用を予見している!

The route in question comes next to the geostrategically important port of Alexandroupoli, which of course will be used in the event of a NATO-Russia war!

問題のルートは、地政学的に重要なアレクサンドルーポリ港に隣接しており、NATOとロシアが戦争になった場合には、もちろんアレクサンドルーポリ港が使われることになる!

In Alexandroupoli, the construction of a South-North land and railway axis, which will start from the Aegean and end in Ukraine, has been launched.

アレクサンドルーポリでは、エーゲ海を起点にウクライナに至る南北陸路と鉄道の軸の建設が開始されている。

The truth is that the port of Piraeus in terms of cargo transport is connected to China, which has specific control over the country's largest port! Will the Chinese ally with the US in such a scenario?

実は、貨物輸送の面でピレウス港は、国内最大の港を具体的に支配している中国とつながっている!このようなシナリオで、中国はアメリカと同盟を結ぶのだろうか?

In addition, the route from Piraeus to the border carries the risk of sabotage and attacks, while the transport of countless American soldiers and equipment will also involve the country's Armed Forces and of course the railway network, which is full of problems!

さらに、ピレウスから国境までのルートは、破壊工作や攻撃のリスクを伴う。無数の米兵と装備の輸送には、国の軍隊も関与し、もちろん鉄道網も問題だらけだ!

It remains to be seen if the plan will finally be implemented...

この計画が最終的に実行に移されるかどうかは、まだわからないが......

Reply
1 Reply
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

ナトーは気違いに刃物で日本はその片棒を担がされています。

植民地の搾取をしてきた西洋諸国は寄生虫と同じで悪い癖を治す事が出来ません。

大東亜戦争はアジア諸国を西洋の気違い達と寄生虫から解放した戦争ですが戦後の教育制度の為にほとんどの日本人は正しい歴史を知りません。

どうすれば日本人は自分の国そして文化に誇りを取り戻せるのでしょうか?それは真実を学ぶことです。

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

【ゆっくり解説】心と肚(はら)の違いとは?藤原直哉 (youtube.com) [1:22 minute video]

 

心と肚の違いは?藤原直哉

心は気持ちですから楽しいとか嬉しいとか悲しいとか喜怒哀楽の気持ちです。肚というのは二つありまして一つは直観もう一つは覚悟です。肚が分からないっていう人がいるんです。よくアメリア人なんかがそうです。アメリカ人って結構肚が座って無い人が多いんですね。それでいつも不安になるんです。頭と心しか無い人が結構います。それは私分る。だから理屈で考えて理屈が破綻すると心に来て動揺するんです。肚が座って無い人がいるんですよね。直感も無いと屁理屈ばっかりこねてます。肚は是非磨いていただいたら実感して分かると思います。

 

What is the difference between the mind and the heart? Naoya Fujiwara

The mind is sensing, so it is a feeling of joy, happiness, sadness, anger, sorrow, and pleasure. The other is determination. There are people who don't know what the heart is. This is often the case with Americans. Many Americans don't have a good sense of the heart. That is why they are always anxious. There are many people who only have a head and a heart. I understand that. So when they think logically and their logic fails, they get upset in their hearts. There are people who don't have a heart. If they don't have intuition, all they do is quibble. If you polish your mind, you will be able to feel and understand.

 

私の考え

アメリカ社会ってフィクションみたいなんです。学芸会のステージセットみたいに2次元世界みたいで奥がありません。それを指摘されると彼らは激怒します。つい最近まで努力をしなくても豊かな生活が出来てましたから自分たちは優れていると自負してきました。そしてその生活水準は彼らの権利だと考えていたと思います。死ぬ覚悟で何かを達成したアメリカ人はとても稀だと思います。という事は彼らは本当の自分を知らないという事です。これからドル崩壊で藁をも掴みたく人達が急増してゆくと思います。しかし職を失い家も車もローンが払えずホームレスになってしまうと人生の立て直しは非常に困難になるでしょう。餓死寸前でも彼らは屁理屈をこね回しているのでしょうか?屁理屈こね回しは古代文明では上流階級が日の出から日没までしていました。最近三十代の日本人女性が子連れでホームレスになって生活保護を受けていながらアメリカ人の真似をするみたいに屁理屈のこね回しをしていましたからとても見苦しいと注意をしました。洗脳とは恐ろしいものです。

My thoughts

American society is like a fiction. It's like a two-dimensional world, like a stage set for a school play, with no depth. They get furious when I point this out to them. Until recently, they have prided themselves on their superiority because they were able to live a rich life without having to work hard. And I think they thought that this standard of living was their birthright. I think it is very rare for an American to achieve something that they were prepared to die for. That means they don't know who they really are. I believe that the number of people clutching at straws will increase rapidly as the dollar collapses. But if they lose their jobs, cannot pay their mortgage with costly insurance in addition to property taxes and car loans, and are homeless, it will be very difficult for them to rebuild their lives. Will they continue to quibble when they are on the verge of starving to death? Quibbling (debating) was practiced by the upper classes in ancient civilizations from sunup to sundown. Recently, a Japanese woman in her thirties, homeless with her children and on welfare, was doing the same kind of quibbling as if she were imitating Americans, and I cautioned her that it was very unsightly. Brainwashing is a terrible thing.

 

「小池さんはカイロ大を卒業していない」都知事の父を支えてきた“最後のフィクサー”都庁で「緊急会見」で語った中身(SmartFLASH- Yahoo!ニュース

「小池さんはカイロ大を卒業していない」都知事の父を支えてきた“最後のフィクサー”都庁で「緊急会見」で語った中身

Ms. Koike did not graduate from Cairo University," the "last fixer" who supported his father, the governor of Tokyo, said at an "emergency press conference" at the Tokyo Metropolitan Government Building.

6/11() 21:19配信

現職の小池百合子知事が612日に、東京都知事選の3選出馬を正式表明する意向だ。

Yuriko Koike intends to officially announce her three-way candidacy for the Tokyo gubernatorial election on June 12.

 

「小池氏は、もともと都議会定例会が開会する529日に立候補を表明すると見られていました。ですが、表明するのは、約半月遅れの612日に。遅れた理由は、527日に蓮舫氏が出馬表明したからですよ。小池氏は想定外の“宿敵”の出現によって、自身の出馬表明時期を慎重に検討せざるをえなかったんです」(政治担当記者)  その前日の611日、都庁で意外な人物が緊急の記者会見を開いた。朝堂院大覚氏だ。 「朝堂院氏は、大阪にある空調設備工事会社・ナミレイの元会長です。1982年、高砂熱学工業に対して業務提携を強要したとして逮捕され、懲役2年執行猶予4年の判決を受けています。ナミレイ会長時代はパレスチナ解放機構のアラファト議長の来日に尽力し、法曹政治連盟総裁に就任するなど、“最後のフィクサー”の異名でも知られていました」(社会部記者)  朝堂院氏は、小池知事のカイロ大学卒業という学歴が詐称ではないかという疑惑について、会見で「真実を述べて、嘘を取り消し、出直してくれ」と語った。両者の間には、意外な接点があった。 「もともと、小池さんの父親の勇二郎氏は、エジプトから石油を輸入する会社をやっていた。ところが、会社が倒産してしまう。その会社の倒産整理を引き受けたのが、私だった。私は勇二郎氏に『油を購入していたエジプトに行ったらどうだ』と提案し、私が資金援助して、カイロに日本料理店を開いた。Incumbent Governor

Koike was originally expected to announce her candidacy on May 29, when the regular session of the Tokyo Metropolitan Assembly would open. However, he will announce his candidacy on June 12, about half a month later. The reason for the delay is that Renho announced her candidacy on May 27. The unexpected appearance of Koike's "nemesis" forced her to carefully consider the timing of her own announcement of candidacy. On June 11, the previous day, an unexpected person held an emergency press conference at the Tokyo Metropolitan Government Office. In 1982, he was arrested and sentenced to two years in prison, suspended for four years, for forcing Takasago Thermal Engineering to enter into a business tie-up. During his time as chairman of Namirei, he was instrumental in bringing Palestine Liberation Organization Chairman Yasser Arafat to Japan, and was also known as the "last fixer," including his appointment as president of the Federation of Bar and Political Science Associations. Chodoin said at the press conference, "Tell the truth, take back your lie, and come back. There was an unexpected connection between the two. Originally, Koike's father, Yujiro, ran a company that imported oil from Egypt. However, the company went bankrupt. I was the one who took over the bankruptcy liquidation of the company. I suggested to Yujiro, 'Why don't you go to Egypt, where they were buying oil?' I provided financial support and opened a Japanese restaurant in Cairo.当時、小池(百合子)さんは関西学院大学の1年生だったが、会社が倒産して学費が払えなくなったので、同大学を退学、父親ら家族と一緒にカイロに渡ったのだ」(朝堂院氏・以下同)  カイロに渡った小池知事は、1年間、アメリカンスクールに通い、その後、地元の有力者と父親の尽力でカイロ大に編入したという。 「日本の大学で1年生だったから、カイロ大では社会学部に2年生として編入できた。それは家族も喜んでいたよ。当時のカイロ大は、名門で厳格な大学だった。そこに編入できたからね」  しかし、小池知事は3年生に進級できなかったというのだ。 「小池さんはアラビア語がしゃべれないし、書けない。だから、アラビア語だけの試験は、おそらく白紙だったと思う。落第して3年生には上がれなかったんだよ。それは、小池さんのルームメイトが克明に本で説明していたとおりだった。結局、小池さんはカイロ大を中退したんだ」  カイロ大を中退した小池氏は、「カイロで空手の雑誌を創刊したいから資金援助してほしい」と、朝堂院氏に頼んだという。これに対し朝堂院氏は400万円を用立てた。 「空手雑誌は1年ほどやっていたが、『空手は儲からない』といって、やめてしまった。それで、小池さんは東京に戻るというので、神田にある私の事務所でしばらく働いてもらうことにしたんだ。大学に通いながら、空手雑誌を作っていたわけじゃない。大学を中退して次の仕事をしたいというから資金を出した。だから大学を卒業なんてしていないのだ」  朝堂院氏が最後に小池知事に会ったのは、20年ほど前だったという。 At the time, Ms. Koike was a first-year student at Kwansei Gakuin University, but when her company went bankrupt and she could no longer pay her tuition, she dropped out of the university and moved to Cairo with her father and other family members," said Chodoin. After attending the American School for one year, he then transferred to Cairo University through the efforts of a local influential person and his father. He said, "Since I was a first-year student at a Japanese university, I was able to transfer to Cairo University as a second-year student in the sociology department. My family was very happy about that. Cairo University was a prestigious and rigorous university at the time. However, Mr. Koike was not able to advance to the third grade, according to the governor. He couldn't speak or write Arabic," said Mr. Koike. So the Arabic-only exam was probably a blank. He flunked out and didn't make it to the third grade. It was just as Koike-san's roommate had conclusively explained in his book. After dropping out of Cairo University, Mr. Koike asked Mr. Chodoin for financial support to start a karate magazine in Cairo. In response, Mr. chodoin provided him with 4 million yen. Koike said, "I worked on the karate magazine for about a year, but then I stopped, saying, 'Karate is not profitable. Koike-san said he was going back to Tokyo, so I asked him to work for a while at my office in Kanda. I wasn't working on a karate magazine while attending college. He wanted to drop out of college and move on to his next job, so I funded it. So I never graduated from college." The last time Mr. chodoin met Governor Koike was about 20 years ago.「久しぶり、ご無沙汰ですと言って、立ち話をした程度だった。それ以来、会っていない」  これまで、学歴詐称問題について小池知事は「カイロ大が卒業を認めている」として、詐称疑惑を突っぱねてきた。あえてこのタイミングで朝堂院氏が会見をおこなったのは、「政治家が嘘をつきまくると、国が亡びる」という朝堂院氏の思いからだったという。  はたして小池知事は、会見内容をどう受け止めるのか――。 He said, "It's been a long time," and we just stood around talking. Until now, Governor Koike has brushed off the allegations of academic fraud, saying, "Cairo University has acknowledged my graduation. The reason why Mr. Chodoin held the press conference at this time was because he felt that "if politicians lie all the time, the country will die.  What will Governor Koike make of the press conference?

My thoughts:

It was Chodoin Daikaku who spoke about the importance of keeping secrets with regard to late Michael Jackson whom he befriended and supported; however, he chose to expose the truth about Tokyo Governor Koike falsifying her academic resume, stating "if politicians lie all the time, the country will die”. It speaks to the gravity of the matter.

私の感想:

親交があり応援していた故マイケル・ジャクソンについて、友人として秘密を守ることの大切さを語ったのは朝堂院大覚氏であったが、小池都知事の学歴詐称については「政治家が嘘ばかりついていたら国が滅びる」と真実を暴露する道を選んだ。事の重大性を物語る。

明日は林千勝氏の記者会見が予定されているそうです。何が暴露されるのでしょうか?

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

消費税を上げなければいけないワケ!日本を差し出す政治家|林千勝 (youtube.com) [19:55 minute video]

Why the consumption tax must be raised! Politicians Who Offer JapanHAYASHI Chikatsu

国連と世界保健機関からの脱退可能性と何故DS はトランプ大統領が邪魔な訳

Possibilities for withdrawing from the UN and World Health Organization and why DS did not and does not want President Trump.

Exiting the United Nations: Paths and Potential – Yale Journal of International Law

Exiting the United Nations: Paths and Potential

国連からの脱退: その道筋と可能性

MARCH 2, 2017

Written by Tracy Nelson

On the very first day of the 115th Congress, Representative Mike Rogers (R-AL) introduced H.R. 193, the American Sovereignty Restoration Act of 2017. The bill orders the President to terminate membership in the United Nations and all related agencies, withdraws financial and peacekeeping support for the organization, and retracts the agreement establishing the U.N. headquarters in New York. The legislation collected eight cosponsors and plentiful critics during its first month of existence. While many have reacted strongly to this proposed legislation, the suggestion is neither innovative nor unique but instead part of a much larger history. This article seeks to examine the process of leaving the United Nations, the probability of the United States making such a move, and its linkages to a larger movement away from intergovernmental and international organizations.

115議会の初日、マイク・ロジャース下院議員(共和党)が2017年アメリカ主権回復法(H.R. 193)を提出した。同法案は、大統領に対し、国連とすべての関連機関への加盟を停止し、国連への財政・平和維持支援を撤回し、ニューヨークに国連本部を設置する協定を撤回するよう命じるものである。この法案は、成立から1ヶ月の間に8人の賛同者を集め、多くの批判を浴びた。多くの人々がこの法案に強く反発しているが、この提案は革新的なものでもユニークなものでもなく、もっと大きな歴史の一部である。本稿では、国連脱退のプロセス、米国がそのような動きをする可能性、そして政府間組織や国際組織からの脱却という大きな動きとの関連性について考察する。

Withdrawal from the United Nations and the Indonesian Experience

国連脱退とインドネシアの経験

While the U.N. Charter provides for the expulsion of member nations, it does not outline procedures for a nation to voluntarily withdraw or resign its membership. Article 54 of the Vienna Convention on the Law of Treaties states that a country may withdraw from a treaty in accordance with the procedures outlined in the treaty or by unanimous consent of the other countries bound by the treaty. Article 62 of the Convention allows nations to leave a treaty due to an unforeseen “fundamental change in circumstances,” given that those circumstances were the basis of the original treaty. While this Convention is not technically applicable to the United Nations, nor is the United States a member of the treaty, its principles are generally accepted as customary international law.

国連憲章は加盟国の除名について定めているが、加盟国が自発的に脱退または加盟を辞退する手続きについては定めていない。条約法に関するウィーン条約第54条は、ある国は条約に概説された手続きに従って、または条約に拘束される他の国の全会一致の同意によって、条約から脱退することができると定めている。条約第62条では、不測の「状況の根本的変化」によって条約から離脱することを認めている。この条約は厳密には国際連合には適用されず、米国もこの条約の加盟国ではないが、その原則は慣習国際法として一般に受け入れられている。

Very little precedent exists for potential exit from the United Nations. In 1965, prior to the adoption of the Vienna Convention, Indonesia withdrew from the United Nations. Indonesia objected to the creation of Malaysia and viewed the non-permanent seating of Malaysia on the Security Council as an act of neo-colonialism. President Sakarno sent a telegram to the United Nations withdrawing its membership and also forsaking $50 million in economic and technical aid already earmarked for Indonesia. The next year, General Suharto seized power in a coup and notified the United Nations that Indonesia would resume cooperation with the organization. Because the United Nations had never formally acknowledged Indonesia’s withdrawal, Suharto’s message was accepted and the Indonesian delegation asked to return. By not formally recognizing the withdrawal notice and instead treating the instance as a case of non-cooperation, the United Nations avoided the opportunity to create a policy for exit.

国連脱退の前例はほとんどない。ウィーン条約の採択に先立つ1965年、インドネシアは国際連合から脱退した。インドネシアはマレーシアの創設に反対し、マレーシアの安保理非常任理事国入りを新植民地主義的行為と見なした。サカルノ大統領は国連に脱退を電報で通告し、すでにインドネシア向けに用意されていた5,000万ドルの経済・技術援助も放棄した。翌年、スハルト将軍がクーデターで政権を掌握し、インドネシアは国連との協力を再開すると国連に通告した。国連はインドネシアの脱退を正式に認めていなかったため、スハルトのメッセージは受け入れられ、インドネシア代表団は復帰を要請した。脱退通告を正式に認めず、非協力事例として扱ったことで、国際連合は脱退の方針を打ち出す機会を逸してしまったのである。

Customary law and a lack of precedent suggest that the United States would have an extraordinarily difficult time leaving the United Nations while abiding by international norms. No clear exit path has been created, either through the terms of the U.N. Charter or through the experience of other nations. Unanimous consent allowing any nation to leave the organization, much less its largest financial supporter, is unimaginable. Finally, a “fundamental change in circumstances” argument might be attempted, but would be weak due to the continued membership of the United States throughout many more drastic periods of domestic and international change. Leaving the United Nations would be extremely difficult to do within the context of existing international legal norms.

慣習法や前例のなさから、米国が国際規範を守りながら国連を脱退するのは非常に困難である。国連憲章の条項によっても、他国の経験によっても、明確な脱退の道は開かれていない。全会一致で、どの国も国連を脱退できるようにすることは、ましてや最大の資金援助国である国連を脱退できるようにすることは、想像を絶することである。最後に、「状況の根本的な変化」という議論も試みられるかもしれないが、国内的にも国際的にも、もっと劇的な変化の時期が何度もあったにもかかわらず、米国は加盟を続けてきたため、その論拠は弱いだろう。国際連合を脱退することは、既存の国際法規範に照らし合わせても極めて困難である。

Potential for U.S. Withdrawal

This is not the first time that a bill has been introduced to withdraw the United States from the United Nations. Already this year, several bills have been introduced to defund or review membership in the United Nations based on specific positions of the United Nations, like Israel-Palestine issues or environmental policies. Such bills are relatively common and rarely gain traction. However, the motivation behind this most recent bill makes it unique. H.R. 193 instead objects to continued U.S. membership in the United Nations based on the merits of the organization itself, suggesting that the United Nations has a “dangerous agenda” and is “a waste of taxpayer dollars.”A bill identical to H.R. 193 has been cosponsored by a host of Republican representatives and introduced in every Congress since the 105th Congress in 1997, though the bill has never moved beyond referral to a standing committee.

米国脱退の可能性

米国を国連から脱退させる法案が提出されるのは、今回が初めてではない。今年すでに、イスラエル・パレスチナ問題や環境政策など、国連の特定の立場に基づいて、国連への加盟を拒否または見直す法案がいくつか提出されている。このような法案は比較的よく見られるもので、支持を得ることはめったにない。しかし、この最新の法案は、その動機からしてユニークである。H.R.193はその代わりに、国際連合そのものの是非に基づいて米国の国際連合加盟の継続に異議を唱えるもので、国際連合には「危険なアジェンダ」があり、「税金の無駄遣い」であることを示唆している。H.R.193と同一の法案は、1997年の第105回連邦議会以来、共和党議員の多数が共同提案し、すべての議会で提出されてきたが、法案が常任委員会に付託されるにとどまったことは一度もない。

Despite this legislative history, the introduction of H.R. 193 during this Congress has raised eyebrows because of the quick uptick in cosponsorship and the potential support of President Trump. The current legislation has attracted more cosponsors in one month than the bill often has over the course of a whole year. Past presidents have been hesitant to criticize the work of the United Nations or the continued membership of the United States. President Trump, however, was critical of the United Nations on the campaign trail and has reportedly drafted executive orders mandating the review and reduction of U.S. funding to international organizations.  According to Gallup polling, approval ratings for the United Nations have tumbled amongst Americans over the last fifteen years. In 2002, 58% of respondents said that they believe that the United Nations is doing a “good job” in solving the world’s problems, while today that number hovers around 38%.

このような立法経緯があるにもかかわらず、今議会中にH.R.193が提出されたことで、共同提案者が一気に増え、トランプ大統領が支持する可能性が出てきたため、眉をひそめている。今法案は1カ月間で、1年かけて提出された法案よりも多くの賛同者を集めている。過去の大統領は、国連の活動や米国の加盟継続を批判することをためらってきた。しかし、トランプ大統領は選挙戦で国連に批判的で、国際機関への米国からの資金提供の見直しと削減を義務付ける大統領令を起草したと報じられている。 ギャラップ社の世論調査によると、過去15年間でアメリカ人の国連支持率は急落している。2002年には58%の回答者が、国連は世界の問題を解決するために「良い仕事をしている」と答えたが、現在では38%程度にとどまっている。

Despite the seeming swell of public and elected official support for H.R. 193, it seems highly unlikely that the United States would leave the United Nations. Leaving the organization would leave the other treaties and organizations to which the United States belongs unstable and vulnerable. Other critics of the bill suggest that leaving the United Nations would allow China and other rising powers to gain international influence. Furthermore, the bill lacks the congressional support to secure passage. Neither Rep. Rogers nor any of the bill cosponsors sit on the House Committee on Foreign Affairs to which the bill has been referred. While withdrawal may be an increasingly popular policy move, it lacks sufficient support to rationalize upsetting the international order.

H.R.193に対する国民や選挙で選ばれた高官たちの支持のうねりがあるように見えるが、米国が国連を脱退する可能性は極めて低いと思われる。国連を脱退すれば、米国が加盟している他の条約や組織は不安定で脆弱なものとなる。また、この法案を批判する人たちは、国連を脱退すれば、中国をはじめとする台頭する大国が国際的な影響力を獲得できるようになると指摘している。さらに、この法案には可決に必要な議会の支持がない。ロジャーズ議員も法案共同提案者も、法案が付託された下院外交委員会の委員にはなっていない。撤退はますます人気のある政策かもしれないが、国際秩序を揺るがすことを合理化するには十分な支持を欠いている。

Recent Resistance to Intergovernmental Organizations

Regardless of the probability of success of the proposals for a U.S. exit from the United Nations, they highlight a very important recent trend in international law – a push away from intergovernmental organizations. Arguably the most well-known example of this trend is the United Kingdom’s June 2016 “Brexit” vote to leave the European Union. However, the phenomenon is more widespread than just nationalist momentum in the United Kingdom and United States. Since 2012, eight nations have left the United Nations Industrial Development Organization, citing lack of efficacy. In 2016, President Duterte of the Philippines threatened to leave the United Nations in response to the organization’s criticism of extrajudicial killings in the Philippines. Earlier this month, the African Union endorsed the mass withdrawal of its member states from the International Criminal Court. Should this anti-intergovernmental and international organization trend continue, it could spiral and potentially normalize departure from international organizations and increase popular support for the United States to leave the United Nations.

政府間組織に対する最近の抵抗

米国の国連離脱案が成功する可能性はともかく、国際法における最近の非常に重要な傾向、つまり政府間組織離れを浮き彫りにしている。この傾向の最もよく知られた例は、20166月の英国のEU離脱投票「ブレグジット」であろう。しかし、この現象はイギリスやアメリカにおけるナショナリストの勢いだけでなく、もっと広範囲に広がっている。2012年以降、8カ国が実効性がないとして国連工業開発機関を脱退した。2016年には、フィリピンのドゥテルテ大統領が、フィリピンでの超法規的殺害に対する国連の批判に対して、国連を脱退すると脅した。今月初め、アフリカ連合は加盟国の国際刑事裁判所からの大量脱退を支持した。このような反政府的、国際組織的な傾向が続けば、国際組織からの離脱がスパイラル的に常態化し、米国の国連離脱に対する民衆の支持が高まる可能性がある。

US withdrawal from WHO is unlawful and threatens global and US health and security - The Lancet

Published:July 09, 2020

On May 29, 2020, President Donald Trump announced the USA would sever its relationship with WHO and redirect funds to US global health priorities.1  On July 6, 2020, the US administration officially notified UN Secretary-General António Guterres of its intention to withdraw from WHO membership.2 This notification coincides with record daily increases in COVID-19 cases worldwide and rising infections in more than three-quarters of the US states.3,4 In response, 750 leaders from academia, science, and law have urged the US Congress to block the president's action.5

2020529日、ドナルド・トランプ大統領は、米国がWHOとの関係を断絶し、資金を米国のグローバルヘルスの優先事項に振り向けることを発表した1202076日、米政権はアントニオ・グテーレス国連事務総長にWHO脱退の意向を正式に通告した2。この通告は、世界中でCOVID-19感染者が連日記録的な増加を見せ、米国の4分の3以上の州で感染が増加している時期と重なる3,4。これに対し、学界、科学界、法曹界のリーダー750人が米議会に対し、大統領の行動を阻止するよう求めている5

The US Congress, the courts, and the public all have the power to block this reckless decision. The USA entered WHO membership through a 1948 joint resolution passed by both houses of Congress and this resolution has been supported by successive administrations. Former President Harry Truman explicitly referenced that resolution as his legal basis for joining WHO.6 The current US administration's unilateral action notifying the UN that the USA is withdrawing violates US law because it does not have express approval of Congress to leave WHO. A Supreme Court precedent has made clear that “When the President takes measures incompatible with the expressed or implied will of Congress, his power is at its lowest ebb.”7

米国議会、裁判所、そして国民はすべて、この無謀な決定を阻止する力を持っている。米国は、1948年の両院合同決議によってWHOに加盟し、この決議は歴代政権によって支持されてきた。ハリー・トルーマン元大統領は、WHO加盟の法的根拠として、この決議に明確に言及している6 。現米政権が一方的に脱退を国連に通告する行為は、WHO脱退について議会の明確な承認を得ていないため、米国の法律に違反する。最高裁の判例は、「大統領が議会の明示的または黙示的な意思と相容れない措置を取るとき、その権限は最低限になる」と明言している7

The US administration's decision to sever ties and terminate WHO funding violates a binding condition in Congress's 1948 resolution, which must be met before the USA may withdraw. The law mandates the USA must pay its financial obligations for the current fiscal year. Because withdrawal could not occur until next July, the USA must pay its mandatory WHO contributions through the end of 2021. And because any withdrawal could not take effect until July, 2021, a new US presidential administration could simply revoke the withdrawal upon taking office.

Withdrawal from WHO would have dire consequences for US security, diplomacy, and influence. WHO has unmatched global reach and legitimacy. The US administration would be hard pressed to disentangle the country from WHO governance and programmes. The Pan American Health Organization (PAHO) is among six WHO regional offices and is headquartered in Washington, DC, USA. The USA is also a state party to two WHO treaties: the WHO Constitution, establishing it as the “directing and co-ordinating authority on international health”;8 and the International Health Regulations (IHR 2005), the governing framework for epidemic preparedness and response.9

WHOとの関係を絶ち、WHOへの資金援助を打ち切るという米政権の決定は、1948年の議会決議にある拘束力のある条件に違反している。この法律は、米国が今年度の財政的義務を支払うことを義務づけている。脱退は来年7月まで不可能であるため、アメリカは2021年末までWHOへの拠出金を支払わなければならない。そして、脱退は20217月まで発効しないため、アメリカの新大統領が就任すれば、脱退を撤回することができる。

WHOからの脱退は、米国の安全保障、外交、影響力に悲惨な結果をもたらすだろう。WHOは世界的に比類ない影響力と正当性を持っている。米政権は、WHOのガバナンスとプログラムから米国を切り離すことは難しいだろう。汎米保健機構(PAHO)はWHO6つの地域事務所のひとつで、本部は米国ワシントンDCにある。WHO憲法は、WHOを「国際保健に関する指示・調整機関」として定め8、国際保健規則(IHR 2005)は、疫病への備えと対応の枠組みを定めたものである9

Various US institutions collaborate with WHO on vital work that would be harmed if the relationship is severed. There are 21 WHO collaborating centres at the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) and three at the National Institutes of Health, focused on US priorities, including polio eradication, cancer prevention, and global health security.10 The Secretariat of the 44 WHO Collaborating Centers for Nursing and Midwifery is based in the USA.
This autumn, seasonal influenza and COVID-19 will pose a double burden on health system capacities.11 The USA could be cut out of the global system to design annual influenza vaccines. The WHO Global Influenza Surveillance and Response System aggregates data from countries around the world to track and study circulating viruses.12 US agencies, pharmaceutical companies, and laboratories also rely on the WHO Pandemic Influenza Preparedness Framework to gain access to new influenza virus samples for research and development. Severing ties with WHO could impede US access to crucial tools for developing biological countermeasures to influenza.

米国の様々な機関がWHOと協力し、重要な業務を行っている。米国疾病予防管理センター(CDC)には21WHO協力センターが、国立衛生研究所には3つのWHO協力センターがあり、ポリオ撲滅、がん予防、グローバル・ヘルス・セキュリティなど、米国の優先課題に取り組んでいる10

この秋、季節性インフルエンザとCOVID-19は、医療システムの能力にとって二重の負担となる11WHOのグローバル・インフルエンザ・サーベイランス・アンド・レスポンス・システムは、世界各国からのデータを集約し、流通しているウイルスを追跡・研究している12。また、米国の機関、製薬会社、研究所は、研究開発のために新型インフルエンザ・ウイルスのサンプルを入手するために、WHOのパンデミック・インフルエンザ・プリペアドネス・フレームワークに依存している。WHOとの関係を断ち切れば、インフルエンザに対する生物学的対策を開発するための重要なツールへの米国のアクセスが妨げられる可能性がある。

A COVID-19 vaccine is urgently needed not only to safeguard public health but also to safely reopen society. WHO is conducting the Solidarity trial for COVID-19 treatments joined by more than 100 countries.13 WHO also leads the Access to COVID-19 Tools (ACT) Accelerator for COVID-19 diagnostics, therapeutics, and vaccines.14 If the USA does not participate in these WHO initiatives, Americans could have limited access to scarce vaccine supplies, and are likely to be barred from travel to foreign destinations.
Experienced US personnel are often seconded to WHO or embedded in outbreak response teams. US scientists gained access to Wuhan, China, as part of a WHO COVID-19 mission to China.15 US global health strategies to rapidly respond to international disease outbreaks will be compromised without membership of WHO. Beyond COVID-19, WHO is tracking and responding to dozens of infectious disease outbreaks around the world, including yellow fever in Togo, Middle East respiratory syndrome in Saudi Arabia, and dengue fever in Brazil.16, 17 On June 25, 2020, the Democratic Republic of the Congo (DRC) Government declared the end of the world's second longest outbreak of Ebola virus disease.18 WHO deployed staff to a Congolese warzone, even when the White House banned CDC personnel from involvement in this effort.19 The DRC Government reported a new unrelated outbreak of Ebola virus disease in June, 2020, in the country's northwest, and WHO surge teams have been deployed.20 WHO's crucial role in curtailing infectious diseases extends beyond outbreaks to diseases. In 1980, the World Health Assembly declared smallpox eradicated, WHO's historic achievement. Today, WHO's key work in HIV, tuberculosis, malaria, and maternal mortality makes US foreign assistance effective.

COVID-19ワクチンは、公衆衛生を守るだけでなく、社会を安全に再開するためにも緊急に必要とされている13WHOはまた、COVID-19診断薬、治療薬、ワクチンのためのACTAccess to COVID-19 Tools)アクセラレーターを主導している14

経験豊富な米国人職員がWHOに出向したり、感染症発生時の対応チームに組み込まれていることも多い。米国の科学者は、WHOCOVID-19ミッションの一員として、中国の武漢に行くことができた15COVID-19以外にも、WHOはトーゴの黄熱病、サウジアラビアの中東呼吸器症候群、ブラジルのデング熱など、世界中で数十の感染症発生を追跡し、対応している16, 172020625日、コンゴ民主共和国(DRC)政府は、世界で2番目に長く発生したエボラウイルス病の終息を宣言した18。コンゴ民主共和国政府は20206月、同国北西部でエボラウイルス感染症が新たに発生したことを報告し19WHOの緊急対策チームが派遣された20。感染症の抑制におけるWHOの重要な役割は、感染症の発生だけでなく、疾病にも及んでいる。1980年、世界保健総会は天然痘の根絶を宣言したが、これはWHOの歴史的偉業である。今日、HIV、結核、マラリア、妊産婦死亡率におけるWHOの重要な活動は、米国の対外援助を効果的なものにしている。

COVID-19 has revealed shortcomings in WHO's powers and funding, warranting substantial reforms. WHO has limited authority to ensure state compliance with the IHR, including constrained ability to independently verify official state reports. But after leaving WHO, the USA would be on the outside looking in, without global influence to promote crucial reforms. Stand-alone US programmes, moreover, could never substitute for a truly global agency. Absent treaty obligations, in a multipolar world, mean there are no guarantees that countries will cooperate with the USA.
Health and security in the USA and globally require robust collaboration with WHO—a cornerstone of US funding and policy since 1948. The USA cannot cut ties with WHO without incurring major disruption and damage, making Americans far less safe. That is the last thing the global community needs as the world faces a historic health emergency.

COVID-19は、WHOの権限と資金面での欠点を明らかにし、大幅な改革を正当化した。WHOは、国家がIHRを遵守していることを確認する権限が限られており、国家の公式報告を独自に検証する能力も限られている。しかし、WHOを脱退したアメリカは、重要な改革を推進するための世界的影響力を持たず、外野に立たされることになる。さらに、米国の単独プログラムは、真にグローバルな機関に取って代わることはできない。多極化した世界では、条約上の義務がないため、各国が米国に協力する保証はない。

米国と世界の健康と安全保障には、WHOとの強固な協力が必要である。WHO1948年以来、米国の資金援助と政策の要である。アメリカはWHOとの関係を断ち切ることはできず、大きな混乱と損害を被ることになる。それは、世界が歴史的な保健上の緊急事態に直面している今、国際社会が最も必要としていないことである。

References found at the following link:

US withdrawal from WHO is unlawful and threatens global and US health and security - The Lancet

Reply
BlueJay
Posts: 2029
(@bluejay)
Noble Member
Joined: 2 years ago

エボラなど扱うBSL4施設、移転の検討開始へ 厚労省:朝日新聞デジタル (asahi.com)

エボラなど扱うBSL4施設、移転の検討開始へ 厚労省

Ministry of Health, Labor and Welfare to begin considering relocation of 4 BSL facilities handling Ebola and other diseases.

野口憲太

 202085

 エボラ出血熱など危険度が高い感染症の病原体を扱うことができ、国内では唯一、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で稼働する「バイオセーフティーレベル(BSL)4」の施設について、厚生労働省は月内にも移転の検討をはじめる。住民らとの協議会で5日、報告した。

 BSL4施設は、感染症法で最も危険度が高く、所持や輸入が禁止される「1類感染症」のエボラ出血熱ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病、南米出血熱の病原体を扱うことができる。病原体を実際に扱うことで、早期の診断やワクチン、治療薬の開発につなげるねらいがある。長崎大学長崎市)の2017年の調査では、世界24カ国で59施設以上が稼働している。

 同庁舎の施設は2015年に指定を受けたが、1981年の建設から40年近くたち、老朽化が指摘されている。協議会で概要が示された、厚労省研究班がまとめた報告書は「今後長期の使用は物理的にも困難」と指摘。新たな施設の稼働までは少なくとも7年以上は必要で、計画・立案は「早急に開始される必要がある」とした。

 

The Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) will begin considering the relocation of the Biosafety Level (BSL) 4 facility, the only facility in Japan capable of handling highly dangerous infectious disease agents such as Ebola hemorrhagic fever, which is operating at the Murayama Building of the National Institute of Infectious Diseases (Musashimurayama City, Tokyo) within the month. The Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) will begin considering the relocation of the BSL4 facility by the end of the month.

 BSL4 facilities can handle pathogens of Ebola hemorrhagic fever, Lassa fever, Crimean-Congo hemorrhagic fever, Marburg disease, and South American hemorrhagic fevers, which are classified as "Class 1 infectious diseases" under the Infectious Diseases Control Law, the most dangerous of which possession or importation is prohibited. By actually handling the pathogens, the project aims to lead to early diagnosis and the development of vaccines and therapeutic drugs. According to a 2017 survey by Nagasaki University (Nagasaki, Japan), more than 59 facilities are in operation in 24 countries around the world.

 The facility at the government building was designated in 2015, but it has been nearly 40 years since it was built in 1981 and is noted to be aging. A report compiled by a MHLW study group, which was outlined at the council meeting, noted that "long-term use of the facility will be physically difficult in the future. At least seven years will be needed before the new facility is operational, and planning and formulation "needs to be started as soon as possible.

 

随分長くご検討されてますね。テロリストはここを狙えとおっしゃてるのでしょうかね?

 

【衝撃】オール沖縄が選挙戦術として”基地反対”を放棄、まさかの新しい争点は『給食費の無償化』に。 | 小坪しんやのHP|行橋市議会議員 (samurai20.jp)

 

2024.06.15

 

いままで小難しい顔をして「尖閣だ!」「国防だ!」と論じてきた私たちは何だったんだろう。
その端緒には、左派勢力・メディアの【基地反対活動】があったし、実は極左活動家は本土から渡り住んだ方々もいるというのはネットを使っている保守層はご存じかもしれない。

万が一の、台湾有事ともなれば米軍を含む共闘関係は沖縄県民の生命財産を守るという論陣を張っていた論客も散見されたし、その経済効果についての記述もあった。地元沖縄からすれば、そもそもは普天間における危険性の除去がスタートにあったはずだ。

しかし。
まさかの選挙表舞台から”基地反対活動”が突然の終焉を迎えた。沖縄の現地における、私なりの体感でもある。実際、裏付ける発言や証拠もある。これは反対活動そのものがなくなったという意味ではない。どういうことか、正確に記す。オール沖縄の選挙ツールとして、基地反対活動が消えつつあるのだ。いかめしい顔をして論戦を張ってきた私たちはいったい何だったんだろう。

理由は複数考えられるが、沖縄県知事が国との裁判に敗訴し続けたことにより、知事勢力としてはこれ以上の手続きもない。手足が出ない、活動継続が困難というのもあるだろう。あとは飽きられた、陳腐化したというのもあるやもしれない。また尖閣周辺やCHINAとの関係悪化が連日の報道で認識され、もはや「基地反対!」と言っても有権者に響かなくなったのかも。

自衛隊への反対活動に転換しようとした節もあるようだが、自衛隊は米軍の不発弾処理などで活躍を続け、県民からも信頼も厚い。自衛隊への攻撃を選挙ツールとすることには無理があったのだろう。

で、突然に出てきたテーマが給食費。
ふふふっと笑う方もいるかもしれない、しかしこれは深刻な状況であり、ぶっちゃけると「かなりの比率で、県民の心を打つ」可能性がある。保守層同士だけで語れば滑稽に映るかもしれないが、まったく笑えない。

尖閣が、給食費にすり替わった。これは保守論壇においても、現地に行って選挙に携わらねば分からぬ話であり緊急の情報になる。

 

Until now, we've always looked at the Senkakus with a difficult face and said, "The Senkakus!" National defense! What are we who have been discussing "the Senkakus" and "national defense!

The beginning of this movement was the "anti-base activities" of the leftist forces and media, and conservative people who use the Internet may know that some of the far-left activists are actually people who migrated from the mainland.

There were some who argued that in the unlikely event of an emergency in Taiwan, the U.S. military and other allies would protect the lives and property of Okinawans, and there were some descriptions of the economic benefits of such a relationship. From the local Okinawan point of view, the elimination of the danger at Futenma should have been the starting point.

However.

The "anti-base activities" came to an abrupt end from the election stage. This is my own experience on the ground in Okinawa. In fact, there are statements and evidence to support it. This does not mean that opposition activities themselves have ceased to exist. Let me explain exactly what I mean. The base opposition movement is disappearing as an electoral tool for All-Okinawa. What is it with us, who have been putting on a tough face and putting up an argument?

There are multiple reasons for this, but as the Okinawa governor continues to lose court cases against the national government, the gubernatorial forces have no more procedures to follow. Some may say that they are out of touch and that it is difficult for them to continue their activities. Another reason may be that they have become bored and obsolete. In addition, with the Senkaku Islands and the deterioration of relations with China recognized in daily news reports, it is no longer possible to say "No to the base! may no longer resonate with voters.

There are some who have tried to turn the campaign into a campaign against the SDF, but the SDF continues to play an active role in disposing of unexploded ordnance by the U.S. military, and the people of the prefecture have a high level of trust in them. It would have been unreasonable to use an attack on the SDF as an election tool.

And suddenly the theme that came up was school lunch expenses.

Some may chuckle, but this is a serious situation, and to put it bluntly, it has the potential to "strike a chord with a significant percentage of the prefectural residents. It may seem comical if discussed only among conservatives, but it is not funny at all.

The Senate has swapped the Senate for school lunch money. This is urgent information in the conservative discourse as well, as one would have to be there and involved in the election process to understand the story.

 

米軍が撤退すると丸腰で国防ですか?軍備をするのにもう少し時間が必要なのでは?

Reply
1 Reply
BlueJay
(@bluejay)
Joined: 2 years ago

Noble Member
Posts: 2029

田母神俊雄の講演会 プロモーションビデオ(ダイレクト出版) (youtube.com)

2024720()、元航空幕僚長田母神俊雄先生の講演会のご案内です。

先生の大好きな大吟醸のお土産を手に和服で講演会会場に足を運びたい思いでいっぱいですが米国内戦勃発前に引き上げの準備がありますので次の機会まで先生の今後のご活躍と皆さまからのご支援をお祈り申しあげます。

Reply
Page 373 / 384
Share: